[AION][GW2] NCsoft Kim Taek Hun氏インタビュー(4gamer)

NCsoft Kim Taek Hun氏インタビュー「The Tower of AION」の世界戦略や,“あの”タイトルについて現時点で聞けるだけ聞いてきた(The Tower of AION)
(4Gamer.net)

正直、AIONの内容よりも、GW2の事について wktk しながら記事を読んでいったのだが…

4Gamer:
 まだまだほかにもありますよね。例えば「Guild Wars 2」に関しては,2007年3月にタイトルが発表されてからほとんど音沙汰がなくて,やきもきしているのですが。


Kim氏:
 すみません,こちらについても,まだ詳細をお知らせできる段階ではないのです。
 現在話せる範囲だと,「Guild Wars 2」に関しても,ほかのNCsoftのタイトルと同様,日本市場を重視していますよ。前作「GuildWars」の頃は,欧米では成功を収めることができたものの,開発元のArenanetが日本市場を理解しきれていませんでした。現在,開発を行っているArenanetとやりとりしていて,そのあたりは大分改善されているように思えますね。

新規情報がねぇぇぇ。。。。。

自分自身、途中に年単位のブランクがあったわけだけれども GW はすごくいいゲームだと思うんだけれどねー。
GW2はそれよりもっと良いものになると期待して……るのだけれど、ここまで情報が何も出ないと不安だよ;;

[GW2] 「Guild Wars 2」は2010年以降?

NCsoft,注目作の今後の予定を発表 「Aion:The Tower of Eternity」は今夏予定,「Guild Wars 2」は2010年以降のサービス開始か?(Guild Wars 2)
(4Gamer.net)

「Guild Wars 2」:2010年~2011年
 対人戦に特化した,MOタイプのRPG「Guild Wars」の新作続編。大幅にグレードアップしたグラフィックスなどで,Guild Warsのファンはもとより,PvPが好きなオンラインゲーマーの注目を浴びている。
 今回,リリース時期が2010年以降に予定されていることが明らかとなり,βテストを含め,我々がプレイできるのは当分先となりそうな雰囲気だ。

1年以上前(?)にFAQが公開されてからとんと情報のなかったGuildwars2ではあるが、久々に名前が出たと思ったら2010~11年リリースだとか….。

今年は何か「(テスト)リリース時期が間近」とかの情報が出るのかなぁと期待していたのだけれど、一年以上先のリリースだなんて。

中途半端な完成度でリリースされるよりはマシとは思うけれど、昨今のオンラインゲームで1番期待しているタイトルなだけに残念。
早くビルドに悩みながらGvGをやりまくりたいよ…。



今度暇をみてGW1にログインしてみようかな。パッケ組なので追加課金とか必要とせずに入れるのだが、完全に浦島状態だからなぁ。
多分ギルドとか追放されてるかも;;

[GW2] 「Guild Wars 2」のFAQが公開,βテストは2009年か?

「Guild Wars 2」のFAQが公開,βテストは2009年か?
(4Gamer.net)

「Guild Wars 2」の発売時期は正式に発表されていないが,来年以降となりそうなことから,βテストもそれに合わせて2009年あたりになるのではないかという見方が多いようだ。

GuildWarsはC3手前から休止してしまっているけれど、決してつまらないゲームじゃないんだよね。
今となっては復帰できるタイミングを完全に逃してるんだけれどw

2が始まったらまたやってみたいね。

[GW] 拡張パックとGW2情報

NCsoft,オンラインRPG「Guild Wars」の拡張パック「Eye of the North」と,続編「Guild Wars 2」を発表
(4Gamer.net)

NCsoftとArenaNetは,オンラインRPG「Guild Wars」(邦題 ギルド ウォーズ)の拡張パック「Guild Wars: Eye of the North」と,続編の「Guild Wars 2」の開発を発表した。

今までの単体でも遊べるキャンペーンのような提供ではなく、C1~C3のどれかが必要になる「拡張パック」という形の提供になるらしい。

今回のストーリーは,“Shiverpeak Mountains”の北方で,不穏な動きがあるというところから始まる。既存エリアでいうならば,“ヤクの放牧地”近辺の雪原地帯をイメージしてもらうのがよいだろう。ここではデルモリア峠のドワーフとチャールが抗争を繰り広げているほか,新たな種族として,魔法に通じた“Asura”と力自慢の“Norn”の二つが登場する。
 そのほかの「Eye of the North」の主な拡張要素は以下の通りだ。

・150種類のスキル
・10種類のヒーロー
・40種類のアーマーセット
・ギルドホールに記念碑が建てられるようになる
・18種類のマルチレベルダンジョン

さすがにこれ以上のジョブの追加はムリと判断したのかジョブの追加は無いけれど150種類も更にスキルが追加されるのか・・。1ジョブあたり15種類追加される計算だね。
C3の時点で、もう把握しきれないくらいなのに;;
選択肢の幅を広げるって意味では既存のスキルを修正しまくるよりは新しいスキルの追加のほうが良いとは思うのだけど、どうしても出てくる「死にスキル」ってやつをもっと救済の方向に動いてもいいと思うなぁ。
ちょくちょく調整していってバランスがとれるってところがオンラインゲームの強みのはずなので。

とはいえ、ここ1ヶ月くらいGuildwarsどころかオンラインゲームをやってないんだけどね;;

この点(パッケージと月額課金の料金体系による提供方法)についてエヌ・シー・ジャパンに問い合わせてみたが,「国内正式発売を行うのかどうかを含め,現在はまだ調整中です」とのことだった。

ぇぇぇー。最悪日本では提供されないって事もありうる事じゃん・・・。
たしかに日本は繁盛してるとは言えない状況だけれどさぁ。。。

[>>ギルド ウォーズ – Guild Wars]