[PS4] Gravity Daze2 クリア

トレジャーばかりやっていて、さっぱり進んでなかったストーリーをえいやと進めて、ストーリークリア。

舞台となったヘキサヴェルの話、そしてキトゥンの話それぞれ完結です。

3月早々には期待タイトルのホライズンが出るので、2月内に一区切りつけてよかったー。

1に比べて収集要素が増えたり、トレジャー等のオンライン要素もあるので、プラチナトロフィー取るまでまだまだ遊べる要素はたくさんあるので、一区切りしたとはいえ、ちょくちょくプレイすることにはなりそうです。



3月21にもDLCが出るのでそちらも楽しみです。

[大型DLC、3月21日(火)無料配信決定! | GRAVITY DAZE Project | プレイステーション® オフィシャルサイト ]

[PS4] のんびりと Gravity Daze2

1/19に発売した Gravity Daze2 を毎日ちまちまとプレイしております。

前作はVITA黎明期のイチオシのタイトルでしたが(PS4版も後にリリースされました)、続編はPS4オンリーでパワーアップして帰ってきました。


軽快な重力操作と作りこまれたオープンワールドの街の様子。前作の良いところを伸ばした正統進化なタイトルです。

もちろんコミカルな


臭可愛いキトゥンも相変わらずです。

メインストーリーもそこそもボリューム….という話ではありまずが、実際のところ1/3くらいまでしか進んでない。

というのも非同期マルチプレイ要素となるトレジャーハンターが思いのほか楽しい。

どこか他のプレイヤーが撮った、アップル(宝箱)近辺の写真を頼りに、アップルを探すミッション。
時間制限はないのでじっくり探せるのだが、ついついトレジャーハンターで訪れた地域のプレシャスジェム集めに走ってしまうことも。

本作はマップのつくりが精密化してホントいろんなところにプレシャスジェムが落ちてるんだよね。
前作と比べるとかなりの数のプレシャスジェムは集まるが、反面パワーアップにも必要なジェムも増えてるので相対的にあんまり変わらないというw
それでもピロピロとジェム集めもなんとなく楽しい。

で、アップルを見つけたら、今度は自分がアップルの場所の近くの写真と撮る。と

フォトモードの写真も単なるスクリーンショットじゃなくて、エフェクトとかフォトモード時のみ置けるオブジェクトがあったりと、思いのほか凝ってる。

Twitterとかにもフォトモードでの画像が多々あるが、センスのある方が撮るとホントうまく撮るんだよねー。

そんなこんなでストーリーを進めないと、アチューンとかキャラクタのパワーアップができないのだが、トレジャーとかの通知がくると、ついついそっちを遊んじゃうんだよねw
長く遊べそうなタイトルです。

[PS4] Gravity Dazeクリア


GravityDaze2 が今月19日に発売。
一応VITA版はクリアしてたけれど、数年経ってるしPS4版も買ったはいいが序盤で放置してたので、復習も兼ねて2の発売前にクリアしておこうとプレイ。

[ PS4®専用ソフトウェア GRAVITY DAZE | プレイステーション® オフィシャルサイト ]

昨今のVITAタイトルはほとんどプレイしていませんが、未だにVITAを代表するタイトルの一つではないかと思います。
そのプレイフィールの良さはPS4になっても変わらず、むしろプレイしやすくなっています。

メインストーリー 全21エピソードクリア。
改めてみると思いっきり次に続いてる話だなぁ。2が出るまでにプレイしておいてよかった。

[WD2] WATCH_DOGS 2 クリア

メインストーリーをクリアしました。

ハッキングの舞台が宇宙ステーションや衛星になった時は笑いましたが、そのほかはサンフランシスコを舞台としたオープンワールドタイトルでした。

前作と比べると攻略がステルス寄りでハッキングやら、ラジコンやドローンを操作しての攻略がメインとなり、ドンパチでの攻略が難しくなっています。
前作はGTAばりにドンパチでなんとかなったのですが、今作では持てる武器が限られていたり、武器の攻撃力自体が抑えめだったりと、見つかって乱戦になると厳しくなります。
その反面スキルがそろったドローンやラジコンが反則ばりに便利訳ですが。

今はサブミッションもほぼクリアして、オンラインミッションと収集系が残っているくらい。

スキルを取得するのに必要なリサーチポイントはレベルアップや特定の箇所から取得できるのだが、すでにレベルカンストをしてしまい、リサーチポイントを得られるのはマップの各地に散らばっているリサーチポイントを集めるしかないのだが、どこにそのポイントがあるのか、近くに行かないとわからないのが辛い;;
他の収集系と合わせてぐるぐるマップを散策しているのだが・・・スキルツリー全開放まであと30ポイントくらいあるのにさっぱりみつからん。

積極的にマルチプレイはしてないですが、あれこれ散策してるとハッキングされるのは前作同様で、さらにマルチプレイのイベントが始まったりするので気が向けば参加してる感じです。



総評として若干操作に難しい部分がありつつも、オープンワールドゲームとしてできること、やり込み要素が多く、散策ゲーとしても街の作り込みがしっかりしているので楽しいタイトルです。

[PS4] バトルガレッガ Rev.2016


伝説的シューティングゲーム『バトルガレッガ』 がPS4にて発売されました。

オリジナルのアーケードモードの完全再現のほかにSuperEasyモードやPremiumモード等の追加、そしてM2ガジェットなど様々な要素を加え、まさに完全版として登場です。

バトルガレッガは単純にクリアが難しいだけでなく、「点数を稼ぐ」というシューティングゲームの一要素をゲームデザインに落とし込み、点数を稼いでエクステンドさせ、自爆という行為も攻略手段の一つとして確立しており、うまいプレイヤーの点を稼ぐプレイはホント惚れ惚れする、魅力あるタイトルです。

自分もゲームセンターで稼働してた当時、多少プレイはしていたのですが、4面5面がやっとでした。攻略方法もよくわからなかったしね・・・。
それが十数年・・・いや20年?経った今、思う存分プレイできるわけですよ。
スーパープレイヤーのプレイ動画は多少昔からYoutubeにあがってるので、それらを見て、あれこれ試行錯誤してプレイするも楽しいもんです。

プレイしてみるとわかるその難しさ・・・ブラックハートのワインダー、なんであれがちょいちょと躱せるんだよ。スーパープレイヤーのすごさが改めて良くわかります。



で、シューティングゲームのトロフィーってハードルの高いタイトルが結構多いです。とんでもないスーパープレイを求められたり、ノーミスクリアしろだのと…。
それに比べればこのバトルガレッガのトロフィーは良心的でプレイし続ければ自然とプラチナトロフィーが取れるタイトルです。

が、そのプラチナトロフィー取得時に罠があって、先日のアップデートで修正されましたが

プラチナトロフィー取得時にクラッシュするというバグ。まんまと自分もかかりまして、トロフィー取得時の自動スクリーンショットは

バトルガレッガ Rev.2016_20161224191321


こんなものに….。

何はともあれ、とりあえずの目標としてはスーパーイージーを1クレジットクリアすることですな。

[バトルガレッガ Rev.2016 / M2 Shot Triggers ]

[WD2] WATCH_DOGS 2 インプレッション

WATCH_DOGS® 2_20161201004951

12月もそろそろ中盤、今月初めに発売したウォッチドッグス2を中心にプレイしている今日この頃です。

[ Watch Dogs 2 – ウォッチドッグス2 | Ubisoft ]

直近でThe Crewの追加パッケージや、大鷲トリコも発売し、すでに購入済みではあるけれど、それらをほっぽってウォッチドッグス2をプレイしております。

前作のウォッチドックス1から舞台がシカゴからサンフランシスコへ変わり、雰囲気も比較的明るくなって、登場キャラクターも陽気なデッドセックのメンバーなのでストーリー的にもアレやっちまおうぜ!と学生のウェーイな感じ。

一応、WD1から数年後の話で、WD1の主人公だったエイデンおじさんもサブミッションでちょろっと出てきます。

WATCH_DOGS® 2_20161204212237


WATCH_DOGS® 2_20161208235413

通常のミッションもさることながら、収集系についても、ドローンで経路を調べてみたりとかラジコンカーでしか行けない場所が結構あったりとか、オープンワールドとして舞台の作り込みはすごいです。
特定のロケーションで写真を撮るとフォローワー(経験値みたいなもの)増えたりするコンテンツも作り込んだ舞台があってこそだよなーと。

WATCH_DOGS® 2_20161202203039


あと何気にファッションの幅が広いのもウォッチドッグス2の特徴かな。
比較的フォーマルなものからバイカーとかカジュアル系とか、どんなチョイスだよと思うキワものまでいろいろあって、組み合わせも自由なのでホント幅広くカスタマイズできます。

サブクエストも消化しつつ、メインミッションも進めてて、話としてはもう終盤かなーと思える箇所。
メインミッションが終わっても散策がまだまだ楽しめるので、長くプレイできそうです。



WD1よりいろいろ進化しているWD2ですが、前作より不便してるなーと思う部分が、前作では応援を呼べなくするスキルがあったが、今回はそれが無いこと。
一定範囲の通信妨害をするスキルはあるのだが、後手になるし、そのスキルをセットしてないと妨害スキルと使おうとしている間に応援を呼ばれてしまったり・・。
警察や他のグループと混じって乱戦になることも多々あったりして戦闘関係は前作より難しくなってる感じです。