GuildWars

PvP用キャラもぼちぼち考えてはいるのだけど攻撃的サポートや敵への嫌がらせに関してはメスマースキルは優秀だよねぇ。
でもメスマーのスキルは全然アンロックしてないので、新たにR/Meキャラを作成。
Me/Rにしようかとも迷ったのだけど弓も使ってみたかったのでプライマリはレンジャーで。

崩壊前で最低限しなきゃならないのはスキルクエストとウェストポーチの獲得。
さくっと獲得して、あまり面倒じゃないクエストをぽつぽつこなして崩壊後へ。

にしても序盤だとメスマーのカンジャーファンダズムは強力だねぇ。
あまり特性ポイントをふっていないので有効時間は4,5秒だけどモリモリ相手の体力が減っていく。
崩壊前最後のPvPも時間が早朝だったのでこちらが傭兵3、相手がアメリカだったのかな・・・英語で会話してたPC4だったけどカンジャー当てて弓ぺちぺち撃ってるだけで9:0で圧勝。
まぁ相手がまとまって各個撃破ではなくバラバラ攻撃してただけというのもあるんだけどね。

まずは・・・防具揃えたいからメインキャラでファーミングしないとね;;

GuildWars

GuildWars

RPGも終盤にさしかかってきたし、PvPを楽しむ為にもギルドに所属したいなぁと前から思っていた。
ギルド募集BBSなんかもあるのだけど、ギルド数は多いが主旨がはっきりしないギルドが多くて決めかねていたんだよね。

「RPGメインですがPvPはそのうち~」:RGPだけで消えそうな可能性大。
「現在は一人~」:増やせるアテがあるのかどうか微妙。
「初心者~」:すべてではないが初心者を何かの免罪符と勘違いしてる所もなきにしもあらずなので良い感じはしない。

等など。。。まぁ主観でふるいにかけて有る程度絞りこんだのだけれどここから先は実際に中に入ってみないと分からない。

という訳でアレコレ悩んだ結果「Guild MIKAN」さんへお邪魔することに。
gw20060206a.jpg
このギルドは英語版からあるギルドで、ギルドチャットにはローマ字でも活発に会話が交わされてました。
日本語だけに慣れていたのでローマ字の読解にはタイムラグが・・・。慣れればすらすら読めそうですが、こちらは日本語なので不思議な感じでした。

火山のミッションで足踏みしている事を話してたらギルドメンバーのNieceさんとDooomさんが早速ミッション攻略に誘ってくれました。
gw20060206b.jpg gw20060206c.jpg
お二方は英語版のようでInterServerへ繋いで合流。
チャット自体はローマ字なのだけど、そのほかの表示はきちんと日本語で表示される事にちょっと感動。
傭兵の扱い方も手慣れてて、傭兵と一緒に後に付いていくような感じであれよあれよと攻略、ミッションクリアできました。
操作に手一杯でチャットをする余裕が無かったですが、お二方には感謝感謝です。

GuildWars

GuildWars

ここからPT枠も8人に増えて敵の数も増強。。。

この地方で3つあるミッションは最後のサンダーヘッド砦以外は傭兵PTでも完遂。
・・・さすがにボーナスは無理だったけどね;;
gw20060205c.jpg gw20060205d.jpg
gw20060205e.jpg gw20060205f.jpg

サンダーヘッド砦のミッションは両面から攻撃を受けるのでPCに前習えの傭兵じゃ対応しきれないので募集PTにて。
再挑戦の方も複数いて、投石機の操作などなど巧くいってドワーフ王が一度も攻撃されることなくクリア。

そして舞台は最終地火山へ。
gw20060205g.jpg
フィールドの敵が冗談抜きでツエー。
街を出て数十秒でこのありさまですよ;;

ここのミッションがクリアできるのかどうか不安・・・。

GuildWars

GuildWars

装備をあれこれ新調したら、お金がすっからかん。。。
エリートスキルを揃える為にキャプシグ代もそろそろ1Pになりそうだから、金稼ぎの手段を確保しないと。

・・・という事で某所を参考にクリタゲートでファーミング。
gw20060205a.jpg gw20060205b.jpg
死なないように立ち回るのにちょっとしたコツと慣れが必要だけど、面白いように数字が飛び交うね。
一回の収入はドロップ品にもよるけど800g前後。高く売れる装備とか出ると1P越えもままあったり。

ただ動き自体は単調で飽きやすいので一気に持ち金を増やそうとするよりは、ちょっと時間が空いたときにちまちまやる感じでいいかな。

GuildWars

GuildWars

超越ミッションが終わったら、なぜか知らないがドラゴンの住処へ飛ばされる。
gw20060204g.jpg gw20060204h.jpg

全部で6ステージに区切られて各ステージの最後には各職業のスキルを使うドラゴンがいるのでそれらを撃破。
ミッション内容自体は難しくなかったのだが、ステージ毎に特色があって面白かった。
徐々にHPが減っていくステージやら、移動速度が遅くなるステージなど。一番嫌だったのが一定時間毎にノックダウンする(?)ステージ。
ノックダウン中の数秒間は何も出来ずに一方的に殴られてるだけなのでスキルを使おうとした矢先とかにノックダウンすると「うきー」となる。

gw20060204i.jpg gw20060204j.jpg

また各ドラゴンは各職業のエリートスキルを持ってるので、出来ればメイン用とサブ用の2つのキャプシグをセット出来れば一回で済むのだけど、スキル枠が実質6つなるので無難にミッションを二回こなせばいいかもね。傭兵のみでもクリアできるミッションだしね。

GuildWars

GuildWars

「熱砂の渓谷」クエストは一度全滅したけれど、再挑戦で敵を倒し始めるタイミングを調整したりしてなんとかクリア。

そして超越クエストの最終章。自分の分身と対決。
gw20060204a.jpg gw20060204b.jpg
gw20060204c.jpg gw20060204d.jpg
gw20060204e.jpg gw20060204f.jpg
自分のコピーとの対決はこれといった決定的な手段がないからなんとなく不毛な戦いに・・・。

相手もセットしてあるスキルを使うらしいので使用するのにHPを犠牲にするスキルのみをセッティングしてあとはひたすら殴る。
半ば運のようで一度相打ちになったけれど先には進めず;;
5,6回ほど戦った末に残りHP20前後でギリギリ勝利。

舞台はまた南シヴァーピークの雪山へ。

GuildWars