MonsterHunterWorld

ナナ・テスカトリで一番厄介なのは、炎系のスリップダメージ。
熱ダメージ無効のスキルが付く心頭滅却の護石をつかった装備も作ってみたのだけれど、すべての炎ダメージを無効にできるわけでもなく、結局のところ「耐熱の装衣」が一番有効なので、装衣のリチャージ時間を短くする「整備」スキルを中心にあれこれ組み込んだビルド。

ナナ装備を4か所利用しているので、シリーズスキルの「スタミナ上限突破」と「心眼」も発動しています。

斬属性武器でのナナの弱点は翼ですが….まぁ当たらない。
ダウンした時にようやくって感じなので、定番の弱点特効は切って他の火力系のスキルを盛っています。
フルチャージと逆恨みは発動シチュエーションは真逆ですが、結構炎のスリップダメージで体力ゲージに赤い部分があることが結構あるのでそれなりに発動してくれます。

心眼付きなので攻撃が弾かれることなく、突けるところをツンツン突きます。ナナは動き回るモンスターなので、定点でつんつんできることはほとんどないので;;

あとは適宜、耐熱の装衣を着てればナナは倒せると思います。



…正直ナナは剣士とガンナーとで難易度が全然違うので、ガンナー(弓 or ライトボウガン)で行く事をオススメします。

PS4 Games

短い時間ながらも、クルー2のベータテスト版をプレイしました。

雑感をつらつらと。

陸・海・空

クルー2の一番の目玉となるのは、車、ボート、飛行機を瞬時に乗り換えができること。
とあるウェイポイントに向かうのに飛行機で一直線に行って、近くに来たら車に切り替えなんてこともさくっとできます。
やはり車での運転が一番楽しいので、陸がメインとなりますが。

グラフィック向上したが・・・

クルー1もワイルドランでグラフィック向上しましたが、その時よりもさらにブラッシュアップした感じに全体的に向上してるように思います。
・・・が、背景というかマップオブジェクトがCGチックで浮いているように感じました。

WatchDogs2チックな部分も?

フォロワーを集めてレベルアップとか、特定の場所で撮影をするフォトミッションとかWD2でやったなーと思い出しました。
WD2も面白いタイトルでしたのでまた再プレイしたいところです。

ストーリー性は皆無?

クルー1では復讐劇というストーリーはあったけれど、クルー2では追いかけるようなストーリーがあるのかないのか・・ベータ版だから自由になんでもできるよって感じなのかもしれませんが、本編でもそんなにガッツリとしたストーリーはないかも。
それぞれのコミュニティのストーリーはあるかもしれませんが。

MonsterHunterWorld


第3弾アップデートで追加された、ナナと戦うために、ソードマスターからの特別任務クエストをいくつかこなす必要があります。

その一つの大蟻塚でのテオが、どうやら最大金冠のようです。
その時の大きさがこのくらい。

ちなみにこれまで金冠が取れなかった銀冠レベルの大きさ。

…うむ。違いはよくわからん…。



でもまぁ、おかげで残りがテオのみだった最大金冠もとれて

トロフィーもコンプです。

MHWのトロフィーコンプは区切りというか、通過点な感じです。
これからはトロフィー収集の枷からも解放されて、好きなモンスターを好きなように狩りに行けます。まだまだプレイしていきます。
まだ、ナナとも戦っていないので、やばいという噂の強さを垣間見るのはこれからです。

MonsterHunterWorld

雷弓が出ねぇぇぇぇ とマムタロトを周回している間にカプコン公式生放送で第3弾アップデートの内容が発表されたみたいです。

5月31日て、発表翌日って、はぇぇよ。

ナナが素材となる武器にはスキルが付いていたり、歴戦個体の上位版「歴戦王」が登場し、新たな防具のガンマシリーズが出たりと、既存コンテンツのアッパーバージョンMHW1.5的なものが実装される様子。

上位互換なものを出し続けると結局それだけになって、既存の装備がゴミと化すのは他のネットゲームでよく見かけるパターンなので、そうならないことを願うのみ。

とはいえ、最初から上位下位で装備も分かれてるし、既存装備の修正はせずに、新たなもの出すというのはマムタロトの発掘武器でわかっているので、既存の武器は過去のものになるパターンなのかな。やっぱり。
武器も見た目変更ができると、また違ってくるんだろうけれどね。



今夜(木曜夜)は今回のマムタロト配信の実質最終日なので、まだ出ていない当たり武器を目指して周回する予定が、マムをやる人少なくなっちゃうのが心配。

PS4 Games

狭き門かもなーと思っていた The Crew 2 のクローズドベータですが、無事当選しました。
5月31日 〜 6月4日 までの開催です。


クローズドベータは NDA(秘密保持契約)があることが多いですが、シェア機能の制限が無いようなので配信もOKぽいです。

また、UBIsoft Club会員フレンドの最大3人に招待できるようですが….ボッチなので関係ないですね;;



31日はMHWのマムタロトの実質最終日なので、MHWのほうを優先してプレイしますが、6/1からはがっつりとCrew2のほうをプレイしたいと思います。

MonsterHunterWorld

対マムタロト用に組んだ、徹甲榴弾を撃ちまくって、スタンを取りに行くスタイルのヘヴィボウガンビルド。


使うヘヴィボウガンはゾラ武器のマグダ・ゲミトゥスII。

徹甲榴弾を撃つだけなら、イビル武器のアンフィニグラのほうが攻撃力が高くてよいのだが、ゲミトゥスのほうが麻痺弾とか睡眠弾が撃てるので、エリア4で睡眠爆破とかもできるので採用しています。




防具の構成は前述のライトボウガン装備と同じで、装飾品の組み合わせを変えています。

おおよそ、3回~4回ほどスタンは取れます。
スタンを取った後はほかのキャラがいない、長い胴に拡散弾を撃ったりしてます。



正直ライトボウガンでプレイしていたときよりクリア時間が短くなっているとか、運用が楽とか、そういった実感が全くないので(自分のヘヴィボウガンでの立ち回りが下手なだけですが)、数回プレイして、また、ライトボウガンに戻っています;;