[MHW] ランス装備 対マムタロト (火耐性 破壊王 体力増強 ガード強化)

金ぴかモンスターのマム・タロト対抗するならば・・・・こちらも金ぴかだ!

ということでガンキン装備を使った火耐性高めの装備。

対マムタロトでのガンキンは見た目だけでなく、火耐性も高いし、ガード性能・強化も付くし、追跡ポイントがたまる部位破壊のため破壊王も付くので、うってつけだったり。まあ、見た目の好みは分かれますがw

[MHW] 第2弾アップデート 「マムタロト」


4月19日に第2弾アップデートが実施され、新モンスターの「マム・タロト」、新マップ、その他もろもろが実装です。

一番の目玉はやはり新モンスターの「マムタロト」。
クエストも特殊で集会所からしか受けられない、特別調査です。この特別調査はアンロックが必要で、古代樹の森のエリア1で痕跡を収集後、大団長と話すことでアンロックされます。
(ほかのマップにも痕跡があったりするのかな?)


マムタロトの特別調査の概要は、マムタロトの痕跡集め、部位破壊で追跡レベルを上げていき、最終的には角を破壊することです。
追跡レベルは集会所ごとに共有され、クエストに行っているパーティー全員で追跡レベルは共有します。
追跡レベルを上げると何があるかというと、マムタロトが逃げるまでの時間が延び、部位破壊がしやすくなります。
恩恵が大きいのは時間延長かな。最大Lv6ですが、Lv4あれば二人でもなんとか角破壊まで行けます。

クエストの概要は4つのエリアを段階的に進めていくものです。恐らくある一定以上のダメージを与えると次のエリアに移動します。
エリア1は痕跡を集めつつ、大砲や落石でダメージを与える。
エリア2はふつーに直接対決。
エリア3は溶岩地帯での対決。
エリア4は黄金が落ちたマムタロト本体との対決。
といった流れ。



対マムタロトについては、動く距離が多いということなので、ランスじゃちょっときついかもと思い、大剣で行ってみたのですが溶岩(?)の吐き出し攻撃が結構ダメージが大きくて、大剣のためモーションに入ってしまうと即座に逃げることもできずに、そのまま焼死というのが何度か…。
改めてランスを担ぎましたが、やはり安定のランス。溶岩もガード可能です。がりがりスタミナが削られ、きわどいところもあるし、最終形態の溶岩は多分ガード強化が必要なのかも…。
やはり自分の相棒はランスですな。



クリア後の報酬は集会所の受付嬢から。クエスト自体の報酬はしょぼいのでこの特別調査報酬がメインとなります。

また、マムタロトの素材は、最後の破壊した角からのみでなく、途中で拾える落とし物や角の黄金を破壊したときの塊がから採取するのが主な入手先な感じです。

マムタロト装備でつかう素材の量が結構多いので、しっかり落とし物を拾っていかないと、そろえるのは大変そうです。

また、角をはぎ取った時や報酬でもらえる武器はランダムです。

数値等も完全ランダム…ではなく、名前によってパターンが決まっていて、そのいくつかあるパターンの中から出るようです。
とはいえ、なかなか狙ったものを出すのは難しいので、良いステータスが出たらラッキーくらいの気持ちがいいと思います。

武器種もランダムなので、普段使ってない武器も出るので、そこそこいいものが出ると使ったことのない武器を使ういい機会になると思います。
自分もランス以外の弓や大剣を使うようになったのはイベントで作成したことも大きかったですからね。

それと、特別調査報酬で重ね着装備を作るのに必要なチケットが出ます。

重ね着装備は一式ではなく、それぞれの部位ごとで、【寂】のほうが1部位3枚、【誉】のほうが1部位4枚必要になります。
また、オトモ装備にも計4枚使うので、総計が 3×5 + 4×5 + 4 = 39枚。
1回の報酬で出るチケットが2枚~6枚なので、そこそこ特別調査をクリアしないといけないですね;;

[MHW] 無料アップデート 第2弾発表

17日の未明にいきなり発表されました。
なによりも驚いたのが実装日が4月19日。 明日じゃん!アステラ祭りの最後に大きな花火を打ち上げてきましたよ。

[CAPCOM:モンスターハンター:ワールド 公式サイト ]

新モンスターに新マップに、各種変更内容。
特に

・「調査クエストの管理」画面に調査クエストのソート機能を追加しました。
・ファストトラベル時と力尽きてキャンプに戻った際は、導虫の誘導が発動してもカメラを強制しないようにしました。
・植生研究所で「ツタの葉」を増やせるようにしました。

このあたりは改善すればいいなぁ。と常に思っていた箇所なので嬉しい限り。
ツタの葉に関しては、ツタの葉収集ルートの記事を書いていたのですが、お蔵入りになりそうです;;

そのほか大きく影響しそうなのは

・歴戦の個体のモンスターに対して、閃光弾を複数回使用し効果時間が徐々に低下した結果、最終的に閃光ダメージが無効になるように仕様変更しました。
・歴戦の個体の閃光弾に対する耐性アップに伴い難易度が上昇するため、歴戦の個体の調査クエストの特別報酬の排出内容を上方修正しました。
危険度1特別報酬枠から、「風化した珠」が排出されるようになりました。
危険度2特別報酬枠から、「輝く龍脈石」が排出されるようになりました。
危険度3特別報酬枠から、「輝く龍脈石」が以前より排出され易くなりました。

このあたり。
どれくらいで閃光弾が無効になるのか不明ですが、今までの散々マップ移動時に落とされるテオを見てると、さもありなんという感じですが。

危険度1の歴戦クエストで風化した珠が出るようになることで、レア7,8の珠が出る可能性が生まれたことで危険度1の歴戦クエも需要がでてきそうですね。

第2弾アップデートについて今夜のカプコンTVでも何かありそうなので、忘れないようにしないと。

[MHW] ランス装備 対イビルジョー (根性 加護 耳栓 匠 他)

歴戦イビルジョーも大分慣れてきて、汎用装備でも乙ることは少なくなってきたけれど、やはり専用装備のほうが安定するよね。ってことで。



まずマルチで一番大事なのは死なないこと。

通常あまり使わないけれど、対イビルジョー戦で活きてくるのが、バゼルシリーズスキルの「根性」。
一定値以上のダメージを一度に受けると、一度だけ生き残るスキル。この一定値というのが大体HP40~50の値。
通常のモンスターではこんなにガッツリ減らされることはあまり無いのだけれど、歴戦イビルではよくあることなので、「ギリで生き延びたー」ってことがちらほらあります。

ほかには、1/4の確率で喰らったときのダメージを軽減する「精霊の加護」。
意図せずにLv1が付くことがたまにありますが、精霊の加護って思いのほか発動するのよね。着けていると「喰らった!やべ!….あれ?思いのほか減ってない」ことが結構あるので、ダメージが大きいイビルジョーに対して、ダメージが15%減、30%減、50%減は結構大きい。
加護珠が2つしかなかったのでLv2止まりですが、加護珠が3つそろえば、体力増量を1つ減らして、精霊の加護をLv3にする予定です。

反面、慣れてきたので削っているスキルがガード性能とガード強化。
イビルジョーの怒り時のタックルはガード性能Lv5無いと結構削られたり、大きくのけ反ったりするけれど、そういう重い一撃の事前モーションが分かってくるとパワーガード等で対応できるのでLv3に落としても支障なかったです。

ガード強化は無いと、のしかかり攻撃の時に捕食され、そこから無いも対応しないと即死コースではあります。が、捕食され後の閃光弾はイビル戦ではほぼ常識と化してきているのでよほどヘマをしない限りいいかな。ということで外してます。

アストロシスタワーは匠Lv1から白ゲージが出てくるので、極力匠を上げて匠をLv3。
そこそこ白ゲージがありますが、やはりマイナス会心が大きいのか、なかなか会心が出ないのが悩みどころ。
カスタム強化したいが、槍の龍脈石がさっぱりでないのじゃよ。

そんな感じでほぼ出来上がった、対歴戦イビルジョー用ランス装備でした。

[MHW] てぺきてぺき


ようやく2個目の鉄壁珠が出ました!
鉄壁!鉄壁!てぺき!てぺき!

【ニコニコ動画】ソースネクスト"鉄壁"CM

この「てぺき!てぺき!」フレーズが記憶に残っているのね。。。



ガード性能はLv5まであるスキルですが、通常はLv3で十分ですし、珠だけでガード性能を上げることはないので、2つもあれば十分。

というかランス装備は、ほぼ作ってしまった感があるので鉄壁珠を使う機会がなかった..。

[MHW] 大剣装備 デザイン大剣汎用 (耳栓 抜刀 集中 匠 弱点特効 無属性強化)

大剣でプレイしていると、DPSとしては溜め切りには劣るとはいえ、抜刀ころりんの従来スタイルを使うこともよくあって、デザイン大剣を使っていると抜刀一発目に会心が出にくいのが気になって、抜刀スキルも多少盛り込んだ装備構成を考えました。

武器スロットも使ってますが、武器スロには体力珠しか入れていないので、体力増強がいらない場合は、竜熱機関式以外でも利用は可能です。
・・・というか、無属性大剣は竜熱機関式で無問題だよな。

これで、抜刀切りはもちろん、真溜めまでの時間がない時に通常の溜め切りを溜めて撃つ際も会心が出やすくなった….ような気がする。