モンハンワールドに関すること

MonsterHunterWorld

メディア先行体験会にてをVジャンプさんがスキルの変更点に関する動画を公開してました。

あくまで開発中のものでリリース時には変更になるかもしれませんが、おおむねの方向性はわかると思います。

・無撃弱体化
無撃に関しては単純に属性武器に比べて強すぎた。
後半歴戦王とか出た際に属性会心着きの武器等も出たけれど、結局無撃の牙城は崩せなかったので、今回調整って感じかな。

・会心系スキル調整
弱点特効や渾身なんかは会心を維持しにくい方向へ調整はされているが、達人は+5%ずつのアップで強化されている様子。
属性会心や達人芸等、会心系のスキルのキモとなる部分なので、どう調整されているのやら。

・属性LvUP
恐らく属性値の上限がアップ、もしくは属性値上昇の計算式が変わるのか・・。

・通常弾強化等もLv2の存在
通常弾強化はまだしも、貫通強化とか、散弾強化とかほとんど誤差みたいなもんだったからなー。
Lv2まであるとしてもLv3スロ2つつけるほどの強化になるのかどうか。

・Lv4装飾品
一つでスキルレベル2つ分になったり、複数のスキルが付いているものもあるとかなんとか。

スキルの組み合わせ云々でいうとP3での炭鉱夫となってお守り掘りが思い出されるが、そんな感じにならないといいなぁ。

その他装備関連は
・重ね着が工場で作れるように
・重ね着の状態がマイリストに保存されるように
・重ね着と通常防具とで染色情報が別々に保存されるように
まぁ、どれも最初から考慮しておいて・・てレベルの話ではあるけれど、良くなった部分。ってことで。

・転身の効果時間に仕様変更
120秒効果時間はあるが、転身が発動するごとに効果時間が減る仕様に。
これにより、転身の有効時間を長く持たせたいときは、被弾しない立ち回りが必要になってくるし、何も考えずに突っ込むとあっという間に効果時間は無くなってしまう事になるという、なかなか面白い調整かと思う。

装衣にはスキルスロットも着くようになるらしいし、これまで日の目を見なかった装衣も使えるようになるといいなー。

MonsterHunterWorld

アステラ祭

5週にわたって、アステラ祭が開催中。

正直取り残りしてるのは、マム武器くらいなので別段これと言ってやることは無いのだけれど、アイスボーンに向けてのリハビリも兼ねてデイリーバウンティをちょこちょこ消化しております。

MonsterHunterWorld

対 歴戦王ネルギガンテのガンランス装備。

基本コンセプトはランスの時同様、耳栓、心眼で隙のできるタイミングを減らし、ガード性能Lv5でガード削りダメージを抑えつつ、さらに精霊の加護で被ダメージを抑える。
といった感じ。

武器は金色の銃槍・爆燐で、回復カスタムx3。
大抵の被ダメージは、チクボンチクボンしているうちに回復していくステキ仕様。
かといって、連続してダメージを受けると即乙なので、立ち回りには注意です。

攻撃による回復量が多いので、ランスよりは安定するかな。とは思います。

MonsterHunterWorld

MHWでは最後の追加モンスターとなる歴戦王ネルギガンテ用ランス装備。

一発がイタイ攻撃が多いことで、極力被弾を避けるために、頻度が多い咆哮対策に耳栓を。そして弾かれ状態で攻撃されるのを防ぐのに心眼を。
あとはガード性能を5まで上げて、精霊の加護も積んだ装備です。

ネルギガンテは雷属性が弱点なので、皇金の槍・雷を。
なにげに、ハードルが高いと思うのは、鉄壁珠x5個。なかなかヘビー。

MonsterHunterWorld


アイスボーンのスペシャルプログラムの後半で、しれっと歴戦王ネルギガンテ配信のお知らせがありました。

5月11日 9時より配信ということで、めずらしく土曜日から配信が開始されます。

[イベントクエスト | モンスターハンター:ワールド:CAPCOM ]

どのような調整が入っているのか・・・・。

ちょうど休みですし、ガッツリプレイしようかと思います。


5/11追加。

早速挑んでみました。
予想以上の攻撃力と、追加モーションがなかなかいやらしくて、あっさりクリアさせて貰えません。

追加モーションのグルンと一回転する攻撃が尻尾の判定が後まで残る上、攻撃力がバカ高い。
ショートジャンプしての突っ込みも追加モーションかな? 頻度が高いし、時にはガードがめくられることもあるのでやっかい。
棘の破壊もしにくく、弾かれる真っ黒の棘になりやすく、必殺の滅龍なんとかという飛び込み攻撃も必然的に多くなってきます。

そして例のごとくHPがめちゃめちゃ多い。
ソロでもマルチでも15分~20分コースは確実にかかる感じですね。それ以前になかなかクリアが安定しないのですが;;

MonsterHunterWorld

5/10 朝に大型追加コンテンツ 「ICE BORNE」のスペシャルプログラムが公開されました。

簡単な概要とステージ紹介、追加モンスターや追加アクションの説明等、全容の一部とはいえ30分にいろいろ情報が詰め込まれていました。

まず、発売は 2019年 9月 6日。
9月はボダラン3も出るんだよな・・・と思いつつ、モンハンのほうをプレイするかと思います。

ステージは「アイスボーン」と名の通り、雪深いステージで雪をかき分けていく描写等ワールドならではの映像が多々ありました。
もちろん、ホットドリンクも復活するようで、ステージ各所に生えているトウガラシ(?)から作れるようです。

新モンスターは突進系のバフバロと、雪の中を動き回るブラントドスが追加。
そして歴代のモンスターからは予想通りナルガクルガが登場。ワールドになってどんな味付けになるのか楽しみですね。
看板モンスターとしては古龍のイヴェルカーナ。どんなモンスターかは未知数です。

新アクションとして抜刀状態からもスリンガーが撃てるようになるとのこと。
片手剣のメリットの一つが無くなってしまいました・・・。特に片手剣ついて言及はしていませんでしたが、片手には他の武器種にはないプラスアルファの部分があると期待します。

スリンガー関係の変更はこれまでにとどまらず、クラッチクローという敵に張り付くアクションも追加されています。
装填してるスリンガー全段を撃ってぶっ飛ばしアクションとか、ほかにも武器種によって新しい連携アクションがあるとのこと。

情報としては、まだまだ触りの部分ですので、今後発売までの追加情報が楽しみですね。

[CAPCOM:モンスターハンターワールド:アイスボーン 公式サイト ]