[Dia3] シーズン11 スタート


ネクロマンサー追加アップデート後の最初のシーズンが開始です。

使うキャラはもちろん…

ネクロマンサーで!

前回のシーズンは途中で息切れしちゃって、期間半ばでプレイを辞めちゃってたので、あまりガツガツせずにストーリーモードあたりからまったりプレイしていく予定です。

ストーリーの途中でまどろっこしくなって、アドベンチャーモードを始める可能性は高いですがw

[GW2] Living World シーズン3 エピソード6 配信決定


Living World シーズン3 のエピソード6の配信日が発表されました。
[ Living World Season 3 Finale Arrives July 25 | GuildWars2.com ]

現地時間の7月25日。
エピソード[ One Path Ends ]はシーズンのグランドフィナーレとなるらしいです。

Episode 6 of Living World Season 3 arrives on July 25. Don’t miss the season’s grand finale!

トレイラーも公開されました。

多分シーズン3はエピソード4の途中で放置してるからなぁ。
時間つくってやらないと。

[GW2] Dynamics Exo-Suit Outfit


最近のGW2のプレイはデイリーアチーブだけやって、ちゃっちゃと別のゲーム(イース8)をプレイしてしまう昨今。

先日のGemStoreで販売が開始されたDynamics Exo-Suit OutfitはなんともSFちっくな様相で、別タイトルのDestinyとかWarframeとか彷彿とさせるよ。

[ GW2 Gemstore Update– Dynamics Exo-Suit Outfit and Glider – Dulfy ]

それとGemStoreのユーザーインターフェイスの変更もありました。

慣れないせいか、ちょっと使いにくい感じもします。

[Horizon] アップデート1.30で新難易度追加

Horizon Zero Dawn にアップデートパッチ 1.30 が適用され、ゲームクリア時のレベルやアイテムを引き継いで新しいゲームを開始できる「New Game +」と新たな難易度「ULTRA HARD」が追加されました。

[「Horizon Zero Dawn」の1.30アップデートが実施。メインクエストをクリア後にプレイ可能な,新難度も選べる「NEW GAME+」が追加に – 4Gamer.net ]




うわー、ウルトラハードをNEW GAME+でプレイしたいが、まだイース8が途中なんだよなぁ。
今手を出してしまうとどっちも中途半端になってしまうので、とりあえずイース8のクリアを目指そう。

[『Horizon Zero Dawn』に高難易度が選べる「NEW GAME+」モードを新たに追加! アップデート1.30配信! | PlayStation.Blog ]

[TC] サービス終了 アナウンス

The Tomorrow Children のサービス終了がアナウンスされました。
[ 『The Tomorrow Children』2017年11月1日サービス終了のお知らせ | PlayStation.Blog ]

[ The Tomorrow Children(トゥモロー チルドレン) プレイヤーズインフォメーション | プレイステーション ]

2016年9月7日に始まったサービスも2017年11月1日にサービス終了。

自分もそんなにプレイしていなかったので、あまりあれこれ言えませんが、残念です。
キャラクターや音楽、世界観はとても良かったのだけれど、肝心のゲームプレイのモチベーションを保つのが非常に難しかったです。

短時間のプレイではできることがほとんどなかったし、プレイし続ける目標も皆無でしたし、時折行われていたゲーム内イベントもほとんど達成できていなかったので、ユーザーを留めておくのは難しかったのだと思います。

最後のイベントが行われるようですが、正直なー。トモチルに割けるリソース無いのよねぇ。

[YS8] イース8 -Lacrimosa of DANA- プレイ開始


VITA版は昨年発売していますが、当時よりPS4版の発売も発表されていて、VITA版をプレイせずに我慢していました。
満を辞して発売日に購入しつつも、積んでいたイース8をプレイ開始。

無人島にたどり着き、漂流島の人数が10人くらいになったところまでプレイしての感想。
プレイ時間は10時間くらいです。

キャラクタのモデリングがVITA準拠なので、チープな感じですが、PS4オンリーで出す時に頑張ってもらえればそれはそれで良い。
という、昔からのイースファン心理でファルコム贔屓な心境だったりします。

前作のイース7をプレイしていた時は感じなかった違和感の一つが操作系。
イース8を始める前にニーアをプレイしていた影響が一番大きいのだろうが、攻撃をするボタンが○ボタンなこと。
ニーアは×ボタンでジャンプ、□ボタンで攻撃なのだが、
イース8では ×ボタンジャンプで、○ボタンが攻撃、そして□ボタンがキャラチェンジになっています。
おかげで攻撃しようとして、キャラチェンジボタンを連打していることが多々。
要は「慣れ」なんだろうけど、まだ、□ボタンで攻撃しようとしてしまいます;;

あともう一つの違和感が演出。
妙に演出が古臭いなーと感じていたのは、イース1〜4くらいまでの2Dクオータービュー時代のキャラ演出をそのまま今の3Dモデリングのキャラでやっていること。
イースの味だと言われればそれまでだが、なんかねぇ。という感じはする。
これはこれで嫌いではないので、マイナス要素ではないのだけれど、キャラモデリングも含めてファルコムさんには頑張ってほしいな。と思う次第。

プレイフィールはとても快適で、VITA版ではローディングが長いという話でしたがPS4班ではほんの数秒ですし、アクションも軽快です。
敵の攻撃があたる直前で回避やガードをするフラッシュムーブ・ガードの判定が多少シビアかなぁと思うくらい。



まだまだストーリー的には序盤。タイトル画面にも登場しているキャラもまだ登場してないので、今後どのような展開になっていくのか楽しみにプレイしていきます。