GuildWars2に関する記事。日本語使えるようになったら本気出す。

GuildWars2


ここしばらくGW2にログインしてませんでしたが、今年もハロウィーンの季節が来てたようです。

[Shadow of the Mad King | GuildWars2.com ]

なにかいつもと違う部分があるのかな・・・とりあえずクロックタワーは行ってきました。

あとはDulfyさんを見ながら適当にプレイしようかと思います。
[GW2 Mad Maleficence Collection Guide – Dulfy ]
[GW2 Halloween 2018 Festival Guide – Dulfy ]

GuildWars2

[Celebrating Six Years of Guild Wars 2 | GuildWars2.com ]

そうかー、GW2もローンチから6年経ったかー。

バースデーボックスは届いたが、まだ開けてない。

[Sixth Birthday Gift – Guild Wars 2 Wiki (GW2W) ]
アチーブくらいで、あんまり特別なものはなさそう。

[Game Update Notes: August 28, 2018 — Guild Wars 2 Forums ]
アップデートノートも公開され、ワードローブ関連がアップデートされノベルティアイテムもワードローブに追加できるようになったとか。
凧とかちょびっと持ってるくらいだからなー。

その他結構な量のスキルアップデートもあり、詳細を確認するのは…..やめましたw



最近はMHWに忙しくて、ログインボーナスを得るのもままならないが、今後どうなっていくのかねー。

Living World が進んでいくとともに新たなマップが作られるが、結局そのエピソードで使うのみなのでもったいないと思う。
該当エピソードをクリアしたらプレイヤーはばらけるし、中にはある程度プレイヤーがいないとクリアできないクエストとかもあるし。

初期マップのTyriaはレベルスケーリングで始めたばかりの人も熟練プレイヤーもさほど差が無くイベントに参加できてたと思うけれど、追加マップのほうはそんな様子ないもんなー。ソロでマップ散策も大変なくらいだもん。

GuildWars2


先週に告知のありました Festival of the Four Winds が明日から開催。

[ Festival of the Four Winds Begins Next Week! | GuildWars2.com ]

パッとみる限りは過去に行われた Festival of the Four Winds の再登場のようだけれど、あの時とくらべてグライダーやらマウントやらが追加されてるからなー。
単純に再登場ではないとは思う。

[ GW2-Festival of the Four Winds | まみむめも ]

とうか公式ツイッターの動画の場所どこ・・・?記憶にない;;

GuildWars2

最近MHWばかりプレイしているので、さっぱりプレイしていないGW2ですが、LivingWorld のシーズン4 エピソード3 が6月27日(現地時間)より開始です。
先週あたりにトレイラーが公開されています。

新エピソードにより、新マップが追加はこれまでもありましたが、今回は追加マウントとして、ローラービートルが登場します。

平地陸上の移動に特化したようなマウントですね。

GuildWars2


最近もっぱらMHWばかりプレイしていて、GW2にはログイン報酬をもらうためだけにしかログインしてませんが、GW2も忘れていませんよ。

[PvP League Season 11, Balance Updates, and Super Adventure Festival Are Coming Soon | GuildWars2.com ]

PvPリーグには興味がないのでスルーしますが、3月27日(現地時間)にバランスアップデート、そして3月29日~4月19日(現地時間)にSuper Adventure Boxのポータルが開くとのこと。
SABは新しいステージが出るかなー?いや、前回までと同じものだろうなー。きっと。

GuildWars2


LivingWorldのシーズン4 エピソード2のテザームービーの公開と実装日が発表になりました。

[Living World Season 4 Continues Next Week | GuildWars2.com ]

3月6日(現地時間)、日本では7日かな。に実装されます。

テザーの雰囲気が少し前の海外ドラマぽくて、何かしらのネタ要素がありそう。

詳細は分からないのですが、雰囲気的に
「アスラはロクなことしないな」
というのを感じますw