[GW2] Beta Weekend Event #1

GuildWars2GW2-BETA

ギルドウォーズ2の先行販売購入者向け(?)にプレアブルなイベントが 4/28 4:00~4/30 16:00 まで開催されました。

初日ではノルンハンターを作ったので、別のキャラを・・と

チャールのウォーリア。

に、

ヒューマンメスマー。

ウォーリアは序盤だけかもしれないが、意外ともろいので遠距離攻撃のロングボウかショットガンを取るまでが結構キツイ;;
両手持ち武器のグレードソードやハンマーが結構な火力なので、ここぞというときの威力は結構ある。

メスマーの方は分身が火力・壁役ともに心許ないが、セプター装備してる時は攻撃してればどんどん出てくるので面白い。
フィールドで後ろから攻撃が飛んできたので、お?プレイヤーキャラのヘルプが来たのかな。と思ったら自分の分身でした。ということもw

どちらも序盤をちょろっと触った程度なので、戦い方のスタイルはごろっと変わるかもしれない。。



で、ギルドウォーズ2のメインコンテンツの WvW 。


ヒーローメニュー(H)から一番下のPvPタブ内の 「Be in the Mists」でPvP前哨地へ。
そこにあるWvWへのアスラゲートからWvWマップへ。


(Towerゲート攻撃中)


(平地での押し合い引き合い)

マップの各所に点在するTowerや資源キャンプを取ったり取り返したりが体験できました。
プレイ中のSSはもっと取ってたつもりだったのですが、プレイに忙しくてあまり数もなく、Tower防衛中のSSをきれいさっぱり撮り忘れてました。。。

Tower攻略&防衛にはシージ等攻城兵器があるのですが、まだ初回というとでシステムを理解し切れてないのでそれらには触れてません。
もっぱら大人数での押し引きがメインだったわけですけれど、過去プレイしたタイトルの攻城戦やRFの聖戦を彷彿して、それだけでも楽しかったー。

前線はもちろん重要であるが、工場兵器の作成や資源運搬等裏方も必要になると思いますので、次はこの辺の裏方プレイをしてみたいですね。


占拠した拠点数を元にした勢力のグラフはいつでも確認できます。
結構これが流動的で全て占拠されたから終わりではありません。夜寝るまえに1勢力に全ての拠点を取られてしまいましたが、翌朝確認してみると半分以上まで盛り返してたりと、その時々のプレイ人数で大きく左右されるぽい。



次に、ギルドも作成してみた。

正式版はどうなるか分からないが、レベル1からギルドの作成は可能でした。
ぼっちプレイのソロギルドなので、ギルド恩恵は何も無いですがw



あとは課金アイテムについて。

先日でたリーク情報 ( http://kultur2.blog.fc2.com/blog-entry-389.html ) とほぼ同じような内容でした。
実際プレイして内容を確認してみると分かると思うのですが、「あれば便利だね」というプラスαなアイテムで PvP等強さに直結するものは何一つ無いので、GW1の時同様、欲しい人が買えばいいよ。という内容です。
どこからも倉庫にアクセスできる Asuran Bank Portal は確かに便利そう。意外と倉庫が遠いのよ。ワープポイントで近くまで行けるとは言えね;;



・スペシャル BWE フィナーレ

BWE終了1時間前からフィナーレイベントが開催。

ノルンの初期マップである Wayfarer Foothills にブタやらアライグマやらちょっと・・・いや結構強いMobが湧き、それらを倒すことで Norn glory acquired が増えていき、時間がたつとワームボスの湧いたかしょに、ウサギ登場。

この見た目と裏腹に堅いのなんのって。
あっというまにMMOのボス戦みたいに100人オーバーの人が集まってきて、攻撃の雨嵐。

人が集まりすぎてカックカクの10fps出てるかどうか怪しいくらいに;;

そんな状態でも5分ほど持ったらしいです。このうさぎ。

この後は北の雪山地帯に Black Moa が次々と。


堅さ的には先のうさぎほどではないのだが、引き寄せて足元爆破のコンボ攻撃がひどい。。
1体だけでなく各地ワープポイントの近くに湧いてたようで、中央の一時拠点ぽいところには3体も同時湧きもしてみたり。

そのまま時間いっぱいまでMoaが湧き続けて、唐突に終了。
・・・・なんてカオスイベントやw

そんなこんなで第一回(勝手に付けた) BetaWeekendEvent の終了。

もちろんずっと期待していたGuildWars2をプレイできたということで非常に面白かったのではあるが、正直まだまだ荒削り感がぬぐえない。
わかりにくい箇所がそこそこあったり、何かをするには一手間が必要だったり、操作感覚がぎこちなかったりと、期待をしてた反面だろうか気になることはたくさん・・・。
ArenaNetの事なので、これからまた大量に修正を加えてきそうではあるが・・・ということで次回のBWEを楽しみに待っています。