MonsterHunterWorld

またまたまた マムタロトの配信開始です。
今回のマムタロトはそれぞれの武器種にレア8が追加されているということで、再び活気づいています。

以前、マムタロト用にライトボウガンの装備を公開していましたが、より特化した感じに変えてみました。
[[MHW] ライトボウガン装備 マムタロト用 冥灯 (弾丸節約 会心撃【属性】 雷属性強化) | まみむめも ]

使う武器はエンプレスシェル・冥灯。会心率強化のカスタム強化を入れ、会心率は渾身込みで85%。
これで会心撃【属性】の乗った電撃弾速射をばすばす撃ちまくります。

対マムタロトでの大半は金の衣をはがす部位破壊行為。ということで破壊王を導入。
また最後は睡眠爆破を行うのでボマーも入れてます。

体力増強は入れてませんが、ブレスを真っ向から喰らわない限りは体力150で一発死は無いので、被弾しないように立ち回ればなんとかなります。…マムのごろごろアタックは異常に範囲が広いからうまく抜けないと喰らっちゃうので注意です。
どうしても体力に不安の場合は、ボマーの爆師珠を外して体力珠を入れればいいかと思います。



マムタロトのレア8装備は既存のものも当然出るので、なかなか目当てのものは出ないっす。

MonsterHunterWorld

会心率を上げて、地上では会心撃【属性】、空中では飛燕【属性】で属性攻撃ダメージを増やすビルド。

先日公開した水属性の龍属性版。
[[MHW] 操虫棍装備 ガイラブレード 水属性 属性強化 | まみむめも ]

使う武器はゲイボルグ・真。
素で会心率20%ある武器で、会心撃との相性も良い。
弱点特効と合わせて弱点部位では、会心率90%。カスタム強化で回復能力を付けてますが、これを会心率強化にすれば+10%で100%にもいけます。

MonsterHunterWorld

先日のオンライン狩り会の最中に HR500 達成したのですが、達成時のスクリーンショットを取っておくのを忘れてしまいました…。

プレイ時間は860時間ほど。

[[MHW] HR400になってました | まみむめも ]
HR400時の記録からみて
721 -> 860 で大体140時間くらい。

ギルカで使用武器の変遷をみてみると

武器種HR400HR500増加量
大剣11412410
太刀000
片手剣7111342
双剣197152
ハンマー83729
狩猟笛000
ランス1090115262
ガンランス18023454
スラッシュアックス7510429
チャージアックス000
操虫棍06464
ライトボウガン14318441
ヘヴィボウガン11198
30435551

新たに使い始めた操虫棍が一番増加量としては多いです。

あとは、ランス・ガンランスは安定武器としてよく使っています。
弓も特定モンスターの時に持っていくのでそれなりの回数です。

双剣はなんで多いのだろうか・・・。オンライン狩り会で流行っていたネルギガンテタイムアタックの練習で使っていたり、歴戦王ヴァルハザクは双剣でよく行っていたので、それかな。

片手剣もちょくちょく練習しているのですが、まだつかみきれてない感じです。

ハンマーはレイギエアのクエストに参加する際に持っていきます。『坂グルグルたのしー』をするためです。それだけです。
なにやら次に追加されるマム武器は強いらしいので、入手したらちゃんと使ってみようかなと思っています。

いまだ使用回数0なのは、太刀、チャージアックス、狩猟笛 です。
なにかのタイミングがあえば使いたいなーとは思っているのですが、「なんか面倒くさそう、今使っている武器の練度を上げたい」でスルーしてますが、きっかけで。
操虫棍もゲイボルグかっけー で使い始めたようなもんですからw

MonsterHunterWorld

歴戦王テオ・テスカトルの何がイタイって、頻度の高い粉塵のダメージと、妙に高い攻撃の気絶値。

ということで爆破ダメージと気絶耐性をつけつつ、ランス用のスキルをつけた装備。

爆破耐性や気絶耐性を入れるのにそれなりにスロット等を使ってしまうので、匠や属性開放がつけにくいため、武器はネルギガンテの亡滅の腕。
あとは火耐性値を20以上にすることで火やられになることもなし。

攻撃力はそんなにないですが、動き回る歴戦王テオに対して立ち回りは大分楽になった感じです。

MonsterHunterWorld

8月10日より、歴戦王 テオ・テスカトルのイベント配信が開始されました。

1,2回戦ってみた感じ、通常の歴戦テオ・テストカトルと比べて
・粉塵(周辺バラマキや、走り回りながらのバラマキ)の頻度が多い。
・スーパーノヴァの頻度が高い。
・突進や粉塵のダメージが大きい(?)
・体力が多い
・気絶させらえる頻度が高い。

な感じでしょうか。

思っていたほど通常のテオから変化はないですが、攻撃力含め強くはなっているので、野良救援での成功率はあまり高くない様子。

来月配信予定の歴戦王クシャが乱入してくる演出もあったりして、クエスト報酬には

『炎王龍チケット』が入手できます。
(運がよければ、報酬に龍脈石もそれなりに。出ないことが多いけれど)

新たなカイザーγシリーズに各部1枚。そしてダンテ装備にも2枚使います。

重ね着ダンテには、現在配信していない「Code:Red」クエスト報酬のレッドオーブが必要で、レッドオーブ難民がいるとか。
自分はアステラ祭りのバウンティ消化とかに時折通っていたので十分に余っていました。

カイザーγシリーズは

見切りや力の解放のスキルが多く設定され、3部位で「炎王龍の武技 (達人芸)」が発動します。
正直4部位発動だとしても、ドラケンを使った達人芸のほうが組みやすいような気がする。



存外野良救済でのクリア率が低いのでチケットが集まりにくいので、やはり歴戦王テオ用の装備も準備しないとね。

MonsterHunterWorld

最近、操虫棍が楽しいです。
先日のアップデートでジャンプ攻撃もちょびっと修正されました(強化ジャンプ突進全てに飛燕が乗るようになった)し、ドラケン装備のシリーズスキルも操虫棍向けですし、地上でざくざく、空中でザクザクしながら遊んでいます。

先にも触れたドラケン装備のシリーズスキルがジャンプ攻撃の属性ダメージアップの飛燕【属性】。
ついでにレウスシリーズスキルの属性会心もつけた、地上でも空中でも叩ける属性強化型操虫棍の構成です。

使う武器はガイラブレード・水。
一応、水属性強化Lv4まで数値は上がるけれど、Lv4でも470がMAXと10しか上がらないのでLv3止め推奨です。

ジャンプ攻撃は切れ味の消費が結構激しいので、剛刃研磨(+砥石高速化)を利用しています。



あと、何気にドラケン腰は後ろががら空きです。

キリン足とも相成って、意図せずエロちっくな装備になってしまいましたw



氷属性のガイラブレード・氷も氷の護石をつける、または体力の護石にして氷結珠を3つつけて、同じような構成ができます。
…が、ガイラブレード氷が出てないのよね。

次のマムから追加武器もあるっていうし、果たして取れるかなー。