MonsterHunterWorld


極ベヒーモス戦のクリアに、滅龍石が使う/使わない が大きく関係してきそうな感じがする今日この頃です。

先日、光の戦士になりましたが、その後の野良救援でぼちぼち参加をしております。
それまでエリア2クリアもままならないような事も多かったですが、クリア体験後は10回ほどやって2回クリアしてます。

一度クリアした経験も大事ですが、タンク役以外でも滅龍石で敵視を取るメンバーがいると俄然楽になります。特に最終エリアは。

滅龍石で敵視を取るには

滅龍石をベヒーモスのどこでもよいので5回当てること。
5回目にあてた人に敵視が行きます。

コミュニケーションが取れるのであれば5回目をタンク役の人が当てる作戦も取れますが、野良ですとそれもままならないので、自分が5個以滅龍石を持っていて、転身の装衣がある状態であれば、タンク役の方がてこずってるなーと思ったときに敵にを取りに行って問題ないかと思います。

タンク役以外が敵視を取った場合

ガード性能を持つタンク役が敵視を取った場合は、すぐさま、転身の装衣 を切れば安全に立ち回れます。
転身の装衣 の効果時間 = 敵視の持続時間 = 90秒
ですので安全に立ち回れます。下手に動き回るより、半ば棒立ちで回復役をやっててもいいくらいです。

そのほかの落としもの

まだ実践で試してませんが
「粘着石 を頭に当てて、頭部攻撃or可燃石 を当てるとスタン状態になる」
とのこと。

スリンガーには複数の石をセットできないでの、滅龍石が優先ではありますが、
・エリア2で滅龍石を使い終わった後のエリア3で
・エリア4で滅龍石を使い終わった後
とかで粘着石が拾えたら狙ってみようかと思います。

MonsterHunterWorld

オンライン狩り会の常連組の方が企画しました、極ベヒーモスのお助け隊のイベントに参加してきました。

構成上、DPSということで、ハンマーを担いでいきましたが、やはり使い慣れない武器。DPSチェックに引っかかったりとクリアできず。
[[MHW] ハンマー装備 対ベヒーモス アタッカー装備 | まみむめも ]
装備の構成は悪くないと思うんだ。
扱いきれない腕と立ち回りができていないだけで…。

ハンマーよりは安定した立ち回りができる、ガンランスに変えて挑戦。
[[MHW] ガンランス装備 対ベヒーモス 砲撃 DPSタンク装備 (放射型) | まみむめも ]
こちらは溜め砲撃で1発100ダメージをぽんぽん出せるし、ガード武器なので安定感も。
変なところで乙ったりもしましたが;;

そんなこんなで、

ようやくクリア。光の戦士になれました。


ドラケンの重ね着もゲットです。

お手伝いをしていただいた方々、ありがとうございました。
また来週も同じような企画を行う予定ということですので、極ベヒーモスが未クリアの方は参加してみてはいかがでしょうか?



一応クリアはしましたが、タンク役としての立ち回りや、ほかの武器での立ち回りとか、未熟な部分が多々ありますので、引き続き練習ですな。
なんにせよ気持ち的には大分楽になりました;;

GuildWars2

[Celebrating Six Years of Guild Wars 2 | GuildWars2.com ]

そうかー、GW2もローンチから6年経ったかー。

バースデーボックスは届いたが、まだ開けてない。

[Sixth Birthday Gift – Guild Wars 2 Wiki (GW2W) ]
アチーブくらいで、あんまり特別なものはなさそう。

[Game Update Notes: August 28, 2018 — Guild Wars 2 Forums ]
アップデートノートも公開され、ワードローブ関連がアップデートされノベルティアイテムもワードローブに追加できるようになったとか。
凧とかちょびっと持ってるくらいだからなー。

その他結構な量のスキルアップデートもあり、詳細を確認するのは…..やめましたw



最近はMHWに忙しくて、ログインボーナスを得るのもままならないが、今後どうなっていくのかねー。

Living World が進んでいくとともに新たなマップが作られるが、結局そのエピソードで使うのみなのでもったいないと思う。
該当エピソードをクリアしたらプレイヤーはばらけるし、中にはある程度プレイヤーがいないとクリアできないクエストとかもあるし。

初期マップのTyriaはレベルスケーリングで始めたばかりの人も熟練プレイヤーもさほど差が無くイベントに参加できてたと思うけれど、追加マップのほうはそんな様子ないもんなー。ソロでマップ散策も大変なくらいだもん。

MonsterHunterWorld

射程が長い放射型Lv4のガイラバスター・王 または 金色の銃槍・王 を使った DPSもタンクできるよ的な装備。

ほかの方が敵視を取ってタンク役をやっている時は、誰もいない胴体等に溜め砲撃で1発100以上の固定ダメージを与えられます。

もちろん積極的に頭を狙っていって、敵視を取り、タンク役もできます。
敵視中は溜め砲撃ができる隙はないので、チクボンの突き砲撃をしつつ、タンク役をこなしていけます。

広域とキノコも積んでいるので、純ヒーラーと言わずともサブヒーラー的に回復も可能です。
アオキノコを食べたり、忍耐の種を食べたりと。

オールマイティなので、構成を選ばずに救難に飛び込んでいけます。
ま、クリアできるかどうかはまた別の話ですがw

MonsterHunterWorld

ベヒーモス戦でハンマーを持っている人をあまり見かけませんが、ベヒーモスの後ろ足は打撃が弱点なので、DPS(アタッカー)として優秀だと思います。
より瞬間火力があって、尻尾も切れる太刀のほうがモアベターなんでしょうが。自分、太刀、使えないんで。

使う装備はガイラハンマー・睡眠 を無属性で使います。

DPS要員とはいえ、サブヒーラー的な要素も必要かと思っていますので、広域とキノコを積んでいます。
咆哮よりも振動で足腰グラグラ中に飛んでくるメテオのほうがやっかいなので、耳栓は入れずに耐震を入れています。

立ち回りとしては、タンク役の方が敵視を取るまではタンク役の近くで、うろうろしたり、前足部を軽く攻撃したり。
タンク役のが敵視を取ったら、後ろ足に行って、溜めスタンプやら縦コンボやらで、ボコボコ殴る。エリア2やネギルートのエリア3はスライディングからぐるぐるアタックも狙っていきます。

ハンマーは納刀も早めなので、HPが減ってきているメンバーがいれば、アオキノコを食べたり、粉塵を巻いたり。余裕があれば回復Gを飲んだりと。



尻尾を切れる武器ではないので、パーティの構成次第ですが尻尾切り要員として、エリア1のみ斬裂ライトを持ってもいいと思います。
事前の打ち合わせは必要かと思いますが。

MonsterHunterWorld

8月24日から、極ベヒーモスが配信中。
猛者が集まる配信日の公式オンライン狩り会や、土日に頑張れば、なんとかクリアできるだろうと思っていましたが…8月28日現在、未だに光の戦士になれず;;

Youtube配信者の視聴者参加型の集会所にも行ったりしましたが、一向にクリアできず。
ロールも含め、あれこれ試行錯誤してますが、最終エリアに行けることもままならない状態です。

主にタンク役としてプレイしてきたのでタンク視点からの極ベヒーモスメモ。

敵視を取りやすいように立ち回ってほしい

タンク役以外のメンバーは敵視を取るまではタンク役の近くにいて、タンク役が頭を狙いやすいようにしてほしいです。
他のメンバーが四方八方に広がって、ベヒーモスがあっちへこっちへ動き回る状況ですと、賊ヘビィでもなかなか敵視が取れないです。
特にエリア2はその兆候が激しく、結果ミールまみれになり、瓦解することも多々あります。
他メンバーの協力があってこそのタンク役ですので。相互理解が欲しいところです。

滅龍石は極力拾う

ベヒーモスがドロップする滅龍石は5回当てると、当てる場所に関係なく5回目に当てた人に敵視が行きます。
エリア2とエリア3でドロップすることが多いので、タンク役の方は必ず拾いましょう。
敵視が取りにくい状況でしたら、さっさと5回当てて敵視を取ってしまいます。ストックは7個なので無駄撃ちはしないように注意です。
(個人的にはエリア2で、2回目の敵視を取る際にグダることが多いので、そこで滅龍石を投げます。)

滅龍石の5回目のヒットをタンク役が当てればよいので、3回目くらいまで他のメンバーに投げてもらう方法もありますが、事前の打ち合わせや、当てた時の合図が必要ですので、野良では厳しいかと思います。

エリア3では無理に敵視を取らなくてもよいかも

その時のパーティ次第ではありますが、DPSチェックの入るエリア3ではミールもないですし、メテオも1発のみなので、無理に敵視を取らずガンガン攻撃をしてDPSチェックを抜けることを優先しても良いかと思います。
拘束攻撃による強制的な敵視もありますが、敵視をとるとベヒーモスがより暴れることもあります。

賊ヘビィで火力の全くない純タンク装備ですと、火力が足りずDPSチェックに引っかかることがあります。
エリア3では麻痺やスタンを入れられるマグダサポ装備や、他の火力武器に変えてもいいかもです。



その他一般的なこと

エリア4では3回エクリプスメテオがあります

以外とエリア4での1回エクリプスメテオを回避したところで、気が緩んでしまい、終わってしまうケースがあります。
エリア4では、コメット1個落下後のエクリプスメテオのセットが3回ありますので注意です。

広域スキルをつけるか、粉塵を持って行こう

ヒーラー役が広域スキルで回復を担うのはもちろんですが、アタッカーも広域スキルでサブヒーラーをすることで安定感が増します。

単純にHP回復のみならず、防御DOWN状態異常解除のための硬化の種や硬化の粉塵、裂傷状態回復のためにアステラジャーキーも持っていきましょう。

閃光弾は2回まで

閃光弾で極ベヒーモスを怯ませられるのは2回までです。
数少ない機会ですので、最終エリアでタンク役が敵視が取れないような状態でのみ、ミールストームを止めるのに使うと良いかと思います。


とりあえずこんなところでしょうか。
また攻略に有用な情報がありましたら追記していきます。


追記

誤って敵視を取った場合は「けむり玉」

エリア3でベヒーモスの拘束攻撃で、敵視をとってしまった場合。
転身の装衣があれば、転身を着れば問題ないですが、転身のがチャージ中の時、手っ取り早く敵視を切るのは閃光弾が周知かと思います。
が、閃光が効くは2回まで。極力温存して、エリア4でミールキャンセル時に使いたいもんです。
そこで、敵から隠れる要素のある「けむり玉」を使って、煙の中にいるとベヒーモスが相手を見失って、敵視が切れます。

DPSチェックはエリア2のエクリプス後からカウント開始


エリア2(2マップ目)のエクリプスメテオを出すときから6分間がDPSチェックの対象となるようです。
ゆっくり装備変更をしているとダメージを与えられる時間が短く、DPSチェックを通過できないケースが出てくるようです。

賊タンクとかエリア3で武器変更をする場合が多いですが、ちゃちゃっと変えられるようにショートカットを調整するとか、キャンプに戻るタイミングをずらすとか、あれこれ工夫が必要ぽいですね。