MonsterHunterWorld

アイスボーン序盤から、既存の装備は火力不足・防御力不足で厳しい部分があります。

かといって序盤(?)で生産できる防具ではなかなか思ったようなスキルがつけられない・・。
とういうことでブラキディオスを倒した辺りで作成できるマスター防具と既存のβ・γ装備を組み合わせた汎用的なランス装備。

それなりに装飾品が揃っているのと、歴戦王を倒してγ装備が作成できてる既存プレイヤー向けではありますが…。

護石の箇所はフリーです。
特に耐性の必要ない時はランスでの火力スキルとなる守勢の護石を入れてますが、
氷やられや、水やられが厳し時は 属性やられを無効化する「耐属の護石」を、
睡眠耐性が必要な時は「耐眠の護石」を、毒が厳しい時は「耐毒の護石」を、
爆破やられが欲しい時は「耐爆の護石」と、
それぞれ対象のモンスターの特性に合わせて護石をチョイス。
アイスボーンからモンスターの状態異常がかなりキツクなっているので、耐性は非常に重要です。

武器スロット(Lv1x2つ)を使ってガード性能Lv5 にしてますが、武器スロットが無くともガード性能はLv3確保できます。

Lv4装飾品を使っているので、該当のものがねーよ。
って場合は、適当にガード性能や体力増強の付いているマスター装備をチョイスして、匠の代わりに剛刃や砥石でまかなうってのもいいかと思います。

MonsterHunterWorld


アイスボーンに向けてのアップデート が配信。

[CAPCOM:モンスターハンターワールド:アイスボーン タイトルアップデート情報 ]

30GBオーバーの大きなアップデートなので、早めにやっておくのが吉です。
・・・というか、あと数時間でアイスボーンが始まるけどね。

防具のガーディアンシリーズも配布されました。


体力増強、体力回復量UP、ランナー、加護 とまさに初心者用な装備ですな。



ふつーに翌日仕事なので、0時からのスタートダッシュこそはしませんが、ぼちぼちとプレイしていく予定です。

Diablo3-PS4

8月24日からシーズン18スタート。

[Diablo3 シーズン18まもなく開始 ] (Diablo3 Guide jp)

前回はウィザードだったので、今回は近接のバーバリアンでスタート。

シーズン18のシーズンバフは「三位一体なる意思」。

オリジナルのバフのようで、
「敵を攻撃した時、一定の確率で力の領域を生成する」
というもので、
赤紫サークル:三位一体の愛:与えるダメージが増加

シアンサークル:三位一体なる決意:必要なリソース減少

グリーンサークル:三位一体なる創造:クールダウン中のスキルの回復が早くなる

なんかの効果サークルが攻撃時にランダムで出現します。複数サークルが同時に出ることはなく、一つのみ出現します。
その上、サークルの出る場所が足元じゃないので近接タイプには使いにく感じのバフですね。



今回のシーズンは、来月にMHWアイスボーンも控えてるし、さほどプレイすることなく終わるんじゃないかなーと思っています。

MonsterHunterWorld

アイスボーンに向けてちょこちょこバウンティーを消化していくうちに HR700 へ到達しました。


プレイ時間は1231時間。
来月からアイスボーンが来るのでまだまだ延びそうですw

武器利用は

武器種HR600HR700増加量
大剣13014111
太刀000
片手剣15823779
双剣9011323
ハンマー9013141
狩猟笛000
ランス1236131074
ガンランス34141978
スラッシュアックス13216937
チャージアックス000
操虫棍11216553
ライトボウガン34537934
ヘヴィボウガン366933
39043747

順調に、ランス、ガンランス、片手あたりを中心に使っているかなーって感じです。

相変わらず0回利用は 太刀と狩猟笛と、チャージアックス。
この辺は装備マイセット枠が増えるアイスボーン後に手を出そうかなーとは思っています。



アイスボーンアップデートの武器別調整が公式サイトに公開されてますが、他人と競うようなゲームでもないですし、仕様の範囲内でできることをやればいいかと。
前はああだったとか、他の武器はこうだとか比べて無意味なものに文句を言うのはナンセンスかなと思いますので。

MonsterHunterWorld


新たなPV第4弾の公開と共に 変更箇所のリストが公式サイトに公開。

[ アップデートVer.10.10概要 – MHW ]

傾向としては、スキルの属性攻撃をアッパー調整しつつ、武器の基本属性を抑えて、よりスキル有無の差が大きくでるような調整をしてるな。と。

このアップデート情報はあくまで、既存スキルの調整の内容で、新たなスキルについての言及はされていないので、さらにスキルによる差が顕著化するのかなー。
んー、ビルドに悩むねー。

ある意味嬉しい悲鳴ではあるので、楽しみです。

MonsterHunterWorld

メディア先行体験会にてをVジャンプさんがスキルの変更点に関する動画を公開してました。

あくまで開発中のものでリリース時には変更になるかもしれませんが、おおむねの方向性はわかると思います。

・無撃弱体化
無撃に関しては単純に属性武器に比べて強すぎた。
後半歴戦王とか出た際に属性会心着きの武器等も出たけれど、結局無撃の牙城は崩せなかったので、今回調整って感じかな。

・会心系スキル調整
弱点特効や渾身なんかは会心を維持しにくい方向へ調整はされているが、達人は+5%ずつのアップで強化されている様子。
属性会心や達人芸等、会心系のスキルのキモとなる部分なので、どう調整されているのやら。

・属性LvUP
恐らく属性値の上限がアップ、もしくは属性値上昇の計算式が変わるのか・・。

・通常弾強化等もLv2の存在
通常弾強化はまだしも、貫通強化とか、散弾強化とかほとんど誤差みたいなもんだったからなー。
Lv2まであるとしてもLv3スロ2つつけるほどの強化になるのかどうか。

・Lv4装飾品
一つでスキルレベル2つ分になったり、複数のスキルが付いているものもあるとかなんとか。

スキルの組み合わせ云々でいうとP3での炭鉱夫となってお守り掘りが思い出されるが、そんな感じにならないといいなぁ。

その他装備関連は
・重ね着が工場で作れるように
・重ね着の状態がマイリストに保存されるように
・重ね着と通常防具とで染色情報が別々に保存されるように
まぁ、どれも最初から考慮しておいて・・てレベルの話ではあるけれど、良くなった部分。ってことで。

・転身の効果時間に仕様変更
120秒効果時間はあるが、転身が発動するごとに効果時間が減る仕様に。
これにより、転身の有効時間を長く持たせたいときは、被弾しない立ち回りが必要になってくるし、何も考えずに突っ込むとあっという間に効果時間は無くなってしまう事になるという、なかなか面白い調整かと思う。

装衣にはスキルスロットも着くようになるらしいし、これまで日の目を見なかった装衣も使えるようになるといいなー。