MonsterHunterWorld

皇金シリーズで装備を更新しようシリーズ。

今回は双剣の雷です。
以前カガチ双剣で組んでいた装備は会心撃属性も入ってなかったので、大幅にパワーアップしてそうです。

ネルギガンテとか結構なダメージ出る感じ。

MonsterHunterWorld

皇金シリーズで装備を更新しようシリーズ。

今回は皇金の槍・雷をつかった雷属性強化型の装備。
ガイラランス雷にくらべて属性開放後の属性値はガイラより小さいが、重いスキルの属性開放をしなくてもいいし、武器スキルとして会心撃属性がついています。
その分会心を上げる方へスキルを組めるので総合的にはガイラ雷より出るんじゃないかなーという目論見です。

属性強化は護石で行っているので、ほかの属性の武器と護石に変えればほかの属性でも転用できます。

MonsterHunterWorld

皇金シリーズで装備を更新しようシリーズ。

拡散型ガンランスといえば、ガイラ水やガイラ爆燐があります。
同じく皇金シリーズにも爆燐があります。
攻撃力や無撃運用もできることもあって、突きの攻撃力はガイラ水のほうが上ですが、爆燐シリーズには爆破属性が付いています。
属性攻撃としては微妙な部類の爆破属性ですが、あればあったでいいものです。
皇金の爆燐はガイラに比べて
・属性値が高い
・会心撃【特殊】がついている
・会心率も+20%ある
・スロットLv1が一つある
と、カスタム強化枠が2つから1つに減ってしまいますが、それ以上の強化されている上位互換な装備になります。

そこで、爆破属性を強化しつつ、耳栓も付けて快適さを向上させた汎用装備を組んでみました。

メイン攻撃は突き砲撃なので、爆破属性の発生頻度はさほど多くはないですが1体につき2,3回は爆破してるような気もしないでもないです。

MonsterHunterWorld


歴戦王マムタロトの配信が終わりました。

収集結果の詳細はスプレッドシートを確認するとして、( マムタロト 取得武器 )

数量としては
50 / 96
約半分ほど集めた訳です。

一番大当たりとされる、氷チャージアックスはまだ出てないですが、そのほかの武器にしてもこれまでの上位互換な武器もあったりするので、眺めながら既存装備のバージョンアップをしてみるのもいいかもしれません。

次のマム配信は・・・1周年記念のアニバーサリー アステラ祭の時かなぁ?

雑記

2018年もあと数日で終わりです。
例年通りざっとこの1年でプレイしたゲームをリストアップしてみます。

Monster Hunter : World


今年のゲームライフはモンハンワールドに始まり、モンハンワールドに終わった感じがする一年でした。
1月に発売、購入したモンハンを、途中多少のブランクがあったとはいえ、今現在もプレイ中ですからね。
来年秋には超大型アップデートも控えてるので来年も引き続きプレイすることになると思います。


Red Dead Redemption 2


今年後半の大型タイトル。
西部開拓時代を描いたオープンワールドとしてとてもクオリティが高いタイトルで、後半の引き込まれるストーリーがとても秀逸でした。
現在オンラインがベータでプレイ可能となっていますが、思いの外殺伐としてるので、結構敷居は高いかもしれません;;
折を見てオンラインはぼちぼちプレイしていきたいです。
あと、ストーリーをクリアすると1をプレイしたくなるので、1のリメイクとかPS NOWでの配信をやってほしいです。


Farcry5


一応ストーリーはクリアしてますが、追加DLCとか、アーケードとか長く遊べる要素はほとんどプレイできてないので、そのうちプレイしたいなーとはおもってはいるのですが…
ファークライシリーズにしては、めずらしくストーリーが繋がっている5からの続編が発表されてます。5のラストで核が落ちた後の世界です。…UBI式のFallout にでもなるのでしょうか。
ファークライ ニュードーン

THE CREW2


前作がとても面白かったので非常に期待していたタイトルでしたが…非常に残念な結果となってしまったタイトルです。
だらだらドライブするのに観光スポット巡りとか良い要素だったものがなくなり、肝心のレースもつまらないバランスになってしまったし。個人的に1で好きだった部分が全部なくなった感じです。
アップデートは続いてるようですが、はたして再プレイする時がくるのかな?

Shadow of The Tomb Raider


リブートトゥームレイダー3部作の最終作。
決して悪い作りではないのだけれど、前作2作品と比べてみると、あっさりとした作りになっているなぁと思いました。
追加DLCも追加されているようなので、これもまた折を見てプレイしようかとおもいます。



ブログには投稿してなかったですが、アーケードシューティングも今年は多々リリースされ、プレイしました。

斑鳩


グラフィックがすごい綺麗なタイトルですが、ゲキムズ。
白黒切り替えるのに頭が追いついていきません;;

サイヴァリアデルタ


好きなアーケードシューティングの5本の指に入るサイヴァリアのPS4版
オリジナルモードのデルタスペックがリビジョン版のアッパー調整のような感じになっているので、思いの外プレイしやすく、気持ちいい感じになっているので楽しいです。

STRIKERS 1945 PLUS


ネオジオアケアカのタイトル。
ネオジオのシューティング全般に言えるのだけれど、敵が硬いとか弾が早いとか、どうもストレスフルなほうの難しさなのよね。
STRIKERSはやはり初代の1945が一番面白かったと思うなー。

ケツイ〜Deathtiny


良作のゲームはいつプレイしても面白いと言えるタイトルの一つ。
アーケードゲームなのでゲームとしての難易度は高いけれど、何度もプレイしてしまう面白さがあるよね。
オリジナルのDeathtinyモードはスーパーイージーとはまた違った感じで難易度をマイルドにした感じの調整なので下手っぴプレイヤーでも結構先まで進めるので楽しいバランスになっていると思います。

GuildWars 2

年々プレイ頻度が下がってきてはいましたが、今年は激減してしまいました。
後半はほとんどプレイしておらず、イベントにも参加してない状態です。
PS4で出てるゲームプレイに忙しいから…というのもありますが、このままフェードアウトしてしまうのでしょうか。

しばらく公式サイトもチェックしてなかったのですが、今見に行ったら、来年早々にLivingWorldの新しいエピソードがリリースのようですね。
新マップとか、新フラクタルとか、追加要素が盛りだくさんのようです。



来年も継続してプレイするタイトルもありますし、買ったけれど積んでるゲームもありますし、来年も来年で新たにプレイしてたいタイトルも出ると思いますし、ゲームというのはなかなか飽きのこない趣味ですね。

MonsterHunterWorld

対マムタロトといえば、ライトボウガン(冥灯)が鉄板であるが、ライトボウガンばかりでは飽きてくるので、ヘビィボウガンでのマムタロト用の装備を。

使う武器は歴戦王マムタロトで追加された「皇金の砲筒・飛雷」。
ライト使用時と同じように、電撃弾をバンバン撃って、部位破壊をしていくスタイルです。

立ち回りとしては、マップ1では胸元に大タル爆弾Gを置いたりして外郭を赤くすることを優先に。
胸の周りに他のプレイヤーが居ないとき限定ですが、胸の部分を狙って拡散弾を撃つと比較的赤くなりやすいように思えます。
ただ、拡散弾はLv2しか撃てないのであまり期待はできないけれど;;

マップ2以降では電撃弾を撃って部位破壊を狙っていきます。時折大タル爆弾Gを置いたりして。
このあたりの立ち回りはライトの時と同じような感じです。速射でなくとも60~70ほどダメージを与えてるのでそれなりの火力かなーと思っています。

マップ4での睡眠爆破はたいていパーティに一人はライト冥灯を持っている人がいるので、その方にお任せ。
麻痺弾Lv2が撃てるので、怒り荒ぶる状態になった後に麻痺させて、頭に爆弾設置です。

その後徹甲榴弾を頭に狙っていきますが、Lv2を4発しか撃てないのでスタンは・・・あまり・・・。
斬裂弾も撃てるので、これもライトの時と同じように角狙いで斬裂弾を撃っている方がダメージを与えられてる感じです。

そんなこんなで、ライトボウガンチックな立ち回りなので、慣れない武器でもそれなりに立ち回れている気がします。