[GW2] それでもやっぱり特別なMMORPG


GuildWars 2 の5周年を気に、 Kultur さんでGW2をプッシュをするような記事が出てました。

[ サービス開始から5年、「ギルドウォーズ2」 が特別なMMORPGである5つの理由 – Kultur ]

書いてあることは概ねその通りであり、ギルドウォーズ2が特別なMMORPGであることは間違い無いのですが、第一弾拡張パック HoT 後のことが書かれていないため、一ロンリープレイヤーからの視点としていくつか。

マップが高次元的に広くなった

これまでもいく層にも積み重なったマップ構成であったが、グライダーという移動手段が追加されてからよりマップの上下が広くなり、マップ探索の幅も広がりました。

新たに追加されたグライダーは初期の段階では滑空できる時間が限られています。
マスタリーポイントを貯めてグライダーのレベルを上げていくと足がつくまで時間無制限で滑空できるようになります。
最近、LivingWorldで追加されたマップとかのマスタリーポイントやVISTAの場所が無限滑空を前提としたような場所にあったりするので、いささか大変。


ソロに優しくない敵配置

HoTから追加されたマップはレベルスケーリングがMAXの80です。
ノーマルでも一癖も二癖もある敵MOBのうえにベテラン(銅枠)の多め、配置密度も比較的高め。
苦労して登ったマスタリーポイントはチャンピオン(金枠)を倒さないと取得できない。
と、明らかにグループを前提とした配置調整。

イベントボスはいいのよ。ダイナミックイベントが発生してれば比較的人が集まりやすいのから。
でもマスタリーポイントだけはソロでも取れるようにして欲しかった。



5年もたらたらとプレイしていると、良いところよりも悪いところのほうが目に付いてしまいますが、ギルドウォーズ2はとてもよいタイトルです。

やはり一番のネックは言語の壁なのです。
日本語吹き替えとまでは言いません、せめて日本語テキストを。せめて日本語チャットをできるようにしてほしい。
ただただ、願うばかりです。

[MHW] 各種武器プレイ動画


gamescomでのプレイアブル出展時の各種武器の動画。

やはりこれまでプレイしてきたモンハンではランスでプレイしてきたので、ランスがどのように変化しているのか一番気になるところ。
最後にプレイしたのがMHP3なのでそこからどう変わっているのやら。
そもそもgamescomでのプレイアブルも開発中のものなので、来年の発売時には変わってる可能性もあるしね。

ランス


前ステップとか突進系とか、結構機動力が上がってる感じがする。

その他の武器は

[GW2] 5th Birthday

ヘッドスタートに作成したキャラもとうとう5歳を迎えました。

Giftの中身は
Experience Scroll (インスタント Lv50スクロール)
Birthday Booster x2
Teleport to Friend x2
Exuberant Dye Kit
Birthday Card (5,000 Karma)
Backpack and Weapon Pack combo (武器スキンとかバックパックスキンとか入ったパック)

中身は
Anniversary Weapon Pack x2 (Luminous Weapons スキン)
Anniversary Lounge Choosy Box (なんかいろいろ揃ってる特殊な場所への2週間入場パス)
Guaranteed Wardrobe Unlock (ワードローブのロック中のスキンをランダムでアンロック)

あと4歳の時にも貰った、各種族都市にちなんだバックパックセット。

Luminous Weapons はとりあえず、グレソとスタッフをアンロックしときました。

[Crew2] The Crew2 トレイラー&リワード


海外版の発売日が2018年3月18日で発表されている The Crew2。
日本語吹き替えトレイラーも公開されました。

日本語版の発売も決定していますが、発売日の詳細はまだ未定です。
前作は世界同時リリースでした。今回は同時とは言わずとも結構近いところで発売するんじゃないかなーと期待しています。



また、前作なるTheCrewの購入者を対象に The Crew2で使用できるマシンのプレゼントのほか、限定マシンが最大18台アンロックされるリワードプログラムも発表されました。

[ 「ザ クルー2」,gamescom 2017ゲームプレイトレイラーを公開。前作をプレイすることで限定マシンが入手できるリワードプログラムの実施も – 4Gamer.net ]

[ 『ザ クルー』リワードプログラム実施中! – UBIBLOG ]

現在15個のリワードのうち5個が公開されています。
残りのリワードは順次公開していくようです。まぁ海外版発売の3月までまだ半年以上先だもんね。

ワイルドラン以降、ほとんどログインしてなかったけれど、プレイを再開してみようかなー。

[ ザ クルー2 – ユービーアイソフト株式会社 ]

[L2R] LINEAGE2 Revolution リリース


NCSoftから出てた(今も稼働中)PC用オンランゲーム「リネージュ2」を元に、スマホ用MMORPGとしてリメイクされ、「リネージュ2レボリューション」(リネレボ)として 8月22日にリリース。

普段スマホのゲームはさっぱりやらないのですが、リネ2はMMORPGプレイヤーとしては有名なタイトル。
(とはいえ、自分はリネ2をプレイしてなかったのですけどね。当時月額課金料高かったんだもん)
気にはなっていたので、小一時間ほどプレイしました。

サーバーは「アレイン」。エルフローグとしてプレイしています。



スマホ向けのアプリは、タブレット用の解像度には対応していないことも多いのですが、リネレボについてはiOSにおいてはiPadでも通常どおりプレイできました。


むしろ画面の情報量からみてタブレット端末でのプレイが推奨かも?

PC用タイトルと遜色ないグラフィックとMMOということで多人数の表示の関係から、結構な負荷が端末にかかっている模様。
公式Twitterでは、スマホが熱くなりすぎるとか、WiFiで繋がらないとかあれこれ問題は出てきているみたい。
自分はiPadPro 10.5インチ版とスペック高めの端末のおかげで特にストレスなくプレイできています。
確かに発熱とバッテリーの消耗の激しさはありますが;;



ゲーム内容として、現段階ではほぼオート
ここをタップして〜と示される場所をポチポチタップしながら、オートでNPCの場所に行って、オートで戦闘をする様子を見てるだけ。
スマホ用のゲームとしては珍しくないのだろうけれど、今のゲームはこんなになっているんだーと軽く驚きを感じています。

昔ROとかのMMOPRGを「クリックゲー」と言われた事もありましたが、そんな中でも立ち位置だったり、スキルを出すタイミングだったりいろいろ考えながらプレイしてましたが、これはほんと何も考えずにプレイできますね。

おそらくキャラレベルが上がってできる事が増えてくるとオートだけではできない部分も出てくるとは思うのですが、何もかもがオートだとなんだかなーと思う次第。
ゲームデザイン的にキャラレベルと装備が命みたいな面もあるようなので、面倒そうな部分はオートでもそれはそれでいいのかもね。

ログインボーナスやら、デイリークエストやらやることはいっぱいあるので飽きるまでは楽しめそうです。

[Dia3] シーズン ジャーニー 「王者」クリア


前回のシーズンではWDでプレイしていたのだけれど、このリフトを6分以内にクリアする「リフトの破壊者」がクリアできずに虐殺者止まりでしたが、今回はなんとかクリアできました。

SSではあと一つレジェンダリージェムを3つLv35にするものが残っていますが、そこはGRを周回でさくっと達成です。

何気に次のレベルの「破壊者」にもリフトを6分以内にクリアするものがあるのよね。



今現在はラズマの骨セットビルドで、火力的には十分なのだけれど、如何せん防御力が紙。
T12やGR55あたりになると、一発死の頻度が増えてきて、防御系も何か考えないといけなくなってくる。

レジェジェムのエンフォーサーの効果がイマイチ生かされてない感じなので、防御力を上げる精霊の守護石あたりに変更してみようかな。

あと指輪系も今は、属性の集合体とコンパス・ローズなのだが、これらも別のもので試してみたいのだけれど、レジェ指輪の引きが非常に悪い。
前から欲しいと思っている「ネイラジュのエヴォルの輪」は未だに出ないし、ドロップやカダラから出るのはナーゲルリングばかり・・・。
ホント、ムキーとなるw