PS4 Games


日本版 PS4 TERA のオープンベータが11月1日から 4日まで行われてますので、ちょこっと参加してみました。

オリジナルのPC版をベータテストで、止めてしまったので、どうなるのかなーと思いましたが、

んー、やっぱり。て感じでした。

年々アップデートしてきたとはいえ、元は7年前のゲームですからね。古臭さは拭えません。
それの最もな点が、これぞ「お使いゲーム」と言わんばかりのNPCの指示で、あっちに行って~敵何体か倒して~またNPCの元に行って~ の繰り返し。
早々に飽きます。

UIの面はがんばってるなーと思います。
PCのキーボード+マウスに比べて圧倒的に入力数が少ないPS4のコントローラー用に調整してるなーと感じます。
MMORPGとしてはアクション性の高いタイトルですので、戦闘のアクション部分がスポイルされてない作りにはなってました。

スレイヤーとして、初期島から、ヴェリカまでの数時間をプレイしましたが、この辺から敵がちょっと強くなってきて、強化要素とかあれこれ一気に要素が増えてきて面倒くさくなって、プレイ放棄をしてしまいました。

RDR2をプレイ中という面もありますが、MMORPGの例に漏れず、時間の掛かりそうなタイトルなので、正規版が出てもプレイしないと思います;;

PS4 Games


RDR2では犯罪行為を行うと、指名手配されるとともに、懸賞金がかけられます。

通常であれば、自分にかけられた懸賞金は郵便局(手紙のマーク)の場所に行って、懸賞金を自分で支払えば解除となります。

が、時には払えない場合もあります。
具体的にはチャプター2のマイカのミッション。ストロベリーでマイカを脱獄させるのですが、その時保安官とドンパチするので、ミッションが終わった後に懸賞金がかけられてしまいます。


所持金が$200あるかないかの懐事情に対して、懸賞金が$300….。到底払えません。

実はもう一つ、郵便局のほかに懸賞金を解除する方法があります。
法執行官に対して、降伏をすると、所持金が全部なくなり一晩(?)牢に入る事になりますが、懸賞金を解除できます。
(重大な犯罪の場合は、降伏する猶予もないそうですが…)
注目ポイントは「所持金の全て」です。

懸賞金より少ない金額しか持っていなくとも、所持金全て払えばチャラになるわけです。

ということで、キャンプで設備のアップグレードをしたり、寄付をしたりで所持金を減らし、

法執行官に降伏します。

牢屋に入れられますが、

最終的には道中でお肉を売った金の $1.26 で釈放されました。


多分、お金を預けるような施設も恐らく無いでしょうし、懸賞金のかかっているエリアでは偶に賞金稼ぎとも遭遇してドンパチが始まります。賞金稼ぎと遭遇してしまうと多勢に無勢で大体の場合、死んでしまうので、払える金額だったら、素直に郵便局で懸賞金を払った方がいいかと思います。

PS4 Games


アメリカ西部開拓時代を舞台としたオープンワールドゲーム「レッド・デッド・リデンプション2」を予約購入し、週末にぼちぼちプレイしていました。

現在ストーリーとしては、雪山のチュートリアルを終えて、高台のキャンプを作ったチャプター2の….多分半分から後半くらいかなぁ。
近場のミッションは消化していて、
・借金の取り立てミッションに行って、寄付に帳簿追加
・熊狩りミッションに行って、伝説の動物アンロック(熊は狩らずに帰ってきました)
・馬変更 (特典馬のサラブレットに乗り換えました)
くらいかな。

どのミッションかわからないけれど、そのうち釣りに行くミッションもあるようなので、それをこなせば釣竿もゲットできる模様。
釣りができるようになったら、本格的に狩猟生活をはじめようかなぁ・・とも思っています。
ミッションをやらずとも釣り人から無理やり釣竿を強奪することも可能みたいですが…最初は極力善人プレイを目指しています。

こだわりまくりのオープンワールド

GTAV のロックスターですから、オープンワールドの作りこみは尋常じゃないです。
西部開拓時代という世界を作り込む上で、ゲーム的には面倒だったり、変なストレスもあったりしますが、それも込みでの世界観の作り込みなんだな。と思えば、そんなに苦にならないです。
…それでも長押しが多めのUIはアレですが。

狩猟が本格的

RDR2の野生動物は警戒心が強いです。
アイテムで匂いを消したり、デッドアイで風下から追跡しつつ攻撃。
弓は静かに攻撃できますが、引き絞っている間はスタミナを消費するので悠長に構えておくことはできず、さっと狙いを定めてちゃちゃっと射撃するのがコツ。
銃でも狩れますが、あまりバスバス撃つと毛皮に穴が開いてしまうので、狙うのはヘッドショットです。

生活を楽しめるかどうか

話題の大作のRDR2ですが、決して万人受けするタイトルではありません。
・西部開拓時代が好き
・オープンワールドが好き
・ガンでドンパチするのが好き
・ゲーム内で(犯罪も含めて)好き勝手できるのが好き
・狩りをするのが好き
etcetc
それぞれ各人で引っかかる部分があれば、そこからRDR2での生活が楽しめれば、その人の良作になるのではないかなーと思います。

個人的には多少不便な部分がありつつも、これが当時の狩猟生活かーと思いながらまったりプレイするのが楽しいです。

PS4 Games


海外では数か月前にテストがされてた、PS4版の TERA の日本でのβテストが 11月1日から始まるもよう。

PC版はβテストでやめちゃったので・・・2011年。7年前かー。

特に情報を調べてないが、CSになったことでなにが変わっているのか・・・ちょっとプレイしてみたいな。

MonsterHunterWorld

ゾラマグナγシリーズが出たことで、シリーズスキルの会心撃【特殊】 を取り入れた、麻痺装備。
使う武器はガイラアックス・麻痺。

弱点部位では会心率95%出るので、弱点部位を攻撃すれば、ほぼほぼ会心は出ます。

が、使ってみて麻痺をさせる具合はあんまり変わっているような実感ができないんだよなぁ。
マルチで麻痺させられるのは2回くらい。それなら会心撃【特殊】を入れなくても、ガイラ麻痺であればそれくらい麻痺させられるのよね…。

何回か使ってみると、麻痺できる回数が増えているのが実感できるようになってきた。
ネルギガンテとか弱点部位の多い相手では1クエ4回ほど麻痺させられる感じ。

でもまぁ、これはこれとして、会心率も高めの装備なので火力自体も上がっているので、悪くはないと思う。

MonsterHunterWorld

ハンターランク(HR) が600 に到達しました。
今回は妙に時間がかかった気がします。

HR600到達時間は 1,082 時間。
何気に1,000時間超えてます。キモイ。

HR500到達時は 864時間だったので、かかった時間は 218 時間。
HR400 から HR500 の時が 140時間だったので、結構かかってます。
[[MHW] HR500になってました | まみむめも ]

なんでかなーと思い返してみると、歴戦王テオ・テスカトルあたりから、野良救援でのクエスト失敗が増えたような感じです。
歴戦王テオ、歴戦王ナナ あたりは今でもさっくり失敗するときは失敗しますからね。
そして極めつけは、極ベヒーモス。あれは長らく失敗続きでしたからねぇ。
一度クリアして感覚をつかめば、大分クリアしやすくなります。



武器使用量をみてみると、

武器種HR500HR600増加量
大剣1241306
太刀000
片手剣11315845
双剣719019
ハンマー379053
狩猟笛000
ランス1152123684
ガンランス234341107
スラッシュアックス10413228
チャージアックス000
操虫棍6411248
ライトボウガン184345161
ヘヴィボウガン193617
35539035

ライトボウガンの使用回数が圧倒的に増えてます。
これはまあ、マムタロトだな。武器コンプのため、結構周回したからねー。

次いで、ガンランス。
極ベヒーモスで、使ってたのもありますが、ガンランス自体が結構面白い。攻撃パターンのバリエーションが豊富なので、プレイしていて飽きないです。

あとはハンマーも何気に使っていて楽しいです。
マルチではスタンが取りにくいですが、スタンさせればすごい仕事した感がありますw

相変わらず使用0なのは、太刀と狩猟笛とチャージアックス。
別に忌避してる訳ではないのですが、なんとなくまだ手が出てません。
そのうちに・・と思っているうちに結局やらないパターンでしょうか;;
なにかしらきっかけがあるといいのですがねー。

来週にはPS4 にて大型タイトルが発売されますが、 ほそぼそとでも MHW はプレイし続けようと思っています。