[PS4] S-TRIBUTE x TAITO レイヤーセクション 発売

PS4 Gamesアーケード シューティング,レイフォース


4月2日に行われたシュー大祭2022 にてシティーコネクションのサターンタイトル移植プロジェクト(?)の「S-TRIBUTE」がTAITOタイトルに対応を発表し、5タイトルの発表が行われました。

・レイヤーセクション
・パズルボブル 2X & 3
・エレベーターアクション リターンズ
・メタルブラック
・クレオパトラフォーチュン

その第1弾としてレイヤーセクション と 海外版のギャラクティックアタック が 4月28日 に発売されることが決定。
さらにこの後すぐ、4月3日から体験版の配信もされました。

レイヤーセクションはアーケード版のレイフォースのサターン版。とても好きなタイトルで、当時もプレイしていました。
推奨はされてませんが、ブラウン管TVを縦にしてプレイもしてました。

早速1面のみプレイできる体験版をプレイしたのですが、当然のように4:3の横画面がデフォルトです。
ディスプレイ設定で、ガチの縦画面モードもあれば、横型モニタで縦表示にするオプションもありました。

GAME MODE を ARCADE
SCREEN を CONSUMER
にするとモニタは横で縦画面表示ができます。

横画面

縦画面

ちょっと記憶にないけれど、GAME MODEのARCADEって当時もあったかな。
当時のサターンやPS1の縦スクロールの移植でSTRIKERS1945とかガンバードとかは画面がゲーム進行とは別に自機のいる位置で上下にスクロールするモードがあったけれど、それの類だったかなー。
現状のモニタ解像度はスクロールする必要がなくなったって感じなのかな。

追加オプションとして30連の連射機能もついているし、問題ないじゃないですか。

レイフォースはiOS版でも発売はされていましたが、スマホ版はなんか違う感じがしてさほどプレイしてなかったけれど、今回の発表は非常に嬉しい。
もちろん、即購入決定です。

[ S-TRIBUTE xTAITO 公式サイト – シティコネクション ]



これはこれとして、アケアカでのアーケード版レイフォースの発売もいつかあるのでは・・・と密かに期待はしています。
4月はナムコ月間ですが、いずれタイトー月間とかコナミ月間とかやってくれると嬉しいな。