[PSVR] サマーレッスン / Rez Infinite / Rize of the TombRaider


6月末にPSVRを入手したので、これまでプレイしてきたVRタイトルのゲームをいくつか。

サマーレッスン -宮本ひかり/アリソン・スノウ-


[サマーレッスン|バンダイナムコエンターテインメント公式サイト ]
PSVR発表当時はキラータイトルの一つであったサマーレッスン。
基本ゲームパックを購入し、何度かプレイしたが、イマイチのめり込めない。
宮本ひかり、アリソン・スノウ共に実在感は抜群で、インタラクション部分で「おおぅ!」とドキドキする面は無いことはないのだが、結局はそれだけなのよね。
ゲームとしての家庭教師として指導したり、休憩に会話をするのもアイコンを見つめるだけで教えているという感覚も皆無。
あとは周回を重ねるごとにキャラクタの薄っぺらさもどんどん垣間見えてきて、だんだん興ざめしていくことに。
一日の短さ、1プレイの短さがその辺に拍車をかけているね。

その部分は、のちに発売されたアリソン・スノウ版でも変わらず。

VRの可能性を示すタイトルとしては良いが、ゲームとしては微妙でした。


Rez Infinite


3D空間と3Dサウンドとロックオンシューティングの融合タイトル。
これがまたVRとの相性がよい。
ワイヤーフレーム&ポリゴンの世界とテクノな音楽とがマッチしてて、電脳世界を遊んでるという気分になれます。

ステージ3のボスがスターブレードのレッドアイのステージに酷似していて感動。
思えば、スターブレードやギャラクシアン3のような映像重視のコックピット乗り込み型のシューティングはVRとの相性が良いように思える。
UGSFシリーズのVRタイトル化をぜひともお願いしたいですね。


Rize of the Tomb Raider


アドベンチャーコンテンツの「一族の系譜」の系譜がVR対応コンテンツとなっています。

が、いかんせん操作性が悪い。
指定した場所に移動して、その場であれこれ見渡す操作方法なのだが、これが思いのほか酔う。
なんか5分もプレイしてられませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。