モンハンワールドに関すること

MonsterHunterWorld


11月16日から配信されている、歴戦王ゼノ・ジーヴァ。
生まれたての古龍種にして歴戦王とは何ぞと哲学的が疑問もありつつも、歴戦王ヴァルハザク並に魔改造されたモンスターで非常に強いです。
救難マルチに何度も参加していますが、いまだにクリアできておりません…。極ベヒ並の魔境な感じです。

で、ソロではなんとか狩れたので、その装備紹介。
ランス、ガンス、ライト、ヘヴィといくつか試してみましたが、一番安定かつ楽なのは操虫棍でした。

火耐性が20未満ですと、地形の焼けた場所で火やられになって、非常にやっかいですが、熱ダメージ無効スキルにより火やれれ状態にもなりません。対王ゼノ戦では非常に有効なスキルの一つですね。

武器はゲイボルグ。
対ナナと同じように、エキスを三種類集めてから、ジャンプ突進切りを連打するだけです。
赤は頭、白が前足、オレンジが後ろ足or胴 です。存外頭が良く動くのでスピードの速い虫でないとなかなか当てにくいです。

着地したタイミングで、ブレスだったり、地面から噴き出すパワーゲイザーに当たらないように注意は必要ですが、それ以外は結構適当にぴょんぴょん飛んで攻撃していきます。

地面から噴き出す系の攻撃に当たると、一発死することもありますし、死ななくとも属性龍やられになるのでウチケシの実は必ず持っていくことにしましょう。
(属性龍やられ:属性攻撃のダメージが0になる)



追記:過日公開していた属性会心も付いている龍属性の装備から、護石を攻撃から心頭滅却に変えただけの装備も王ゼノでも有用でした。
[[MHW] 操虫棍装備 ゲイボルグ 地上空中 龍属性強化 | まみむめも ]

MonsterHunterWorld


過日、「なんで今頃?」といった感じでHorizonZeroDawn のアーロイの重ね着装備の発表がありましたが、 11月7日(水)唐突にイベントクエストが配信されました。

イベントクエストの「ノラの深奥」は歴戦イビルジョー2体の同時狩猟。
移動ルートが同じになるケースが多くて、こやし玉を当てても、すぐ2匹合流してしまうことも多々あり、結構カオスな状況になります;;

なんとかクリアすると報酬にアーロイチケットが。

例のごとく鍛冶屋のおやじに持っていくと、重ね着の納品依頼が発生します。

必要なのはアーロイチケット3枚と、以前のコラボクエストのクリアチケットのノラ族義勇兵の証も2枚必要なようです。

そのチケットが入手できるイベクエ試練(アンジャナフ狩猟)も配信されているので、問題なく集めることができるかと。

納品して、重ね着をゲットして、さっそく着ようとすると…


やはり、SF5 さくら重ね着同様、一括変更のみの対応のようです。
しかも色変更も対応してません。
…まぁ自社の他IPならなんとでも調整はできそうだけれど、他社のIPだからね。変なことはできないよね。



単純にクエストだけ見ても歴戦イビルの2体同時は、わちゃわちゃして楽しいです。
リーチの短い近接武器の場合、ただでさえ足しか殴れないのに、大型個体の場合それが顕著に出るね;;

イベントとして金冠が確定ですので、金冠救済クエにもなっていますね。

MonsterHunterWorld

ゾラマグナγシリーズが出たことで、シリーズスキルの会心撃【特殊】 を取り入れた、麻痺装備。
使う武器はガイラアックス・麻痺。

弱点部位では会心率95%出るので、弱点部位を攻撃すれば、ほぼほぼ会心は出ます。

が、使ってみて麻痺をさせる具合はあんまり変わっているような実感ができないんだよなぁ。
マルチで麻痺させられるのは2回くらい。それなら会心撃【特殊】を入れなくても、ガイラ麻痺であればそれくらい麻痺させられるのよね…。

何回か使ってみると、麻痺できる回数が増えているのが実感できるようになってきた。
ネルギガンテとか弱点部位の多い相手では1クエ4回ほど麻痺させられる感じ。

でもまぁ、これはこれとして、会心率も高めの装備なので火力自体も上がっているので、悪くはないと思う。

MonsterHunterWorld

ハンターランク(HR) が600 に到達しました。
今回は妙に時間がかかった気がします。

HR600到達時間は 1,082 時間。
何気に1,000時間超えてます。キモイ。

HR500到達時は 864時間だったので、かかった時間は 218 時間。
HR400 から HR500 の時が 140時間だったので、結構かかってます。
[[MHW] HR500になってました | まみむめも ]

なんでかなーと思い返してみると、歴戦王テオ・テスカトルあたりから、野良救援でのクエスト失敗が増えたような感じです。
歴戦王テオ、歴戦王ナナ あたりは今でもさっくり失敗するときは失敗しますからね。
そして極めつけは、極ベヒーモス。あれは長らく失敗続きでしたからねぇ。
一度クリアして感覚をつかめば、大分クリアしやすくなります。



武器使用量をみてみると、

武器種HR500HR600増加量
大剣1241306
太刀000
片手剣11315845
双剣719019
ハンマー379053
狩猟笛000
ランス1152123684
ガンランス234341107
スラッシュアックス10413228
チャージアックス000
操虫棍6411248
ライトボウガン184345161
ヘヴィボウガン193617
35539035

ライトボウガンの使用回数が圧倒的に増えてます。
これはまあ、マムタロトだな。武器コンプのため、結構周回したからねー。

次いで、ガンランス。
極ベヒーモスで、使ってたのもありますが、ガンランス自体が結構面白い。攻撃パターンのバリエーションが豊富なので、プレイしていて飽きないです。

あとはハンマーも何気に使っていて楽しいです。
マルチではスタンが取りにくいですが、スタンさせればすごい仕事した感がありますw

相変わらず使用0なのは、太刀と狩猟笛とチャージアックス。
別に忌避してる訳ではないのですが、なんとなくまだ手が出てません。
そのうちに・・と思っているうちに結局やらないパターンでしょうか;;
なにかしらきっかけがあるといいのですがねー。

来週にはPS4 にて大型タイトルが発売されますが、 ほそぼそとでも MHW はプレイし続けようと思っています。

MonsterHunterWorld

対ゾラマグダラオスで、一番割合の多いのは大砲に砲弾を詰めて、撃ってることです。

そこで砲撃手と運搬の達人を入れて、あとは使う武器に合わせたスキルを組んだ装備。

運搬の達人ということで、やっぱり鳥頭。

武器種としはガンランスをチョイス。
排熱器官やネルギガンテ相手に突き砲撃をします。
ガード性能は積んでいませんがネルギガンテ撃退であれば、ガード性能が無くともなんとかなります。転身もありますし。

MonsterHunterWorld

歴戦王ゾラマグダラオスが配信されました。

軽く予習をしてから、野良救援に参加してみました。

思いのほかさっくりクリア出来てしまいました。
とはいえ、通常のゾラ戦と異なる部分は多々ありますので、きちんと概要を理解してからでないとクリアは難しそうです。

歴戦王 ゾラ・マグラダラオスの注意点

・クエスト時間が短い
25分と結構短いです。序盤の排熱機関の破壊とネルギガンテの対処に手間取ると時間切れの可能性が高くなります。

・排熱機関が活性化(溶岩吹き出し)をする周期が早い
排熱機関そもものの耐久力も上がっているので、ガードやカウンターができる武器種じゃないとツライかも。

・ネルギガンテを撃退しないと先に進まない
通常版ではほったらかしでよかったネルギガンテですが、歴戦王ではきちんと戦って撃退しなければなりません。
時折、ゾラマグダラオスがネルギガンテに向かって溶岩弾を吐き出すのですが、当然ながらハンターにも当たりますので予想外のダメージを受けたりします。

・ゾラマグダラオスの溜め攻撃は、拘束弾でしっかり止める
溜め攻撃を3回くらい(?)されると砦が破壊され、クエスト失敗となります。
溜めを攻撃を止められるのは、タイミングよく怯ませるか、拘束弾でキャンセルさせるか。です。
拘束弾は上はゾラに向かって右手奥のバリスタ弾がある箇所。下は船に降りてきたあたり。
一度使っても時間で(?)復活するので、一つ持っておき、ゾラが力を溜め始めたらバリスタ台から撃って溜めを止めましょう。

・撃龍槍は2回当てる
砦戦の序盤で一度当て、終わり際にリチャージされるので、再度当てる。
砲撃によるダメージをきちんと与えていれば、2回目の激流槍を当てたところでクエストクリアできます。



以上の注意事項を気にしながら戦うとクリア自体は難しくないと思います。

通常版よりは大分クエストっぽくはなりましたが、まだ単調な部分はありますね。
後半、砦が半壊して、最後はハンターたちが生身で撃退だーー! となればそれはそれで胸熱な展開ですが、歴戦王とはいえ元のクエストの展開から大きく変更はできないんでしょうね。