MonsterHunterWorld

古代竜人に話すと持っている武器の利用率とか話してくれます。

ワールドになって、これまでのシリーズに比べてとても使いやすくなったランス。
更にアイスボーンになってアグレッシブなカウンタークローがとても良い調整になって非常に使いやすく、使っていて楽しい武器なので、使っている人は増えているんだろうな・・・と思っている・・が、

相変わらず下から2番目のブービー賞。
利用率としては3%だそうで。

….面白いんだけどなー。ランス。

MonsterHunterWorld

爆破やられが鬱陶しいブラキディオスや、ぐるぐる回転が凶悪化したガンキンとか、バゼルとかに使っているランス装備。

爆破やられ耐性を積んでいるのはもちろん、火耐性も上げているので火やられ耐性にもならないように調整しています。

一瞬、耐属の護石で対応できるかも・・と思いましたが爆破やられは麻痺や毒と同じ状態異常系なので耐属とは別枠なのです。名前がややこしい。



ブラキディオス、紅蓮滾るバゼルギウスには氷ランスを、ガンキンやテオには水ランスを持っていきます。

MonsterHunterWorld

現在、属性ランスを担ぐときは、同じような構成で利用してる汎用型。

Lv2武器スロを使っていますが、武器スロなしの場合は 頭の達人珠IIを外して、痛撃を入れ、見切りをLv7からLv5へ下げて使っています。

属性やられが厄介なことが多いので、護石に耐属の護石をいれてますが、そんなに厳しくない場合は武器に合わせた属性強化を入れたり、匠を入れたり、攻撃を入れたり。

MonsterHunterWorld

金レイア、銀レウスはクリア後に登場するモンスターで、基本はレイア・レウスではあるけれど、尻尾攻撃や火炎ブレスが強力です。

金レイアの尻尾の毒は猛毒なので、すぐに対応しないと恐ろしい勢いでHPが減っていきます。
火炎大ブレスは着弾後、地面にしばらく火炎状態が残るのでさっさと範囲外に逃げないと、これまたどんどんHPが減っていきます。

それぞれ毒・火耐性を組み込んだランス装備。

担いでいる武器は水武器のネロミエールランス。
金レイアの弱点属性は 雷>水、 銀レウスの弱点属性は 水>雷 ですが、水ランスのほうが作りやすいので金レイア相手にもこれを担いでいきます。

MonsterHunterWorld

導きの地のマルチで連戦を行う際、モンスターに合わせて属性を変えるのも大変なので、最大公約数的に無撃運用でのランス装備。

使うランスはティガレックスランスの 轟槍【独虎】。
高い攻撃力もさることながら、長い白ゲージがステキ。

比較的にスロットが多目の装備を選んで、必要な珠を詰め込んだ感じです。

導きの地ならではのスキルは不屈と地質学。
不屈は乙ってもクエスト失敗にならない探索タイプなので、多少の報酬減と引き換えに攻撃力と防御力がアップするスキル。
2回まで、50分と制限はついてますが、乙っても気落ちしなくなります。

地質学がモンスターの落としもの数が倍増。・・・多分これ不具合ぽいので近々修正されると思います;;

あとは、導きの地では落としものをひろってなんぼなので、納刀が早くなる納刀術もつけてます。

MonsterHunterWorld

アイスボーン序盤から、既存の装備は火力不足・防御力不足で厳しい部分があります。

かといって序盤(?)で生産できる防具ではなかなか思ったようなスキルがつけられない・・。
とういうことでブラキディオスを倒した辺りで作成できるマスター防具と既存のβ・γ装備を組み合わせた汎用的なランス装備。

それなりに装飾品が揃っているのと、歴戦王を倒してγ装備が作成できてる既存プレイヤー向けではありますが…。

護石の箇所はフリーです。
特に耐性の必要ない時はランスでの火力スキルとなる守勢の護石を入れてますが、
氷やられや、水やられが厳し時は 属性やられを無効化する「耐属の護石」を、
睡眠耐性が必要な時は「耐眠の護石」を、毒が厳しい時は「耐毒の護石」を、
爆破やられが欲しい時は「耐爆の護石」と、
それぞれ対象のモンスターの特性に合わせて護石をチョイス。
アイスボーンからモンスターの状態異常がかなりキツクなっているので、耐性は非常に重要です。

武器スロット(Lv1x2つ)を使ってガード性能Lv5 にしてますが、武器スロットが無くともガード性能はLv3確保できます。

Lv4装飾品を使っているので、該当のものがねーよ。
って場合は、適当にガード性能や体力増強の付いているマスター装備をチョイスして、匠の代わりに剛刃や砥石でまかなうってのもいいかと思います。