MonsterHunterWorld

MHWでは最後の追加モンスターとなる歴戦王ネルギガンテ用ランス装備。

一発がイタイ攻撃が多いことで、極力被弾を避けるために、頻度が多い咆哮対策に耳栓を。そして弾かれ状態で攻撃されるのを防ぐのに心眼を。
あとはガード性能を5まで上げて、精霊の加護も積んだ装備です。

ネルギガンテは雷属性が弱点なので、皇金の槍・雷を。
なにげに、ハードルが高いと思うのは、鉄壁珠x5個。なかなかヘビー。

MonsterHunterWorld

対エイシェント・レーシェン用のランス装備改訂版。

コメントでガード性能は1でも十分とのことで、ガード性能1にして行ってみたら、大技の削りはさすがにLv3の時より大きいが、なんとかなったので、ガード性能を1に落として、前の装備より会心率を上げた装備。

弱点部位に会心率が90%になったので、それなりの頻度で会心が出るようになりました。
レーシェンのマップ移動まで白ゲージ維持もできることが増えてきてるので火力的にも上がってる・・・・はず。

MonsterHunterWorld

ウィッチャー3 コラボイベントの エイシェント・レーシェン用の装備例

レーシェンに張り付くにあたり、本体の周りを飛んでいるカラスにもゴリゴリHPを削られていくので、武器の回復カスタムは必須かと思います。
それだけでは、回復量が追い付いていかないので回復量UPのスキルも付けています。

攻撃面としては、レーシェンは火属性が弱点なので、火属性武器・・・ちょうど先日のマムタロトから出土した 皇金の槍・王 を使っています。
属性会心のついている武器なので、会心値を高め、合わせて達人芸を組み込んでいます。
それでも弱点部位での会心率は75%。
レイシェン移動まで白ゲージの維持はできていないので、火属性強化をけずって会心Lv7まで上げた方がいいのかもしれません。

MonsterHunterWorld

皇金シリーズで装備を更新しようシリーズ。

今回は皇金の槍・雷をつかった雷属性強化型の装備。
ガイラランス雷にくらべて属性開放後の属性値はガイラより小さいが、重いスキルの属性開放をしなくてもいいし、武器スキルとして会心撃属性がついています。
その分会心を上げる方へスキルを組めるので総合的にはガイラ雷より出るんじゃないかなーという目論見です。

属性強化は護石で行っているので、ほかの属性の武器と護石に変えればほかの属性でも転用できます。

MonsterHunterWorld

ランス用の対歴戦王ナナ装備の再調整。

熱ダメージ無効は限定された装備でしかつけられないスキルのうえ、効果も限定的ではあるけれど、炎のスリップダメージも馬鹿にならない王ナナではあった方がいいかな・・ということで組み込んだビルド。

防御面は風圧無効と熱ダメージ無効で、ナナに張り付きつつチクチクできます。それでもちょくちょくHPは削られていくので、HPバーには注意。

ランスでの立ち回りは難しいね。
羽根を突きで狙うのはコツがあって、ナナに密着すると突きダメージは足や胴に吸われてしまいますが、1キャラ分くらい開けて羽根の付け根あたりを狙うとナナが立っている状態でも羽根に突きダメージが入ります。
が、立ち位置が微妙ですし、地形で高低差が付くと当たらないし、ナナ自体も動き回るので安定して突くのは難しいかなーと。

そういった意味では、どこでも一定ダメージを与える、以前公開しました、ガンランスの装備のほうがプレイしやすいかなーとは思います。
[[MHW] ガンランス装備(拡散型) 対ナナ (風圧無効 火耐性 熱ダメージ無効) | まみむめも ]

MonsterHunterWorld

以前、公開していたナナ用装備のアップデート版。

咆哮や風圧に対するスキル的なものは無いんで、カウンターガードで頑張る。

ナナに対しては弱点部位への攻撃はあまり期待できないので、攻撃できるところをチクチク突いて行きます。
咆哮や風圧をまともに喰らうと復帰が間に合わずナナの攻撃が確定になる場合があるので、きそうだなというときはカウンターができるよう心がけての立ち回り。

歴戦王になって強化されたヘルフレアについては飛び込み回避連打が一番安定。
4回飛び込み回避をすればヘルフレアは凌げます。

武器のアトロシスタワーは他でも使っているものを装備してますが、カスタム強化を回復回復にしてもいいかもしれません。