[Steam] 斑鳩 でPS3アーケードスティックを使う

ikaruga-20140219
2001年にアーケードで稼働開始をしたシューティングゲーム「斑鳩」。

その後も数々のコンシューマ機に移植はされましたが、残念ながら自分の持っている機器にはされなかったのでずっとプレイする機会はなかったのですが、先日 Steam にて配信が開始されました。

値段は$9.99 。約1,000円と安い値段も相成って早速購入。

一応キーボード&マウスで操作できるように調整はされてるものの、この手のゲームはアーケードスティックが基本でしょ!
ということでPS3で利用してるリアルアーケードPro.V3 SA をプスッと刺して勢いよく起動しましたが
アーケードスティクを認識しねぇぇぇぇ

他のSteamでアーケードスティクを使うタイトル(SSF4)を試してみたけど、こちらは問題なく動いているのでスティックの故障ではない模様。



いろいろ調べてみるとSteam版の斑鳩はXbox360用のコントローラー(XInput)にしか対応してないようで、PS3用のスティックを使うには一手間必要みたい。

Xbox360コントローラーのエミュレーター(x360ce)を利用します。

配布サイト( http://code.google.com/p/x360ce/ )より最新のアプリとライブラリをダウンロードする。
(2014/2/20現在では x360ce.App-2.1.2.191.zip と x360ce_lib32_r848_VS2010.zip が最新)
ライブラリは32bit版 (x360ce_lib32_~) と 64bit版 (x360ce_lib64_~)の二つがあるが、今回ダウンロードするのは32bit版の方。
(* ライブラリは使うソフトに合わせて利用するので、64bit版のOSを利用してても、32bit版のライブラリをダウンロードする)

アプリの x360ce.exe とライブラリの xinput1_3.dll を適当なフォルダを作って、そこへコピー。

x360ce.exe を起動すると「x360ce.ini ファイルを作成する?(意訳)」と聞いてくるのでそのまま YES。

2014-0220_x360ce
認識されているデバイス名が合ってるか確認をして、そのままNext。

2014-0220_x360ce2
ボタンのレイアウト等もここで変更できるけれど、ゲーム内でもボタンコンフィグはできるので、ここはそのまま右下の「save」。

作成された x360ce.ini と xinput1_3.dll をSteam の斑鳩がインストールされている場所へコピー。

特に初期設定からいじってなければ
C:\Program Files\Steam\steamapps\common\Ikaruga
へコピーすればOK。

あとはふつうにSteamから斑鳩を起動。 x360ce のワーニングが出ることもあるけれど、問題なく動いているぽいので気にせずスタート。

アーケードスティックでプレイできるようになりましたー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。