[misc] 年の瀬 2017

大晦日ですな。2017年ももう終わりです。

今年1年振り返ってみると、それなりにゲームをプレイしてきました。

Horizon Zero Dawn


グラフィックと世界観とプレイフィールがとてもよくて、個人的GOTY2017に挙げるタイトルです。
フォトモードの機能もゲームのおまけとしては充実しすぎていて、フォトモードのためにプレイし続けちゃう魅力もあります。
[Horizon Zero Dawn – まみむめも ]

NieR Automata


ストーリーと演出がとてもすばらしかったタイトル。これも個人的GOTY2017に挙げたいです。
[NieR Automata – まみむめも ]

Ys8 〜Lacrimosa of DANA


昨年VITA版で発売したイース8のPS4版。
昔からの懐古イースプレイヤーとしてはイース7のからのプレイヤー切り替えアクションはなんかぽくないなーとは思うのだが、評判はいいのよねー。
これが世間の流れというものなのか。
確かにアクションゲームとしてのプレイフィールはとても良いです。唯一キャラクタのモデリングがアレですけど、VITAからの移植ではなく、PS4主体での開発に移行すれば自然にクオリティは上がって来るのかな。とは思います。
[ Ys8 Lacrimosa of DANA – まみむめも ]

魔法大作戦

M2ショットトリガー第三弾。
オリジナルのアーケードモードの移植クオリティはもちろん。M2ガジェットや、デュアルモードなどプラスアルファの追加要素のクオリティがすごい。
アーケードシューティング好きとしては、ここ1、2年の移植の多さは大歓迎です。
M2では次回はケツイが決まっていますが発売日とともにその次のタイトルが何になるのか気になるところであります。

Life is Strange

アドベンチャーゲームのメタ要素をゲーム要素として、ストーリーも面白かったタイトル。
アメリカのハイスクールを舞台として、海外ドラマ風の構成もよくできてた。
追加ストーリーの前日譚が日本でも発売決定しているようだが、発売日は未定。楽しみです。

この世の果てで恋を唄う少女〜YU-NO

アドベンチャーゲームの不朽の名作で、これもまたタイムリープな要素のタイトル。
「時間は可逆だが歴史は不可逆」という理論のもの構成されたADAMSシステムがYU-NO以降活用されてないのが残念なところ。
PS4版へのアレンジとしてキャラデザインが変更されたが、個人的にはこの変更はマイナス点。
YU-NOはもうちょっと原作に近い大人っぽいデザインで欲しかった。
あと、追加DLCが最悪でした。単に他作品の宣伝に終始した内容で、負の感情しかなかったです。
そのほかのゲームとしての部分はとても丁寧に、当時不便だった部分も快適に変更され、良作にまとまっています。

Rez Infinite


今年はPS VRを入手したのでVRタイトルもいくつかプレイ。
その中でRez Infinite がVR空間をうまく使っているなーと感じました。
VRタイトルは他にもいろいろプレイしたいなー。

再プレイ
・The Crew
・The Witcher 3
面白いタイトルはいつやっても面白いです。

Guild Wars 2


2012年から継続プレイしているMMO RPG。
今年は第2弾拡張パックの Fire of Path が実装され、マウントが登場し行動範囲がまた広がった感じです。
現在、Winterdayのイベント最中ですが…正直ほとんどプレイできてないです;;
ま、このゲームは細く長くプレイしていきます。



来年もプレイしたいタイトルが多々あります。モンハンワールドやTheCrew2、Farcry5等々。
新しいタイトルだけでなく、積んでるタイトルもプレイしていきたいです。