[GW2] GuildWars2 Path of Fire SoundTrack

PoFのサントラがAmazonとiTunesで配信が開始された模様。
[ The Guild Wars 2: Path of Fire Original Soundtrack Is Now Available | GuildWars2.com ]
40曲入って $8.99 。

一応日本のAmazonでも取り扱いがあって

1,500円。

一方iTunesでも取り扱いがあって

こちらは少し安い 1,350円。

どちらで買うかは、それぞれの音楽環境次第で。

それとHeart of Thorns も同じようにサントラのリリースがあったのね。全く気づかなかった・・。
HoTの音楽は SoundCloud でも公開されてるので積極的に探してなかったというのもあるけれどね。
[ ArenaNet | Arena Net | Free Listening on SoundCloud ]



それにしても、GW2の音楽は良くも悪くも耳に残らないのよね…。
音楽自体がそれほど前に出てこないのもあるけれど、決まった場所で同じBGMが流れるケースは多くはないし、GW1の音楽も使ってるしね。

聞けば、『あー、GW2の曲ね。』と分かるけれど、曲からシーンがあまり紐づいてない;;
曲自体のクオリティはすごいんだけどねー。

[GW2] Mad Memoires Backpack

過去のハロウィンイベントでMad Kingな本型のバッグアイテムが出てたけれど、それらのアイテムが未取得の方はスキンを取得できるアチーブイベントが今回のハロウィンで追加されてました。

詳細な流れはDulfyさんで。

[GW2 Mad Memoires Backpack Achievements Guide – Dulfy ]

LAにいるNPCに話しかけて、アチーブをアンロックし、スキャナーを使ってアチーブを取得していきます。

次のアチーブもアンロックしていくので同様に。今度は枠付きの敵とかも出てくるので、ある程度人数がいると楽かも。

さらに次のアチーブがアンロックされます。今度はスキャナーは使わないけれど、ハロウィーンのアチーブを取得していかなければなりません。
ハロウィンの装備一式を揃えるアチーブがダンジョンの Ascent to Madness に行けないので、キャンディーコーンでレシピを取得して作成。
ほかにもカービングパンプキンを150個とか、パラワージョーコーの子分を150体倒せとかが面倒だった。
最初ジョーコーの子分て何よ。と思ったがアウェイクンのことだったのね。
こればかりはハロウィンのマップではなく、PoF の The Desolation マップにいる輩を倒さないといけない。
アウェイクンに限らないがPoFのマップの敵はリンクしやすく、次から次へと敵が来るのでソロでプレイしてると結構大変なのよ。

そんなこんなで

3種類ゲットです。

さらにもう一段階透明なものもあるようなのですが、Lunatic Armor Set の全アンロックが必要らしいので、今回は無理かなーと。
ほかの2タイプ 6×2 種類のレシピをアンロックするほどキャンディーコーンを集められないよ。
お金も先日のグリフォン獲得で大分使っちゃったし。

多分来年もあることを期待して、来年に持ち越しかなー。

[GW2] ハロウィーン 2017


今年もハロウィンの時期がきました。
昨年はほぼ、追加コンテンツがなかったので、今年もその流れかなーと思っていたのですが、思いの外あれこれ追加(変化?)要素がありました。

[ Shadow of the Mad King | GuildWars2.com ]

ラビリンスにマウントレースが追加されたり、ダンジョン扱いのAscent to Madness が追加されたり。
それぞれのコンテンツをプレイするアチーブも追加され、リワードとしてアーマー(Lunatic Armor Set)の各部位がもらえます。

[ GW2 Halloween 2017 Festival Guide – Dulfy ]

ソロプレイヤーとしては、ダンジョンのAscent to Madnessが鬼門かなー。ソロじゃ到底クリアできないし、ダイナミックイベントのように他のプレイしているグループにしれっと混ざることもできないしねw

あとは、デイリーアチーブがハロウィンのアチーブと別扱いになりました。
以前はデイリーアチーブの一部として扱われてたハロウィンのアチーブが、LivingWorldの追加マップのアチーブと同様に単独で扱われるようになりました。
これが、ハロウィンだけなのか、今後のイベント関連がこうなっていくのかは不明ですが。
これまでがイベント開催時のデイリーアチーブ取得が楽すぎでしたからねー。



とりあえず、毎年恒例のクロックタワーに登ってきました。
これは例年と変わらず、いつもの感覚でさくっとクリアできて一安心です。

[GW2] グリフォンげっと


グリフォンゲットのミッションもあとわずか。

グリフォンの巣にもどり、祭壇に供え物を捧げて、コーミルライブラリーへのポータルのキーをゲットする。


ライブラリーに点在する宝箱を開けて、Open Skies: Sunspear Wisdom のアチーブをこなしていきます。

宝箱を開けるにはキーが必要で、ライブラリー中に俳諧しているシルバーリングのエリートMOBがドロップします。
それぞれ特徴のあるエリートMOBだけれど、ソロでもなんとか撃破可能です。
(ハーピー?のエリートMOBだけは、削っても削ってもHPを回復してしまうMOBが寄ってきて、削り切れず断念;;
エリートMOBの種類とキーの種類がリンクしている訳ではないので、倒しやすいエリートMOBを狙うが吉。

巣に帰還し、インスタンスマップにてボスと対決。

このボスはある程度HPが減ってくるとバリアを張ります。
そのバリアは周りにいるグリフォンにのって、グリフォンの騎乗攻撃(1キー)にて破壊することができます。

で、ボスを撃破することで

晴れてグリフォンをゲットです。



一通りやってみて人がある程度いないとキツイなーってのは、 Crystal Oasis のレジェンダリーバウンティ をやるやつかな。

あとDesert Highlandsの Second Spear Nayrim を守りつつ、最後にチャンピオンMOBと戦うやつかな。
2,3人くらいで何度か参加したことがあったが、Second Spear Nayrim が死んでしまってイベント失敗になることがあった。

その他のグループイベントは、同じようなことをやっている人3,4人ほどいればクリアできそうな感じですね。

ストーリークリアが前提だし、お金も250Gくらい使うので、プレイしたての方には敷居は高いけれど、グリフォンはあったほうがよさそうなマウントですね。

[GW2] グリフォンへの道 その2


グリフォン取得へのアチーブ「Open Skies」をちまちま消化中。

・The Desolation

・Domain of Vabbi

必要なグループイベントもほかのマップに比べて敷居が低いようで、結構あっさり参加できて取得できてしまいました。



Desolationのレナウンハートイベントのキャラは

GW1のHeroキャラとしても登場したダンクーロだったのね。

GW1のストーリーの中で彼の息子の魂はミストにとらえられて、大変だったような気がしたけれど、彼の魂もまた捉えられているような気がしないでもない。




さて、残るはいくつかのミッション。
そろそろ終わりが見えてきた感じがします。

[GW2] グリフォンへの道 その1


先日PoFのストーリーをクリアしたので、グリフォン取得へのミッションをちまちまこなしているところです。

例のごとく流れは Dulfyさんで確認をしながら。
[ GW2 Griffon Mount Collections Guide – Dulfy ]

大まかな流れはストーリークリア後、グリフォンへの巣を訪れ、「Open Skies」のアチーブをアンロックします。
Open SkiesのアチーブはPoFで追加されたマップごとに子アチーブが設定されていて、それぞれのマップのアチーブを取得していきます。
全てのマップのOpen Skiesアチーブを取得後、いつくかのクエストをこなして、グリフォンゲット。
となるようです。

現状は
・Crystal Oasis

・Desert Highlands

・Elon Riverlands

のアチーブが完了しました。
子アチーブの中にはソロではクリアできないグループイベントが一つ以上ありますが、運良く他のプレイヤーが攻略している場面に便乗できました。
残りの2マップでも、そうあってほしいなー。