[GW2] Camera関連

カメラ関連の変更が3/10(現地時間)に来るとか。

[ Get Ready—Camera Changes Are Coming! | GuildWars2.com ]

具体的には
・コリジョンの調整
・FoV(視野)のスライドバー追加
・一人称カメラの追加
みたい。

コリジョンの調整については、今までキャラクタの通る部分の障害物が多い場合カメラがガクガクになっていたのが、スムーズに流れるように調整が行われる模様。

FoVについては、今まで設定項目は無かったけれど新たにスライドバーが追加され、今までよりもより引いた視点からでもプレイできるようになる模様。
今までもワールドボス戦など限定的にFoVが広くなってたけれど、それが意識的にできるようになったという認識かな。
gw01_2015-0228-bb8afCamera-Changes

一人称視点は言わずもがな。自キャラ視点になり自キャラが見えなくなるカメラ。
これまでも壁際とか場所限定でしかできなかったのが、任意に。背景撮影が捗るね。

これらについては先日放送されたLiveStreamで説明があり、Camera Changeの部分を切り取って編集した動画をDulfyさんでアップされてたので拝借です。

[ GW2 Ready Up Livestream Upcoming Camera Changes – Dulfy ]

[GW2] ひつじー

gw723
Lunar New Year イベント でNPCが販売している Divine Lucky Envelope 。そこそこのお値段はするが、それぞれ購入できるのは一日一回だけで、8割方の金額が戻ってくる販売アイテムが出るので実際にはそれほどオサイフが痛くは無い。

一応当たり(?)は BackItem の Lucky Ram Lantern と思う。

が、まれに
gw731
9G近くで売れる Ornamental Golden Trophy なんてのも出るので侮れない。

目当ての Lucky Ram Lantern が出ないくて、トレポで買ったほうがいいんじゃないかと思いながらもエンベローブをポチポチすること数日。
今日もまたでなかったな…とフトインベントリを見てみたら
gw733
….あ、あれ? いつの間にか出てたw
gw735
全く気が付かなかったよ。

ま、無事 Lucky Ram Lantern を手に入れたということで、早速 Lucky Great Ram Lantern へ強化。
強化はミスティックフォージへ。
gw01_2015-0217
Bottle of Elonian Wine はミスティックフォージそばのNPC Miyani から購入。
gw736
gw737

じゃーん。と Lucky Great Ram Lantern の完成。
gw739
無印とくらべて提灯の部分が大きくなっているね。
どのキャラに装備させようか迷うところ。

[ GW2 Lucky Ram Lantern Backpieces – Dulfy ]



また2/17未明よりGemStoreが更新でGW1のドラゴンフェスタでおなじみのマスクがGW2にも登場。

gw740

gw741
ナインリングにで放置してるといつの間にか5,6個に増えてるアレです。

GW1からのプレイヤーとして感慨深いものがありつつも、正直不細工なマスクより
gw742
ファンシーな Ram Balloon の衝撃のほうが大きすぎてw

なんで今年はこんな牡羊推しなんだろうね。
中国と日本の干支は同じらしいので、未年にちなんでるとは思うのだけれど。

[GW2] Lunar New Year イベント

なんかいつの間にか Dragon Bash 的なイベントが始まってました。

gw706

[ Guild Wars 2 Forum – Game Release Notes – Game Update Notes – February 10, 2015 ]

PvPイベントのDragonBall Arenaや新しいOutfitや武器スキンとかが追加されてました。
gw703
[ GW2 Imperial Outfit Gallery – Dulfy ]

[ GW2 Crimson Lion Weapon Skins Gallery – Dulfy ]

gw704
イベント会場はDivinity’s Reach の西 The Crown Pavilionのエリアです。

[GW2] Point of No Return エピソードクリア

長らく週末にやろうやろうと言いつつ、プレイ出来てなかったLivingStory2 エピソード8「Point of No Return」をクリアしました。

gw693

序盤は Marjory と共にヒーローゴーストと神殿を守ったり
gw641

クリスタルを運んだり
gw644

….これって、もしかしなくともGW1 のクリスタルデザートでのミッションじゃね?
絶望の砂漠

イロナ

超越とかしちゃうのかね?w



後半は Caithe の記憶の場所で先のイベントで取得したトーチを使って
gw658
洞窟の奥へ。

そこで Caithe と再会し、Shadow of the Dragon を倒してクリア。
gw665

gw669

gw674

Shadow of the Dragon 戦の後半で投げ入れられるトーチの炎をまとって、火をつけて回るところは最初ソロじゃ火をつけきれないと思っていたが、どうやら火を消してしまう影みたいなのがいるらしく、そいつを倒すように立ち回ると結構あっさりクリアできました;;

最後は拡張パックのHeart of Thorns の動画が。
…エピソード2はこれで終わりで次は拡張パックってことなのかな。
なんとも中途半端な感じはするが….。

[GW2] 日本語版についての妄想

gw01_2015-0128-35
[ Guild Wars 2: Heart of Thorns ]

GW2 初の拡張パックがでるということで、一部では日本語版についての話題もあったり。
と、いうのも過去GW1で日本語版がリリースされたのが、英語版で拡張パックのfactionsが出たときとほぼ同時期だったために、今回も….ということではあるが正直可能性は….て感じ。



(以下は私の妄想であるため、事実と異なっていると思います。)

昨年5月に中国版がリリースされ、好調であるようだがその後他にローカライズされるような情報はでていない。
韓国のゲームイベントであるG-Starでも数年前には韓国語にローカライズされ、プレアブルで出展されてたと記憶してるが、2014年では特に大きな出展もなし。
今現在に至るまで韓国版に関しての情報は公式サイトにはなにもない。

思うに韓国版、ひいては日本語版についての進展がないのは、ArenaNet 側ではなく、NCSOFT 側に問題があるのではないかと思う。

NCSOFT 内の主力は未だにリネージュ。AION や B&Sもイマイチふるってない状況。
リネージュエターナル等開発中のタイトルはありつつも、サービス開始は再来年とかまだまだ先。

一応昨年にパブリッシング契約の話題もあったがこれまで何かしら目につく情報があったかというと….特にないよな。
[ NCSOFT Guild Wars 2 日本サービスのためのパブリッシング契約を今年5月に締結 – DAMAB.net ]

昨日Kultur さんで
[ ネクソン、NCSOFTへの株式投資を「経営参加」に転換。NCSOFT側は反発 – Kultur ]
こんな記事もあったして、もしかするとNCSOFTはGW2を韓国や日本で運営する余力がないのかもね。

一応ArenaNetはNCSOFTの子会社という形にはなっているけれど、ArenaNetにはNCSOFTから半ば独立してるようであんまり影響を受けてないような気がする。
現在のGW2の欧米サービスはArenaNetが運営してるし、中国では法律の関係で現地法人(KongZhong)が運営を行っている。

ArenaNet が日本窓口を作って対応してくれるのがベストではあるが、NCSOFTの子会社である以上、NCJを無視することはできない。
かといってNCJにはやる気(余力)がない。

GW2 の「日本ローカライズ版」は壁が高すぎるなー。
密かに「日本語テキストが実装される」くらいを期待するしかないのかな…。

今年は何か動きがあることを期待します。