[GW2] 6/23 パッチノート

tumblr_noebngmHNZ1tmeg9oo1_1280

オフィシャルな情報ではないですが、海外のいくつかのファンサイトへ情報が早期リリースされているようです。
[ ArenaNet sent us the entire Patch Notes for next week’s build (Tuesday 23/6) | Dragon Season ]

スキル関連は先日のスペシャリゼーション関連で出てるので、それ以外をざっと機械翻訳で斜め読み。

・The Build タブ
ヒーローパネルから Skill & Trait のタブが無くなり、代わりに「Build」タブが設置されます。

Traitシステムは大幅に変更となり、名称もSpecializationと変わり、レベルに応じて3つのラインを選択してキャラの特性を決めていく形になるみたい。

今までトレイトで5ラインをポイントで特性づけをしていたのが、3つのラインに絞られることでより、そのキャラが特化した形になる模様。それゆえに名称が「Specialization」なんじゃないかな。と。

また Specialization の Build は PvE, PvP, WvW それぞれ別に構築できるみたい。

・The Training タブ
スキル関連の設定を行うタブ。

これまでの「スキルポイント」が「ヒーローポイント」と名称が変更。
用途的にはこれまでのスキルポイント同様、スキルやスペシャリゼーションのアンロック用のコストとなるみたい。
またヒーローポイントと同種の固有名詞に「Spirit Shards」が出てます。
Spirit Shardsはベンダーでアイテムと交換するためのもので、ウォレットに表示される。

…これまでスキルポイントと交換してたけれど、今後はヒーローポイントはアイテム交換に用いず、スピリットシャードがそれの代わりになるってことかな。
スピリットシャードの入手はデイリーアチーブやらボスドロップの袋からとかあるみたいだけれど、ヒーローポイントとの関わり合いがイマイチよく分からないんだよな。
ヒーローポイントがスキル等のアンロックにしか使えないとなると膨大に余りそうな気がするのだが…。

パッチノートではスキルのアンロックの仕方をStep1,Step2 と手順が記載されてますが、実際に画面を見ないとイマイチイメージが湧かないです…。

またLivingStoryシーズン2から追加されてたヒールスキルの Antitoxin Spray は無くなるみたいです。

その他、特性ポイント関連項目でエキゾチック装備とアセンデット装備との属性値の差は5%でしたが、差が10%に開く調整がされる模様。
半ば趣味装備だったアセンデットだけれど、WvWとかでは必要になってくるのかねー。

[GW2] コンディション&ブーン アップデート

tumblr_npe1bkZJmE1tsmq13o1_1280

[ Guild Wars 2 Forum – Guild Wars 2 Discussion – June 23 Specialization Changes ]

6/23(現地時間)にスキルアップデートが来るようで、その際にコンディションとブーンが大幅に変更になるようです。

各プロフェッションごとに様々なスキルやトレイトに影響してるのでリストの内容がとんでもなく膨大です…;;;

とりあえず代表的な部分から..。

■コンディション

・All damage conditions will now stack up to 1500 times.

…ふぁっ!? 1500もスタックするの?
コンディションは13種類。今まで1コンディション25まで、中にはスタックしないものもあるけれどスタックするとして 13×25 = 325 スタックなので、単純計算で5倍近くスタックできるようになるのか。
今までボス戦とかコンディションビルドは空気だったからな・・・こんだけ乗ればコンディションも意味が出てくる…かも?

・Bleeding (出血)

・The formula for this condition has been re scaled to account for this new behavior.of damaging conditions and to push more focus on the damage onto the condition damage stat.
・New damage over time: 2+(0.3*Level)+(0.075 * Condition Damage)

旧計算式は (0.05 * Condition Damage) + (0.5 * level ) + 2.5 なので、Lv80 CD1,000 として
旧:(0.05 * Condition Damage) + 42.5 = 92.5
新:(0.075 * Condition Damage ) + 26 = 101
となります。
単純な1秒ごとのダメージ数も上がりましたが、計算式もCondiDamage が影響する割合が大きくなりましたので、ConditionDamage を積むメリットが出てきます。

・Burning (火傷)

・This condition will now stack in intensity. The formula for this condition has been re scaled to account for this new behavior.of damaging conditions and to push more focus on the damage onto the condition damage stat. Creatures that apply burning have been re-balanced to account for this change.
・New damage over time: 7.5+(1.55*Level)+(0.155 * Condition Damage)

これまでは持続時間がスタックしていましたが、強さのほうへスタックとなる模様。
旧計算式 (0.25 * Condition Damage) + (4 * Level) + 8 / Lv80 CD 1,000 キャラで
旧:(0.25 * Condition Damage) + 328 = 578
新:(0.155 * Condition Damage) + 131.5 = 286.5
スタックする属性が持続時間と強さと異なるので単純な比較はできませんが、出血に比べても大きなダメージなので『持続時間は短いがダメージが大きい状態異常』という特性はそのままぽいです。

・Confusion (混乱)

・This condition now has two damage components. A damage over time, as well as the damage dealt when an ability completes. The damage has also been normalized between all game modes. The formula for this condition has been re scaled to account for this new behavior.of damaging conditions and to push more focus on the damage onto the condition damage stat.The skill use damage will also now trigger when the affected target is interrupted during skill activation.
・New damage over time: 2+(0.3*Level)+(0.04*Condition Damage)
・New trigger damage: 3.5+(0.575*Level)+(0.0625*Condition Damage)

これまではアクションをトリガーとしたダメージしか発生しませんでしたが、今後は持続時間によるダメージも発生するみたいです。
旧計算式 10 + (1.5 * Level) + (0.15 * Condition Damage) / Lv80 CD 1,000 キャラで
旧:130 + (0.15 * Condition Damage) = 280
新:(26 + (0.04 * Condition Damage) = 66 ) + (49.5 + ( 0.0625 * Condition Damage) = 112) = 178
持続ダメージが付加されたことで、トリガーよるダメージは6割くらいに減ってます。

・Poison (毒)

This condition will now stack in intensity. Poison’s healing reduction will not depend on number of stacks. Any poison will result in a static -33% (same value as live). The formula for this condition has been re scaled to account for this new behavior.of damaging conditions and to push more focus on the damage onto the condition damage stat. Creatures that apply burning have been re-balanced to account for this change.
New damage over time: 3.5+(0.375*Level)+(.06*Condition Damage)

火傷と同様、スタックする項目が持続時間から強さへ変更となります。 ヒール効力の33%減はスタック数に影響しない模様。
旧計算式:4 + Level + (0.1 * Condition Damage) / Lv80 CD 1,000 キャラ
旧: 84 + (0.1 * Condition Damage) = 184
新: 33.5 + (0.06 * Condition Damage) = 93.5
一秒ごとのダメージ数も火傷と同様、旧計算式から半分近くにはなっていますが、スタックできる数と CondiDamege の数値で大きく変わりそう。

・Torment (苦痛)

The formula for this condition has been re scaled to account for this new behavior. of damaging conditions and to push more focus on the damage onto the condition damage stat.
New damage over time: 1.5+(0.225*Level)+(0.055*Condition Damage)
New damage while moving: 3+(0.45*Level)+(0.11*Condition Damage)

これまではキャラクタが動いている際に2回ダメージが発生する仕様でしたが、移動してる際は別計算式になります。
旧計算式:(0.0375 * Condition Damage) + (0.375 * レベル) + 1.875 / Lv80 CD 1,000キャラ
旧:(0.0375 * Condition Damage) + 31.875 = 69.375 *2 = 138.75
新:((0.055 * Condition Damage) + 19.5 = 74.5) + ((0.11 * Condition Damage) + 39 = 149) = 223.5
持続ダメージも動いた時のダメージにもUPしてます。

・Vulnerability (脆弱)

This condition was changed so that it not only increases direct damage, but it will also increase condition damage as well. Each stack will increase direct damage by 1% and condition damage by 1%.

直接攻撃だけでなく、Wellやコンディションダメージも 1% アップするようになる模様。

・Slow

This new condition is now present on some profession abilities and slows the activation of skills by 50% while active.

なんかよくわからないけれど、スキルのリチャージ時間が2倍になるって認識でいいのかな?

■ブーン
・Quickness (クイックネス)

This buff is now a boon.

特定のスキル専用のバフから、ブーン属性になったので Boon Duration が持続時間に影響してきます。

・Resistance (レジスタンス)

This new boon is now present on some profession abilities and causes all conditions currently on your character to be ineffective for its duration.

状態異常が無効になるブーン。HotSからの追加されるブーンみたい。

・Vigor

Decreased the endurance regeneration rate from 100% to 50%.

これまで100%増だったエンデュランスの回復速度が 50%になります。



このほかに各プロフェッションごとに多数のスキル・トレイトに合わせた修正があるのですが….割愛!

[GW2][HoT] Closed Beta Testing on May 26

gw01_2015-0523-ff78cBiome-Floor
[ Closed Beta Testing on May 26 | GuildWars2.com ]

拡張パック「Heart of Thorns」の次のCBTが5/26(現地時間)に行われる模様。

スケジュールとしては2時間ごとのブロックで3回行われるみたい。

Testing will begin on May 26, and will run in 2 hour blocks with breaks between each block. The schedule is as follows:

11:30 a.m. Pacific Time (UTC-7) to 1:30 p.m. Pacific Time (UTC-7)
3:30 p.m. Pacific Time (UTC-7) to 5:30 p.m. Pacific Time (UTC-7)
7:30 p.m. Pacific Time (UTC-7) to 9:30 p.m. Pacific Time (UTC-7)

日本とは16時間時差があるので
・5/27 AM3:30 ~ AM5:30
・5/27 AM7:30 ~ AM9:30
・5/27 AM11:30 ~ PM1:30

となります。

今回はメールが来るといいなぁ…。も一回ニュースレターに登録しとこ。

でも5/27って思いっきり平日だよな。しかも午前から出なきゃいけない会議があるから休むに休めねぇよ;;

ちなみにNDAは無いようなので、当日もいろいろ情報が出ると思います。

[GW2] ライオンズアーチ 復興開始

gw01_2015-0520-fbbb3LA1
[ Lion’s Arch Construction Nears Completion; New Player Poll Announced | GuildWars2.com ]

LivingStory でスカーレットに襲撃され壊滅的な打撃を受けていたライオンズアーチですが、復興作業が開始された模様。

破壊された建物はあらかた撤去され、湖沿岸にはメガフロートみたいなのができてます。
gw820

gw822

gw823

gw824

gw828

gw835

gw842

gw844

gw848

建物もどんどん骨組みが組まれているようで、また大きくライオンズアーチが変わりそうです。

とりあえずVISTA巡りしてきました。

何かしているアスラがいるな…とおもったら
gw833

測量してました。

この辺の芸の細かさは、さすがArenanetだな。

あと今頃気が付いたのだが
gw831
このサークルはArenanetのロゴを模してるのだろうか…。
gw01_2015-0520-arenanet

[GW2] Guardian’s Elite Specialization

Wings-of-Resolve-F2

[ Meet the Dragonhunter: Guardian’s Elite Specialization | GuildWars2.com ]

最近情報収集をさぼってるので詳しくは内容を確認してはないのですが、HoTで現在のプロフェッションで装備できない武器種も該当のSpecializationを取得することで使えるようになるという情報は既報でしたが、その中でガーディアンのエリートスペシャリゼーションのひとつ「Dragonhunter」の動画が公開されてました。

ガーディアンが弓を持つのもなんか変な感じではありますが、足止めをしている鎖のあたりなんかはSpritWeaponな感じですよね。
そしてドラゴーンな弓もたぶん新スキンだよね?

元の公式記事は後半もいろいろ書いてあるけれど、翻訳通してもよく分からなかったので割愛でw

[GW2] 運営によるチーター処理

[ 『Guild Wars 2』のチーターに運営が激烈処分―全裸で投身し、キャラ削除 | Game*Spark – 国内・海外ゲーム情報サイト ]

GW2の運営チームの方がチーターのアカウントについて装備を装備を捨てて、投身し、その後キャラ削除まで行う動画を投稿したみたいです。

GW1の頃からArenanetはBAN行為でパフォーマンスを行う事があったので、これもその一環ではあると思うのだけどね。



個人的にはこんなリアルな見せしめよりも、GW1でのDoom登場のようなゲーム内での演出のほうがいいなぁ。