MonsterHunterWorld


秋のアステラ祭 【豊穣の宴】が開催中。

春、夏と続いて3回目のアステラ祭。集会所がハロウィンチックに装飾されていました。

アステラ祭【豊穣の宴】で追加されるもの

・ハーベストシリーズ装備 (豊穣チケット)


ログインボーナスやバウンティ報酬でもらえる「豊穣チケット」で作成できるハーベストシリーズ装備と重ね着。



防具スキルとしては微妙だったので、主に重ね着需要のほうが大きいかも。ハロウィン系なので次期を選びますが;;
染色で色が変わる部分も結構大きいです。



・モスフェイク / アイルーフェイク の重ね着 (フェイクチケット)


通常のリオレイアとリオレイア亜種を狩猟するクエスト「ふたりの女王」のクエスト報酬でもらえる「フェイクチケット」を元に作成できます。



・フワフワの羽根箒 – フワフワの慈愛 (フワフワチケット)

睡眠属性のついた双剣。
性能的には・・・・うーん微妙。青ゲージは長目ですが、匠5をつけても白ゲージは出ません。
前の祭りの時のランスの団旗槍もそうだけれど、この微妙な性能の武器の追加はなんなんだろうか。。。見た目重視のネタ装備って位置づけなのかなぁ。

下位のイベクエスト「日がくれるまでの短い間」プケプケとトビカガチの狩猟クエストのフワフワチケットで生産できます。

歴戦受付嬢

アステラ祭恒例の受付嬢達のコスチューム変更。今回はハロウィンちっくな衣装になっております。

わが受付嬢は..


紫枠がついて、歴戦個体となりました。ちょっとコワイ。



そんなこんなで、アステラ祭は10月5日まで開催。既存のイベントクエストもほぼ配信されてますので、やることは…..マムタロト周回。
追加武器は半分くらいしか揃ってないので、せこせこ周回します。

MonsterHunterWorld


本日9/7より、約1か月歴戦王クシャルダオラが配信されます。

ということで、今週のバウンティは…

クシャルダオラの討伐があります。

閃光は効かなそうだ・・というこで、近接武器でクシャに行く場合やっかいなのが風圧なので、クシャ装備のシリーズスキル風圧完全無効を入れた装備をさくっと作成。


クシャγシリーズが入れればもうちょっとスキル詰めるけれど、そのためには歴戦王クシャを倒さないとねw

とりあえず安定のランスで行ってみましたが・・・いくら対策防具を作ったからといって、クシャに近接で行くべきじゃないね;;
飛びまくり、竜巻出しまくりで、結構なカオス状態になります。




クエスト報酬でもらえるのは、鋼龍チケット。

これを持って加工屋にいくと、新たにクシャγシリーズの防具と、

重ね着装備のギルドクロスの生産クエスト。

納品に必要なのはチケットと「撃龍王のコイン」。
以前、歴戦王クシャの報酬で作れるようになる重ね着はギルドクロスの情報が出た際に、コインが必要になるだろうな。と思っていて、簡単な上位チャレンジクエスト01が配信している間に周回して溜めておいてよかったです。
ちなみに上位チャレクエ01はバゼルギウスとウラガンキンのクエストです。

現在配信されてないのが残念。



近接で行くのは大変なので、次からは素直に弓でいくことにします。

MonsterHunterWorld


秋のアステラ祭り【豊穣の宴】の開催が発表されました。

[CAPCOM:モンスターハンター:ワールド 公式サイト ]

開催は9月21日から10月5日までの2週間。

ほぼすべてのクエストの再配信ということで、マムタロトが来ます。
果たして、未入手武器をどれだけ取得できるのやら・・・。

また、今朝終了した極ベヒーモスも、再び。
今回はマム優先だから、あまり行かないかも?

そのほかUSJクエストの後編も配信開始されるので、防具作成もできるようになります。

また新規クエストとして、モスフェイク、アイルーフェイクの重ね着が作れるクエストだったり、新たな双剣?(下位のようですが)が作れるクエストが追加される模様。

MonsterHunterWorld

8月24日から、極ベヒーモスが配信中。
猛者が集まる配信日の公式オンライン狩り会や、土日に頑張れば、なんとかクリアできるだろうと思っていましたが…8月28日現在、未だに光の戦士になれず;;

Youtube配信者の視聴者参加型の集会所にも行ったりしましたが、一向にクリアできず。
ロールも含め、あれこれ試行錯誤してますが、最終エリアに行けることもままならない状態です。

主にタンク役としてプレイしてきたのでタンク視点からの極ベヒーモスメモ。

敵視を取りやすいように立ち回ってほしい

タンク役以外のメンバーは敵視を取るまではタンク役の近くにいて、タンク役が頭を狙いやすいようにしてほしいです。
他のメンバーが四方八方に広がって、ベヒーモスがあっちへこっちへ動き回る状況ですと、賊ヘビィでもなかなか敵視が取れないです。
特にエリア2はその兆候が激しく、結果ミールまみれになり、瓦解することも多々あります。
他メンバーの協力があってこそのタンク役ですので。相互理解が欲しいところです。

滅龍石は極力拾う

ベヒーモスがドロップする滅龍石は5回当てると、当てる場所に関係なく5回目に当てた人に敵視が行きます。
エリア2とエリア3でドロップすることが多いので、タンク役の方は必ず拾いましょう。
敵視が取りにくい状況でしたら、さっさと5回当てて敵視を取ってしまいます。ストックは7個なので無駄撃ちはしないように注意です。
(個人的にはエリア2で、2回目の敵視を取る際にグダることが多いので、そこで滅龍石を投げます。)

滅龍石の5回目のヒットをタンク役が当てればよいので、3回目くらいまで他のメンバーに投げてもらう方法もありますが、事前の打ち合わせや、当てた時の合図が必要ですので、野良では厳しいかと思います。

エリア3では無理に敵視を取らなくてもよいかも

その時のパーティ次第ではありますが、DPSチェックの入るエリア3ではミールもないですし、メテオも1発のみなので、無理に敵視を取らずガンガン攻撃をしてDPSチェックを抜けることを優先しても良いかと思います。
拘束攻撃による強制的な敵視もありますが、敵視をとるとベヒーモスがより暴れることもあります。

賊ヘビィで火力の全くない純タンク装備ですと、火力が足りずDPSチェックに引っかかることがあります。
エリア3では麻痺やスタンを入れられるマグダサポ装備や、他の火力武器に変えてもいいかもです。



その他一般的なこと

エリア4では3回エクリプスメテオがあります

以外とエリア4での1回エクリプスメテオを回避したところで、気が緩んでしまい、終わってしまうケースがあります。
エリア4では、コメット1個落下後のエクリプスメテオのセットが3回ありますので注意です。

広域スキルをつけるか、粉塵を持って行こう

ヒーラー役が広域スキルで回復を担うのはもちろんですが、アタッカーも広域スキルでサブヒーラーをすることで安定感が増します。

単純にHP回復のみならず、防御DOWN状態異常解除のための硬化の種や硬化の粉塵、裂傷状態回復のためにアステラジャーキーも持っていきましょう。

閃光弾は2回まで

閃光弾で極ベヒーモスを怯ませられるのは2回までです。
数少ない機会ですので、最終エリアでタンク役が敵視が取れないような状態でのみ、ミールストームを止めるのに使うと良いかと思います。


とりあえずこんなところでしょうか。
また攻略に有用な情報がありましたら追記していきます。


追記

誤って敵視を取った場合は「けむり玉」

エリア3でベヒーモスの拘束攻撃で、敵視をとってしまった場合。
転身の装衣があれば、転身を着れば問題ないですが、転身のがチャージ中の時、手っ取り早く敵視を切るのは閃光弾が周知かと思います。
が、閃光が効くは2回まで。極力温存して、エリア4でミールキャンセル時に使いたいもんです。
そこで、敵から隠れる要素のある「けむり玉」を使って、煙の中にいるとベヒーモスが相手を見失って、敵視が切れます。

DPSチェックはエリア2のエクリプス後からカウント開始


エリア2(2マップ目)のエクリプスメテオを出すときから6分間がDPSチェックの対象となるようです。
ゆっくり装備変更をしているとダメージを与えられる時間が短く、DPSチェックを通過できないケースが出てくるようです。

賊タンクとかエリア3で武器変更をする場合が多いですが、ちゃちゃっと変えられるようにショートカットを調整するとか、キャンプに戻るタイミングをずらすとか、あれこれ工夫が必要ぽいですね。

MonsterHunterWorld

8月10日より、歴戦王 テオ・テスカトルのイベント配信が開始されました。

1,2回戦ってみた感じ、通常の歴戦テオ・テストカトルと比べて
・粉塵(周辺バラマキや、走り回りながらのバラマキ)の頻度が多い。
・スーパーノヴァの頻度が高い。
・突進や粉塵のダメージが大きい(?)
・体力が多い
・気絶させらえる頻度が高い。

な感じでしょうか。

思っていたほど通常のテオから変化はないですが、攻撃力含め強くはなっているので、野良救援での成功率はあまり高くない様子。

来月配信予定の歴戦王クシャが乱入してくる演出もあったりして、クエスト報酬には

『炎王龍チケット』が入手できます。
(運がよければ、報酬に龍脈石もそれなりに。出ないことが多いけれど)

新たなカイザーγシリーズに各部1枚。そしてダンテ装備にも2枚使います。

重ね着ダンテには、現在配信していない「Code:Red」クエスト報酬のレッドオーブが必要で、レッドオーブ難民がいるとか。
自分はアステラ祭りのバウンティ消化とかに時折通っていたので十分に余っていました。

カイザーγシリーズは

見切りや力の解放のスキルが多く設定され、3部位で「炎王龍の武技 (達人芸)」が発動します。
正直4部位発動だとしても、ドラケンを使った達人芸のほうが組みやすいような気がする。



存外野良救済でのクリア率が低いのでチケットが集まりにくいので、やはり歴戦王テオ用の装備も準備しないとね。

MonsterHunterWorld

予定通り、FF14とのコラボ「ベヒーモス」を含む第4弾アップデートが実装されました。

勝気な推薦組からクエストを受注し、まずは大蟻塚へ。


ここではサボテンダーと、クリスタルを持ったことで巨大化したクルルヤックとの闘いが勃発します。

クリスタルをもって巨大化したクルルヤックは存外やっかいで、状態異常も効かず、持っているクリスタルも最後まで落とさないので、常に堅い盾を持っている状態です。
近接ですと弾かれてしまうので、心眼スキルを持っていないとかなり面倒くさいです。

そしてついにベヒーモスとの闘いです。


最初はソロで、何度か死にながら、なんとか20分くらいでクリア。

次からはマルチ優先での特別任務とそれをクリアできたらフリークエストでのベヒーモス。

やはり初日ということもあって、即死攻撃のエクリプスメテオで倒れてしまい、クエスト失敗となるケースが非常に多いです。
かの歴戦王キリンの実装初日も結構な低さのクリア率でしたが、それ以上の低さです。

対ベヒーモス戦の攻略要点は

・役割に関わらず、広域Lv5は極力つけておく

現状、公式の謳う役割分担よりもおおざっぱに、敵視を取った人以外は攻撃をしつつ、回復はみんなで援護 といった感じでよさそうです。
そのため広域は非常に有用なスキルです。

・ミールストロームの構えは閃光玉でキャンセルできる

変な場所に発生するとやっかいな竜巻のミールストロームは構え中に閃光玉でキャンセルをすることができます。
ただし、閃光玉ひるみは敵視もキャンセルされてしまうので、やたらと閃光玉を投げるのはやめたほうがいいです。

また、ランスとして敵視を取るために頭への攻撃を重視はしていますが、ミールストロームの構え中は絶好の頭攻撃チャンスなので、できるなら閃光を投げるのをちょっと待ってもらえるとありがたいな。
(今度構えから竜巻発生まで何秒かかるか測ったほうがいいかもね)

・コメットに隠れる方向はエクリプスメテオの着弾点から隠れるように

ベヒーモスから隠れるような位置に移動して、倒れる方がちらほらいます。
コメットに隠れるのは地面が赤く光っているイクリプスメテオの着弾点から隠れるような位置が正解です。

とりあえず、こんなところかな。
ベヒーモスの攻略ルールが周知されれば、野良でもクリア率はグンと上がる….ハズ。