MonsterHunterWorld

ハンマーをちょくちょく練習中でして、現在配信中の歴戦王クシャルダオラにもハンマーを持っていこうと組んだ装備。

装備としては、対クシャルダオラでやっかいな咆哮と風圧を完全無効化できているので、気を付けるのは立ち回りのみ。となります。


正直、ソロならまだしもマルチでの対クシャルダオラでハンマーはできることはそう多くはありません。
地上戦では頭に攻撃を当てること自体結構大変ですし、ふわふわ浮いている時はスリンガーで攻撃するくらいしかないですし。
あ、坂のあるところではグルグルしてます。

唯一のまとまった攻撃タイムのダウン時も頭に他のプレイヤーが来ますので、気を使いますし、プレイしててそんなに爽快感は無かったりします;;

MonsterHunterWorld

ベヒーモス戦でハンマーを持っている人をあまり見かけませんが、ベヒーモスの後ろ足は打撃が弱点なので、DPS(アタッカー)として優秀だと思います。
より瞬間火力があって、尻尾も切れる太刀のほうがモアベターなんでしょうが。自分、太刀、使えないんで。

使う装備はガイラハンマー・睡眠 を無属性で使います。

DPS要員とはいえ、サブヒーラー的な要素も必要かと思っていますので、広域とキノコを積んでいます。
咆哮よりも振動で足腰グラグラ中に飛んでくるメテオのほうがやっかいなので、耳栓は入れずに耐震を入れています。

立ち回りとしては、タンク役の方が敵視を取るまではタンク役の近くで、うろうろしたり、前足部を軽く攻撃したり。
タンク役のが敵視を取ったら、後ろ足に行って、溜めスタンプやら縦コンボやらで、ボコボコ殴る。エリア2やネギルートのエリア3はスライディングからぐるぐるアタックも狙っていきます。

ハンマーは納刀も早めなので、HPが減ってきているメンバーがいれば、アオキノコを食べたり、粉塵を巻いたり。余裕があれば回復Gを飲んだりと。



尻尾を切れる武器ではないので、パーティの構成次第ですが尻尾切り要員として、エリア1のみ斬裂ライトを持ってもいいと思います。
事前の打ち合わせは必要かと思いますが。

MonsterHunterWorld

マムタロトの追加武器の中で、強いといわれるハンマーをゲットしたので、さっそくガイラハンマー・睡眠を使ったビルド。

これまで最強の一角だったブロスシャッターに比べて、素の攻撃力は1歩劣るものの、とても長い白ゲージとマイナスが無い会心率。
匠を使わずに済むということと、昨今登場した装備は会心を上げやすいので達人芸運用での装備を組んでみた。

達人芸を発動させつつ、それなりに高い会心率に、おまけに耳栓Lv5も発動です。

素で会心率45%、弱点部位では+50の 95%の会心率になるのでほぼほぼ会心が出て、ほぼほぼ白ゲージを維持できます。
また条件を満たして力の解放が発動すれば、素の会心率が+30%されるのでより会心が出るって寸法です。

坂道のある場所を完全に把握してこまめにスライディングができるような状況だと、弱点特効を1つ落として、滑走強化を入れた方がより会心率が高く維持できるかも。

使ってみると思いのほか会心が出てて、5体と戦うイベントクエストのCode:Redで一度も青ゲージに落ちずにクリアできました。
強くて快適なのはいいことです。

MonsterHunterWorld

槌系の龍脈石が溜まってきたので、ハンマーか狩猟笛をやろうかな・・・と思い、狩猟笛は旋律を覚えるのが面倒そうだ。ということでハンマーで。

ざっと調べてみたところハンマーも大剣と同じように1強状態の武器があり、あとは趣味。みたいな様子。マムタロト採掘武器も既存武器を超えるようなものが無くて、武器をあれこれ作るという感じでななさそう。

そんな感じで、力こそパワーなハンマーの最強武器の一角、ブロスシャッターを使った無撃運用装備。

ハンマーを使う上にで必須と呼ばれるスキルは少なくて、匠と弱特を積んで、溜め中に咆哮されるのが鬱陶しかったので耳栓を積んで、あとはマルチプレイであったほうがいいなというスキルをちょいちょい入れた感じです。

強いてハンマーらしいスキルといえば滑走強化くらい?w
やはり坂道ぐるぐるは楽しいのです。

スキル構成に縛りが無い武器というのは得てして立ち回りが重要だったりしますが、ソロできちんとスタンをとる戦い方ではなく、マルチでわちゃわちゃできればいいかな。くらいのスタンスなのでそれなりの立ち回りを試行錯誤していこうかな。と。