MonsterHunterWorld

対マムタロトといえば、ライトボウガン(冥灯)が鉄板であるが、ライトボウガンばかりでは飽きてくるので、ヘビィボウガンでのマムタロト用の装備を。

使う武器は歴戦王マムタロトで追加された「皇金の砲筒・飛雷」。
ライト使用時と同じように、電撃弾をバンバン撃って、部位破壊をしていくスタイルです。

立ち回りとしては、マップ1では胸元に大タル爆弾Gを置いたりして外郭を赤くすることを優先に。
胸の周りに他のプレイヤーが居ないとき限定ですが、胸の部分を狙って拡散弾を撃つと比較的赤くなりやすいように思えます。
ただ、拡散弾はLv2しか撃てないのであまり期待はできないけれど;;

マップ2以降では電撃弾を撃って部位破壊を狙っていきます。時折大タル爆弾Gを置いたりして。
このあたりの立ち回りはライトの時と同じような感じです。速射でなくとも60~70ほどダメージを与えてるのでそれなりの火力かなーと思っています。

マップ4での睡眠爆破はたいていパーティに一人はライト冥灯を持っている人がいるので、その方にお任せ。
麻痺弾Lv2が撃てるので、怒り荒ぶる状態になった後に麻痺させて、頭に爆弾設置です。

その後徹甲榴弾を頭に狙っていきますが、Lv2を4発しか撃てないのでスタンは・・・あまり・・・。
斬裂弾も撃てるので、これもライトの時と同じように角狙いで斬裂弾を撃っている方がダメージを与えられてる感じです。

そんなこんなで、ライトボウガンチックな立ち回りなので、慣れない武器でもそれなりに立ち回れている気がします。

MonsterHunterWorld

マムタロト用の武器としてはライトボウガン(エンプレスシェル・冥灯)が鉄板ではあるけれど、そればかりをしてると飽きてくるので、ほかの武器種で。

ということで、ヘヴィボウガンを使った装備。
武器は、徹甲榴弾Lv3 、 拡散弾Lv3、睡眠弾Lv2、麻痺弾Lv2 が撃てるマグダ・ゲミトゥスII

基本的な立ち回りは頭に徹甲榴弾を撃って、スタン狙い。
スタンや落石等でダウンした場合は、味方のいない部分に拡散弾を撃つ。
適宜、足止めしたいときに麻痺を撃ち、睡眠は最後の時に取っておく。といった感じ。

ゴリゴリダメージを与えるタイプではないので、PT内にライトボウガンを持っている人が一人以上いたときの補助的な立場。かなと。

MonsterHunterWorld

対マムタロト用に組んだ、徹甲榴弾を撃ちまくって、スタンを取りに行くスタイルのヘヴィボウガンビルド。


使うヘヴィボウガンはゾラ武器のマグダ・ゲミトゥスII。

徹甲榴弾を撃つだけなら、イビル武器のアンフィニグラのほうが攻撃力が高くてよいのだが、ゲミトゥスのほうが麻痺弾とか睡眠弾が撃てるので、エリア4で睡眠爆破とかもできるので採用しています。




防具の構成は前述のライトボウガン装備と同じで、装飾品の組み合わせを変えています。

おおよそ、3回~4回ほどスタンは取れます。
スタンを取った後はほかのキャラがいない、長い胴に拡散弾を撃ったりしてます。



正直ライトボウガンでプレイしていたときよりクリア時間が短くなっているとか、運用が楽とか、そういった実感が全くないので(自分のヘヴィボウガンでの立ち回りが下手なだけですが)、数回プレイして、また、ライトボウガンに戻っています;;