MonsterHunterWorld


本日より配信となりました、歴戦王ナナ・テスカトリ。

とりあえずランスを持って野良救援にさくっと参加してみました。

ヘルフレアの減り具合がはんぱねー

ごりごり減っていくので耐熱を着ていないとあっという間にHPが無くなる。
歴戦王の例のごとく通常の攻撃力も上がっているので、野良救援では結構バタバタ倒れていくハンターが多々。

中には広域回復型の方が入ってきたりして、回復役の方がいると大分楽にはなりました。自分も危ないところを助けてもらったり。
ただそれでも倒れるときは倒れるので、きちんと対策を考えないといけませんね。

ヘルフレア対策

クラードリンクを飲んで、耐熱の装衣を着ていても、ごりごり減っていく王ナナのヘルフレアですが、思いのほか単純な解決方法があります。

緊急回避(ダイブ)連打
です。
飛び込みダイブ中はヘルフレアによるHP減少が無いので、フレアが出てる間は飛び込みダイブを連打していれば免れます。

飛び込みダイブのやり方は、納刀してモンスターから背を向けて(離れるように)ダッシュしながらジャンプ(×ボタン)です。

耐熱の装衣が切れていても大丈夫になりますので、ヘルフレアに苦戦してる方は試してみてください。


エンプレスγ

α・βがとても優秀だったエンプレスのγシリーズはどのようになるのか、気になっていましたが、

結構ガラリとスキル構成が変わりました。(スクショの攻撃Lv3は護石のスキルなので防具にはついてません)

頭:広域2 フルチャージ1 小スロットx3
胴:耳栓2 整備1 大スロットx1
腕:挑戦者2 回避距離1 大スロットx1 小スロットx1
腰:回避性能2 体力増強2 大スロットx1
脚:耳栓2 挑戦者1 大スロットx1

耳栓が付くようになったので、これまで耳栓装備を作ろうとするとほぼ必須のようについてきたバゼル頭からの呪縛から解放されるのかも?
ただスロット数は少なめなので、組み合わせがどうなるか…いろいろ考えなければなりませんね。
場合によっては結局耳栓装備はバゼル必須・・という形になるかもしれませんし。

MonsterHunterWorld

少し前にラジオの情報で8月との話だった第4弾アップデートの詳細な実装日が公式で 8月2日 と発表されました。

ベヒーモスはもちろん

新たなFFとのコラボとして、竜騎士をイメージとした武器・防具も実装となるようです。


武器は「ゲイボルグ」・・・一般的には槍ですが、武器種はランスではなく操虫棍。

なんでや!と思ったがそうか。ジャンプか。竜騎士はジャンプだもんな。
モンハンのランスはあんな高々とジャンプできないもんな。

操虫棍か・・・全く使ってないからなぁ。
この機に練習してみようかー。

MonsterHunterWorld

歴戦王キリンが6/8のアップデートから実装されました。

キリン自体、数少ない討伐数で最大最小金冠が取れてしまったので数をこなしておらず、全然慣れていません。
比較的ソロが楽とは言え悪戦苦闘しています。

歴戦王としての傾向としては歴戦から比べて、より攻撃力、体力が上がっている様子。
地味に落雷本数が増えているようですが、歴戦から大きく攻撃方法の追加変更があるといった感じではなさそうです。

装備をいくつか作って試行錯誤してみたいと思います。

クエストとしては、汚れた・輝く龍脈石が出やすいのでイベント期間中はどんどんやっていきたいですね。

MonsterHunterWorld

雷弓が出ねぇぇぇぇ とマムタロトを周回している間にカプコン公式生放送で第3弾アップデートの内容が発表されたみたいです。

5月31日て、発表翌日って、はぇぇよ。

ナナが素材となる武器にはスキルが付いていたり、歴戦個体の上位版「歴戦王」が登場し、新たな防具のガンマシリーズが出たりと、既存コンテンツのアッパーバージョンMHW1.5的なものが実装される様子。

上位互換なものを出し続けると結局それだけになって、既存の装備がゴミと化すのは他のネットゲームでよく見かけるパターンなので、そうならないことを願うのみ。

とはいえ、最初から上位下位で装備も分かれてるし、既存装備の修正はせずに、新たなもの出すというのはマムタロトの発掘武器でわかっているので、既存の武器は過去のものになるパターンなのかな。やっぱり。
武器も見た目変更ができると、また違ってくるんだろうけれどね。



今夜(木曜夜)は今回のマムタロト配信の実質最終日なので、まだ出ていない当たり武器を目指して周回する予定が、マムをやる人少なくなっちゃうのが心配。

MonsterHunterWorld

17日の未明にいきなり発表されました。
なによりも驚いたのが実装日が4月19日。 明日じゃん!アステラ祭りの最後に大きな花火を打ち上げてきましたよ。

[CAPCOM:モンスターハンター:ワールド 公式サイト ]

新モンスターに新マップに、各種変更内容。
特に

・「調査クエストの管理」画面に調査クエストのソート機能を追加しました。
・ファストトラベル時と力尽きてキャンプに戻った際は、導虫の誘導が発動してもカメラを強制しないようにしました。
・植生研究所で「ツタの葉」を増やせるようにしました。

このあたりは改善すればいいなぁ。と常に思っていた箇所なので嬉しい限り。
ツタの葉に関しては、ツタの葉収集ルートの記事を書いていたのですが、お蔵入りになりそうです;;

そのほか大きく影響しそうなのは

・歴戦の個体のモンスターに対して、閃光弾を複数回使用し効果時間が徐々に低下した結果、最終的に閃光ダメージが無効になるように仕様変更しました。
・歴戦の個体の閃光弾に対する耐性アップに伴い難易度が上昇するため、歴戦の個体の調査クエストの特別報酬の排出内容を上方修正しました。
危険度1特別報酬枠から、「風化した珠」が排出されるようになりました。
危険度2特別報酬枠から、「輝く龍脈石」が排出されるようになりました。
危険度3特別報酬枠から、「輝く龍脈石」が以前より排出され易くなりました。

このあたり。
どれくらいで閃光弾が無効になるのか不明ですが、今までの散々マップ移動時に落とされるテオを見てると、さもありなんという感じですが。

危険度1の歴戦クエストで風化した珠が出るようになることで、レア7,8の珠が出る可能性が生まれたことで危険度1の歴戦クエも需要がでてきそうですね。

第2弾アップデートについて今夜のカプコンTVでも何かありそうなので、忘れないようにしないと。

MonsterHunterWorld


3/22 の大型アップデートによりイビルジョーが追加されました。

探索に???のモンスターがいる場所にイビルジョーが居ます。
痕跡を見つけたら、すぐ一度拠点に戻るよう言われますが、そのまま追跡のレベルが上がるまで痕跡集めをしたほうが後々楽です。


ついでに、そこでイビルジョーと一戦交えるのも様子を見るのによいかと。
探索なので、何度倒されてもOKですし。

途中で出会った、トビカガチを咥えながら移動する様子はなかなかシュールでした。
ドスジャグラスやトビカガチはよく食べるのにプケプケにはさっぱりかぶりつかないのは、毒持ちモンスターだからでしょうかね。



で、ランスで戦った感じとして…
・存外尻尾に当たりやすい
・異次元タックルぽいのがある。
・ブレスが見た目よりは多少広い。
・ブレスはさほど痛くない。
・食われた後の起き上がれない状態でジャンピングプレスが来ると1発死。
・尻尾の位置が高くてなかなか切れない。
・瀕死になってからの移動が長い。
などなど。
数をこなして、攻撃パターンが分かってくれはさほど怖くはないかな。
ブレスとかMHP3の時はすごいダメージを受けた記憶があるけれど、ワールドではさほど…といった様子。今後歴戦で出てくるとまた分からないですが。

マルチでは弓を持って挑んでみました。
通常時の弱点は頭、怒り時の弱点は胸です。
特にマルチ時がそうなのですが、あちこちに動き回って、首もぐわんぐわん回すので、なかなか弱点に矢を当てにくい。
ただ、咆哮時(?)に弱点に矢を当てた際にダウンすることが数回あったので、特定の動作を弱点攻撃で怯ませるとダウンするのかもしれません。



イビルジョーの防具のハンギスシリーズはシリーズスキルなし、付くスキルは早食いや力の解放等。αのほうには匠が付くようだが、それでも…ねぇって感じ。

武器のほうは、全体的に「高攻撃力」「マイナス会心」「そこそこの龍属性値」「匠1から白ゲージ」な傾向で武器種によってはかなり有用な武器とのこと。
ランスのはネルギガンテ槍とも勝るとも劣らない強さぽいので、作ってみたい。
….でも宝玉が。イビルジョーの宝玉はマカ錬金で作れないのよね;;