[NieR] Eエンドクリア


2Bを操作する1周目のAエンド。
1周目の内容を9SサイドでプレイするBエンド。
ABエンド後の展開の最後をA2で迎えるCエンド。
Cエンドの最後を9Sで迎えるDエンド。
そして最終エンドのEエンド。

いやぁ、
ひっじょーーーに面白かった。

ストーリーと、演出と、キャラと、音楽が最高!

ストーリー&演出

大雑把なストーリーとしては、退廃した世界でアンドロイドと機械生命体の作られた存在同士の争い。というもので、面白くはあるが奇抜なストーリーではないのだが、それを演出が何倍も良いものに仕上げています。
後半の凄まじい疾走感と、突きつけられる選択と、そして味わう無力感と..。
ゲーム演出に惹き寄せられたのは久々な気がします。

無力感というか、「無駄なこと」がこのゲームのテーマの一つではないかなーと思います。
ゲーム内でも9Sが世界に必要とされなかったもの、どうせ滅ぶのだから 等々のセリフやストーリー展開もあります。
特にEエンドルートでは死ぬたびにゲームを続けるかどうかの選択を迫られます。
さらにメタ的な視点でも何周もゲームをさせること、評判の悪いシューティングゲームシステムも無駄のなことの一部のように思えます。
その「無駄なこと」の先にあるものは何か? を伝えたいんじゃないか。と勝手に思っています。



個人的な答えとしては「感動」です。

キャラ

2B、9S等のアンドロイドのキャラデザインの秀逸さもさることながら、機械生命体のキャラ付けなど、個々のキャラが立っていて見ていて飽きないです。

そしてEエンドを見終わった後にフト思ったことですが、ヨルハのアンドロイドの支援システムのポッド。
実はポッドはゲームをプレイしているプレイヤーの依り代というか代わりを表現してるのではないかと思ったり。
常にアンドロイドに随行しているし、最後のほうの一つのポッドのセリフ「(そうプログラムはされていても)こんな結末は望まない」はまさにゲームをプレイしているプレイヤーの全てが思ったことではなかろうかと。
深読みしすぎかもしれませんが;;

音楽

初回感想の時も言っていましたが、音楽がいい。幻想的かつ退廃的なニーアオートマタの世界観にとてもマッチした楽曲です。
サントラのほうも購入してしまいました。

製作してるのはMONACAという元ナムコの岡部啓一さんが設立した音楽クリエイター集団の方々です。
[ MONACA | 有限会社モナカ ]
様々なアニメやゲームに楽曲を提供していて知っているタイトルも多々ありました。


総評

間違いなくおすすめできる1作。
このタイトルで得られる感動は、プレイしないと味わえないので、動画を見て終わることなく、興味があるのなら是非ともプレイしたほうが良いです。

これまで今年のベストゲームは Horizon Zero Dawn かなと思っていたのですが、それを抜いて現在 NieR:Automata がトップです。

もう40時間以上プレイしていますが、まだ全てのエンディングは迎えていません。
残りのエンディングを見るとともにトロフィーコンプも目指していきます。
エンディングを重ねていくと、トロフィーもお金で買えてしまうようになりますが、極力自力で頑張りたいと思います。
(このお金で買えるトロフィーも、トロフィー集めなんて無駄だというアンチテーゼかもしれませんね)

[PS4] アーカードアーカイブス サンダークロス

サンダークロス
コナミから1988年に出たアーケードシューティングゲームがアーカードアーカイブスとして登場。

実際にプレイしたのは登場から大分経って、高校時代にレトロゲームの一つとしてゲーセンでプレイしたのが初だったかな。
シューティングゲームとしては比較的簡単で、下手のよこ好きシューターとしてはアーケードゲームで1コインクリアできる数少ないゲームの一つです。

一応続編としてサンダークロス2があるのだけれど、そちらのほうはプレイした経験がないです。いつかアケアケで出てくれることを願っています。
あと個人的にサンダークロスの続編っていうと MSX2/2+で出てたスペースマンボウがすごくサンダークロスと雰囲気が似てて、ホントの続編はこっちなんじゃね?と思ってた事もありました。

で、アケアカに収録されてるのは

日本版のOLD版とNEW版と北米版と欧州版。
まず、OLD版とNEW版の違いがよく分からない。
一応Wikipediaによると難易度調整された後期版があるらしいが、プレイしててもそんなに大きくは違った感じはしません。
周回を重ねていくと違いは大きくなってくるかもしれないが、1週クリアで満足なのでわかりません。
また欧州版は日本語版から日本語表示がなくなったバージョン。

そして北米版はゲームシステムまったく異なった、同じ名前の別ゲームです。

日本国外版
日本国内版とは以下の様な違いがある。
・オプション2個が標準装備。
・スピードアップやスペシャルパワーアップ、1UPといったアイテムが存在しない。すなわち残機はスコアエブリのみで増加する。
・オプションの上下幅は固定。国内版でのオプションボタンは、後述のボム発射に使用する。
・パワーアップがバルカン1種のみ。アイテム取得により日本国内版での最大火力相当になる。
・1ステージにつき3発、「LIL’BABY」というボムを使用できる。国内版でのオプションボタン押下で発射。ナパームショットが画面中に広がり、敵と敵弾を消し去る。自機が破壊されても回復せず、補充アイテムも存在しないが、ステージクリアすると残弾が3発に戻る。
・ステージ順序が一部入れ替わっており、2→1→4→3→…となっている。
・破壊するか一定時間で破裂した際、拡散弾と誘導弾を発射する敵が追加されている。誘導弾の追尾能力は非常に高く、これによりゲーム難易度が大幅に上昇している。
・エンディングは、スタートデモでの惑星をバックに、スタッフロールが流れるものに変更されており、1面ボス復活の演出は取り入れられていない。

via:Wikipedia

サンダークロスの敵って結構いやなタイミングで自機狙いの弾を撃ってくるので、日本版では敵出現と同時に倒すプレイスタイルができるのだけれど、北米版はオプションが広がらないので結構キツイ。

ま、北米版は老後の余暇に取っておくとして、オリジナル版をプレイしてるのだが、なかなか1週クリアできなくて悔しい。
3面の後半で火炎(?)噴射のところで死んでみたり、5面でオプション調整に気を取られて壁にぶつかったりと、なんでこんな凡ミスするんだろうと嘆いております。
一応トロコンはしましたが、1週クリアはしたいなーと思う所存です。

また、アケアカには隠し要素が毎回仕込まれていて、今回はタイトルでコナミコマンドを入力すると、

サントラモードに入れます。
サンダークロスは曲もカッコイイ。
オリジナル曲もいいけれど、MIDI POWER に収録されてるバージョンもカッコイイんだよなー。

[NieA] 継続プレイ中

NieR:Automata_20170520160631

最近あまりガッツリゲームをプレイする時間が取れてなくて、遅々としか進んでいませんが、ニーアを継続してプレイ中です。
一応、1週目クリアのAエンドを終えて、2週目をプレイ中です。
途中でアジを食べてKエンドとか、2週目最初に別の場所に行ってGエンドとかも迎えてますが。

2Bや9Sのアンドロイドと地球を支配したエイリアンがつくった機械生命体との戦いが主であるのだが、機械生命体のキャラ達がいいアジを出してるので退廃とした世界の中で一種の安らぎを見出してたりします。
ゲームをプレイしていると、CMのフレーズであった「命もないのに殺しあう」という言葉が妙に心に残ります。

ちょっとネタバレになるのですが、機械生命体の創造主であるエイリアンは実は数百年前に滅んでいたことが分かります。
・・・と、いうことはアンドロイドの作った人類も、本当はとうの昔に滅んでいるのではないかと。考えたりすることがあります。
作られた存在のアンドロイドと機械生命体の目的を失った殺し合い。
ちょっぴり切なくなります。



まだ2週目の途中なので、本当の結末はまだ知らないんですけどね。

[PS4] YU-NO 追加シナリオ(?)

先月のアップデート情報から気になっていた、新規ルートがついに実装されました。

タイトルに新たなメニューが表示され、進めていくと、

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO_20170605193400

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO_20170605194323


なんてことない単に別タイトルの宣伝でした。
YU-NOとの関係は全くなし。一応菅野ひろゆき氏の作品という繋がりはあるが、作品的には全く別のもの。

「YU-NOの新ルート」として期待していたのがアホらしい内容です。

せめて、YU-NOのキャラとミステリートのキャラとの絡みがあるとか、YU-NOの世界にミステリートのキャラが出て来るとか、その逆とかあるならまだしも、ほんとのちょっとした宣伝でしかないんでやんの。
さらに長さも3分ほどで終わってしまうボリューム。これに一ヶ月にかけて何度もアピールする内容ですか。と。

ただ、ただ、失望しかないです。
そんなこんなで、ミステリートの新しいのが出るらしいけれど、自分は買いません。以上。

[PS4] 日本語版グウェント パブリックベータは5月24日から

海外で実施されている「クローズドベータ」が2017年5月22日(月)に終了し、『グウェント』は2017年5月24日(水)より全世界で「パブリックベータ」期間に移行します。日本語版は、この「パブリックベータ」より、PlayStation Store、Xbox ストア、GOG.COMにて配信開始となります。パブリックベータ期間中も、正式リリースと同じように各種有料コンテンツをご購入いただけます。

[ニュース – グウェント ウィッチャーカードゲーム ]

5月24日…つまり明日にグウェントのパブリックベータが開始されます。

配信時間はプラットフォームによって異なるようで、
PS4 (PS Store) / Xbox One (Xbox Store) では 正午以降。
PC版は夜とのことです。

— 追記:公式ニュースが更新され、PS4 / XboxOne 版の配信が夜になりました。(一時期22時以降と記載されていましたが、今現在は具体的な時間は記載されていません。)
公式ツイッターを随時チェックしてましょ。

PC版のほうが、多分あれこれ快適とは思うけれど、PS4版でのプレイ予定です。
(PS4版のほうがPC版よりライトなユーザーが集まるだろうなぁという憶測のもとにw)

ウィッチャー3でのグウェントは諜報員&おとりゲーになりがちでしたが、対人ゲームとなるとそうもいきませんし、カードのルールとかも多少変更があるようなので、あれこれ試してみたいですね。

[グウェント ウィッチャーカードゲーム ]

[PS4] グウェント ウィッチャーカードゲーム もうじき登場


[【特集】PS4版も登場!『グウェント ウィッチャーカードゲーム』日本語版プレビュー&開発インタビュー | Game*Spark – 国内・海外ゲーム情報サイト ]

大ヒットアクションRPGタイトル『ウィッチャー3 ワイルドハント(The Witcher 3 Wild Hunt)』内のミニゲームとして知られる「グウェント(GWENT)」。ゲーム本編を忘れてしまうほどプレイヤーを熱中させた対戦型カードゲームが、基本プレイ無料のスタンドアロン版『グウェント ウィッチャーカードゲーム(以下グウェント)』として、いよいよ国内でもPC/PS4/Xbox Oneを対象に配信されることが決定しました。配信日は近日公開予定とのことです。

大分前にグウェントを独立したゲームとして出すことの発表はあったけれど、ようやく近日公開というところまで来ている模様。
そして、PC版だけかなーと思っていたが、PS4/XboxOne版も国内配信されるとのこと。

ホント本編そっちのけになるほど面白かったので非常に楽しみ。