[GW2] LivngStory シーズン3 エピソード3

2016-1116-dragonstructure-1024x576

Living Story シーズン3 エピソード3「A Crack in the Ice」のトレイラーが公開されました。

舞台は灼熱のEmber Bayから極寒のFrostgorge Soundへ。寒暖差激しいなぁ。
エピソード1,2と新マップが追加されたからエピソード3もFrostgorge Soundから拡張するマップになるかも…と思っていたが、トレイラーを見てるとFrostgorge Soundで見たことあるような風景がたくさん出てきてるのでFrostgorge Sound内でのストーリーになるのかな。

開始は11月21日(現地時間)から。



ちなみに11月15日~22日までの期間限定でGuild wars 2 : Heart of Thorns のクライアント価格が50%引きになっています。
Standard が US$ 24.99
DELUXE が US$ 37.49
です。

2016-1116-clip
[ Buy Guild Wars 2: Heart of Thorns Expansion ]

気になっている方は是非。

[GW2] 出るならばらけてほしい

october-2012-concept-1
ハロウィンイベント期間中の トリック or トリート 袋開けをしていた時のヒトコマ



今年の袋は新しいスキンの武器も低確率で出るのだが

gw578

Nightwing が出過ぎだよ。

100個くらい開けた時にアタリが来たようで、間をおかずに出てきた。
後にも先にもレアが連発するようなアタリはこの時がだけだったなー。

どうせ出るなら、違うハロウィン武器が出てほしかったわー。

[GW2] 大台突入

gw561

もともとPvPはやらず、WvWも参加したのはほんのわずか、ギルド加入も最初の一年くらいで、あとはずっとぼっちのPvE専門の自分がいつの間にか、アチーブポイント 20,000を達成しました。

デイリーで取得できるポイントも上限があるらしいですし、ぼっちなので例のごとくレイドには無縁、他のPvEコンテンツもぼっちではAPを得られる手段が限られてしまうので、今後どれだけポイントを溜めることができるのか..。
リワードのスキンの類は集めたいが、こればっかりはねー。

[GW2] レアガチャってレベルじゃねぇ

2016-1027-4b50310_23-smk-screenshot-05
ハロウィンイベント中、なにかと入手できる Trick-or-Treat Bag

今年の Trick-or-Treat Bag で、一番の目玉(?) は +5アトリビュートボーナスと +9アゴニーレジタンスを持つ Phospholuminescent Infusion と思います。

[ Trick-or-Treat Bag – Guild Wars 2 Wiki (GW2W) ]

かなり出にくく、レアという話で、自分も少なくとも Trick-or-Treat Bag を200個以上は開けているけれど、さっぱり出ません。

そんな Trick-or-Treat Bag を 60,000 個開けている動画がありました。



まさかの60,000個開けても Phospholuminescent Infusion がゼロとは….。

他にも25,000個開けている動画ありましたが、

こちらもゼロのようです。

これバッグの中に入ってないんじゃないの?w

Wikiのドロップリサーチも0だしね…
[ Trick-or-Treat Bag/research – Guild Wars 2 Wiki (GW2W) ]

[GW2] ハラペコ 魔女帽キャット

gw518

Toyアイテムの Enchanted Broom の5番スキルに 魔女帽キャットを 呼び出す「Summon Femiliar」があります。

gw521
gw522
gw520

通常であれば呼び出すだけのスキルなのですが、一定条件(条件不明)で突然スペシャルスキルが出てきます。

gw521

すかさずスペシャルスキルの Feline Communication を使うと、他のハングリーキャットのように特定のアイテムを求めてきます。
gw541

求められるアイテムは Frog in a Jar (Master) 。
Bloodtide Coast の北、LAへのWP近くのレナウンハートNPCより721カルマで購入できます。
gw516

これを渡すことで瓶からカエルがいなくなり、ホームインスタンスに魔女帽キャットが居つくことになります。

gw543

gw546
キャンディーコーンが大好きなようでキャンディーコーンのそばでごろごろしています。