[Dia3][PS4] パッチ 2.5.0 リリース

PC版からほぼタイムラグなく、PS4版にパッチ2.5.0がリリースされました。

シーズンについての詳細はまだ記載されていませんが、武器庫セットの追加と加工用素材の扱いの変更その他の変更がります。

倉庫の横に武器庫が追加されました。

Diablo III: Reaper of Souls – Ultimate Evil Edition (Japanese)_20170322075739

Diablo III: Reaper of Souls – Ultimate Evil Edition (Japanese)_20170322075753

これでセット装備別にキャラを作らなくて済みそうです。
DHだけで4キャラもいるからなー

そのほか、プライマル・エンシェント・レジェンダリーの追加や報酬クエストの変更があったりするようです。

公式サイトにコンソール版のシーズンについての記事があるので、後程確認しようかと思います。
[Seasons on Console – Diablo III ]



と、朝の出勤前に急いで書いておりますw



追記:加工用素材について

Diablo III: Reaper of Souls – Ultimate Evil Edition (Japanese)_20170323202711


スクショのとおり、加工用素材はたくさんもってる形になっていますが、所持品数のカウントには含まれていません。
1カウントはレジェンダリーポーションを装備してるので、それがカウントされてます。
また宝石も持っていればカウントされます。

[Horizon] 腕試し


HorizonZeroDawnで、特定の狩猟お題をクリアする腕試し。

全ての腕試しで、最短タイムを出し、灼熱の太陽の印を15枚集めることで、サブクエスト「館に捧げる狩り」を経て、
館シリーズ武器の
・館のブラストリング
・館の戦弓
・館のロープキャスター
と交換が可能になります。
館シリーズはベースとなるシャドウシリーズより操作性が向上しています。
それ以外の数値が同じなので、必要かどうかは人それぞれかなーと。

どの腕試しもある程度コツを掴まないと灼熱の太陽を出すの難しく、攻略動画を出している方を参考にします。

何気に最初の方の丸太で倒す腕試しが、一番時間がかかった気がします;;

一応トロフィーもゲットです。



昨今のプレイ状況としては、そろそろメインストーリーも終盤になってきて話が盛り上がってきているところです。
サブクエスト等の寄り道や、Photo Mode寄り道も多いんですがね。

[ Horizon Zero Dawn 攻略wiki ]
[ Horizon Zero Dawn Photo Scrap ]

[Dia3] シーズン10リワード情報(コンソールについても)


シーズン10のリワード情報が公式サイトに公開されました。
2016年のBizzconにて発表されたものの、その後音沙汰なかったコンソール版のシーズン制について、シーズン10から実装されることが改めて発表されました。

[First Look – Season 10 – Diablo III ]

Seasons Arrive on Console

If you’ve been waiting to experience a fresh start for your console characters, you’re in luck! For the first time, those who own the PS4 and Xbox One versions of the game will be able to discover the fun of Seasons, including unique rewards and the Season Journey. We’ll have more details on the specific ins and outs of how Seasons work on console soon, so be sure to stay tuned!

詳細はまた別の記事にて行うようですが、今までコンソール版についての情報がなかったので、本当にシーズン10からシーズン制が来るのかどうか不安でしたが予定どおり来るようでなによりです。

ちなみにシーズン10の開始スケジュールは

■ シーズン10の開始スケジュール
North America:3月31日[金]PT午後5時(日本時間4月1日午前9時)
Europe:3月31日[金]CET午後5時(日本時間4月1日午前1時)
Asia:3月31日[金]KST午後5時(日本時間3月31日午後5時)

です。
コンソール版は多分NA準拠になるんじゃないかなーとは思う。

[待望のコンソール対応を果たす「Diablo III: Reaper of Souls」シーズン10のリワード情報がアナウンス « doope! 国内外のゲーム情報総合サイト ]

[NMS] Photo Mode 実装アップデート


一時期話題となった「No Man’s Sky」にグラフィック向上等のアップデート「Path Finder」でPhoto Modeが実装された模様。

[「No Man’s Sky」のフォトモードを利用したDeadEndThrills謹製の素晴らしいスクリーンショットが公開 « doope! 国内外のゲーム情報総合サイト ]
[No Man’s Sky was built for this photo mode – Polygon ]

写実的なHorizon Zero Dawn のPhoto Modeに比べると幻想的ないかにもCGチックな絵になってるね。

No Man’s Skyもなー。まったりプレイする分には悪くはないタイトルかとは思うのだが、いかんせんまったりする余裕が無いから続かない;;
同じことをTomorrow Children にも言えるんだけれどね;;

[Horizon] フォトモード オプション項目


Horizon Zero Dawn のフォトモード時のオプション項目の説明が写真スレにありましたのでメモ。

写界
リアルカメラで言う画角。見える範囲の広さ。ただし広げすぎると魚眼になっていく。
カメラロール
首をかしげる方向の回転。カメラを持つ手を回しているだけ。
プレイヤーを隠す
アーロイの表示のオン・オフ


被写界深度
オフにすると全体的にピントを合わせる。用語の意味は「ピントが合っている前後の幅」のこと。
「浅い」と前後がボケる。「深い」と最終的に全部にピントを合わせる。
ピント深度
前後のどこにピントを合わせるか。

絞り値
被写界深度の「浅い/深い」のコントロールに使う。
とりあえずf値が小さいほど浅くなる。


明るさ
単に絵画的に明るさの上げ下げ。
露光
物から反射した光をどれだけ取り込むか。こちらの方がリアル
色効果
プリセットから選ぶ
効果の強さ
上記の色効果をどれだけ強く(弱く)かけるか


時刻
時間により太陽の位置が代わり、影のつき方等が変わる


フレーム
フォトフレームの選択
小さいロゴ
ロゴを入れる場所の指定


ビネット
本当はトイカメラなどの安いレンズを使った時に現れるような「周辺減光」という現象。基本的に外側ほど暗くなる。
サイズ
ビネット効果のサイズ
効果の強さ
ビネット効果の強さ

基本的に写界ってヤツで画角(広さ)決めて、
ピント深度ってヤツでピントの前後位置決めて、
絞り値で、ピントの合う奥行きの幅決めて、
露光でコクを出す。

明るさとビネットは調整用の塩胡椒みたいな物。そして時刻は魔法。

勉強になります。



[ Horizon Zero Dawn | プレイステーション® オフィシャルサイト ]

[PS4] Horizon Zero Dawn フォトモードが素晴らしい

『フォトモード』と言われるゲーム中の一瞬を画像としてスクリーンショットのみならず、加工やカメラの位置、角度が変更できる機能がついたタイトルはいくつかあります。

自分の持っているタイトルの中にもラストオブアスやThe Crewに搭載されていました。
Horizonが他のタイトルと異なるのは風景やキャラクタの圧倒的なグラフィククオリティ。

何気なく撮った一枚もすごく映える一枚になるので、とても面白い。

某掲示板にはHorizonの写真スレもできてるようです。
そこにアップされている画像を個人的に気に入ったものをチョイスして、Tumblrにまとめ中です。

[ Horizon Zero Dawn Photo Scrap ]

某掲示板の他にも、TwitterにもHorizon とかフォトモードとかのキーワードで検索するといろいろ出てくるし、Tumblrでも沢山の人が公開しているので、あちこちから集めたいねー。